TOEICの勉強はドラクエみたいなものだ

この記事が役に立つ人

◆TOEICのスコアが上がらなくて悩んでいる人


TOEICのスコア勉強していると「あれっ、自分の英語力って本当に上がっているのかな。。。」と思うことありませんか?

僕はけっこうあります(笑) 僕は以前TOEICをけっこう頻繁に受けてた時期があったんですけど、あんまりスコアが伸びない時期があったんです。

その時こう思ったんですよね。

“自分の英語力って全く上がってないんじゃないか。。”って(笑)

たぶんこの記事を読んでいる人の中にも同じような悩みを抱えている方がいるのではないかと思います。そこで、今回はこのような悩みの解決策的なものをドラクエに例えて書いてみました。

そもそもドラクエとは

かなり有名なゲームなので説明するまでもないかもしれないですが、知らない方もいるかもしれないので、念のためドラクエについて説明しときます。

ドラクエとはプレイヤー自身が勇者となって、世界を制服しようとする魔王をやっつけに行くゲームです。

勇者の強さはレベルで数値化されていて、最初はレベル1から始まります。魔王の城までたどり着くには、その道中で出くわす強いモンスターを倒してレベルを上げたり、剣とか盾を買って装備して勇者を強くする必要があります。

そうやって勇者を強くして魔王をやっつけて世界を救うというのが、ドラクエというゲームです。

TOEICの勉強はドラクエみたいなもの

TOEICの勉強もドラクエみたいなものだと僕は考えています。先程も書きましたけど、ドラクエでは勇者のレベルは1から始まります。

当然レベル1なのでめちゃくちゃ弱いわけですよ。強いモンスターには勝てるわけがありません。強いモンスターに勝つためには剣や鎧を買ったり、モンスターを倒して経験値を積みレベルを上げていく必要があるのです。

TOEICの勉強もこれと同じです。勉強を始めたばかりの人は当然良いスコアを取れません。スコアを上げるためには、勉強をしてレベルを上げ、参考書という名の武器を購入して自分を強化する必要があるのです。

レベルを上げるに時間がかかる

僕がTOEICの勉強をドラクエに例えて何が言いたいのかというと、レベル上げをコツコツやらないことにはTOEICのスコアが上がることはないということです。

TOEIC900点はドラクエで言うと、とても強いボスモンスターみたいなものです。つまり、勉強を始めたばかりの英語学習初心者(レベル1)がTOEIC900点というボスモンスターをすぐに倒せるわけがありません

例えば1日2日勉強しただけでTOEICのリスニングがクリアに聞き取れるようになるのということはまずありません。数ヶ月かけて少しずつリスニング力は上がっていきます。簡単にスコアを上げる勉強法・参考書はこの世に存在しないのです。(詳細は下記を参照してください)

あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

ドラクエ経験のある人なら分かると思いますが、勇者のレベルが高くなれば高くなるほどレベルは上がりにくくなります。レベル1からレベル5までは1日で上がるけど、レベル35からレベル40まで上げるには数日かかってしまうというイメージです。

当然TOEICもスコアが上がれば上がるほど、スコアが伸びにくくなります。900点を目指すとなるとなおさら大変です。

大変であるがゆえに「もうTOEICのスコア上がらないし勉強はいいや、やーめた」と多くの人が途中で投げ出してしまうのです。コツコツ勉強をして入れば、着実にレベルは上がっているのに本当にもったいない。

スポンサーリンク

コツコツ勉強を続けるのに重要なこと

これまで書いてきたように、レベル上げに重要なことが「コツコツ勉強を続ける」という精神なわけです。しかし、これが非常に難しくほとんどの人ができません。多くの人は途中で嫌になって勉強をやめてしまいます。

では、どうすれば良いのか。それは目標の立て方を工夫するということです。例えば「コツコツ勉強する」と決意した人がやりがちな目標が「毎日勉強する」というものです。これは典型的なダメな目標です。

なぜ「毎日勉強する」という目標がダメかというと、1日でも勉強しないと即目標が達成できなくなってしまう目標だからです。これでは「あー、今日勉強できなかったー。もう目標達成できなかったし、やる気なくなったわー」となってしまうことが容易に想像できます。

ではどのように目標を立てれば良いのか。答えは簡単で「途中でリカバリーできるような目標」を立てるということです。例えば「週に5日は勉強する」という目標にすれば、1日勉強できなくてもまだ目標を達成できるチャンスが残されていますよね。

目標を立てるときは、必ずバッファを設けましょう。挽回できる機会のない目標は難易度が高すぎます。目標を立てる時は、必ず挽回する機会を組み込みましょう。これがコツコツ勉強するための秘訣です。

まとめ

コツコツと勉強していれば遅かれ早かれ、TOEIC900点を倒せるレベルに到達できます。はっきり言って才能なんていりません。コツコツやるだけです。

僕を含めほとんどの人はコツコツ続けることが苦手ですので、継続して勉強するだけで大多数の人と差別化ができます。ドラクエのようにコツコツとレベルを上げて、他の人との差をどんどんつけちゃいましょう!それをやっていれば、いつの間にか目標とするスコアに到達するはずです。

◇あわせて読みたい人気記事◇

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

TOEICの勉強をやる気がしない時に僕がやっていること

【リーディング対策おすすめ記事】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

【リスニング対策おすすめ記事】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

【おすすめ参考書】

TOEIC900点を取るのに実際に使ったおすすめの参考書を公開!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEICの勉強はドラクエみたいなものだ
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!