TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?【Part5・6編】

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC リーディングパートで時間が足りない人


 

「TOEIC リーディングパートの時間が足りない!!」

 

TOEIC L&Rテストを受験したことのある人なら、このような経験があるのではないでしょうか。

これはハッキリ言って「TOEICあるある」と言っても良いほど、当たり前のことです。

 

僕も今でこそTOEIC900点を超えていますが、受験を始めたころは「このテスト、本当に時間内に終わるんかいな」と思っていました。

 

それくらいTOEIC L&Rテストは、時間に余裕がないのです。

そこでこの記事では、「TOEICのリーディングパートが時間内に終わらない」という人向けに、TOEIC Part5・6の勉強法・対策についてまとめました。

 

では本題へ!

 

*Part7の勉強法・対策については、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?【Part7編】

 

 

スポンサーリンク

リーディングパートを時間内に読み終わる人のTOEICスコア

 

TOEIC L&Rテストを時間内に終わらせるには、いったいどれくらいのスコアが必要なのでしょうか。

 

リーディングパートが時間内に終わるTOEICスコア

僕の経験から言うと、TOEIC800点以上の人です。

しかもリーディングパートだけで、400点以上を取れる人だけですね。

 

リーディングパートのみで400点以上のスコアを取れるのは、全受験者の上位10%くらいです。

つまり、単純計算で10人に1人しか時間内に終わらないということです。

 

【Point!】

◆TOEIC800点以上の上級者でなければ終わらない

 

TOEIC800点でも時間内に終わらないこともある

さらに驚くべきことに、リーディングだけで400点を取れる人でもギリギリ終わるか終わらないかのレベルです。

 

余裕がでてくるのは、リーディングパートで450点くらいになってからかなと。

リーディングパートで450点くらい取れるようになると、5分くらい時間が余るようになります。

 

スコア別の目安は以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】 スコア別の目安を徹底解説-実際どれくらいの実力なの?-

 

「TOEICリーディングが時間内に終わらない」と悩む必要はない

全体の10%しか時間内に終わらないということは、ほとんどの人は時間内に終わらないということです。

なので、TOEICの勉強を始めたばかりの頃は「終わらないのが普通」と開き直るくらいでいた方が良いと思います。

 

悩んでる暇があるのなら、その時間を勉強に充てましょう。

その方が明らかに生産的です。

 

【Point!】

◆終わらないのが当たり前のテストなので、落ち込んでる暇があったら勉強しよう

 

TOEICができなさすぎて、モチベーションコントロールが難しいと感じている場合は、以下の記事を参考に勉強を頑張りましょう。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

TOEIC Part5・6の具体的な勉強法

 

では、なぜTOEIC L&Rを時間内に解き終えることができないのか。

 

答えは簡単で、「英語を速く正確に読めないから」です。

つまり速く正確に英語を読む練習をすれば、TOEICリーディングパートを時間内に終わらせることができるというわけです。

 

TOEIC Part5・6を時間内に終わらせるための勉強

TOEIC リーディングで時間が足りなくなってしまう人は、次の2つを重点的にやりましょう。

それが「品詞分解」と「音読」です。

 

【やるべき勉強】

◆品詞分解

◆音読

 

この2つを重点的に勉強すると、英語を英語のまま理解できるようになります。

 

例えば「Nice to me to you」という英語を聴いた時に、日本語の「はじめまして」に変換することなく意味を理解できますよね。

イメージとしてはそんな感じで、品詞分解や音読をすると日本語を介さずに英語が分かるようになるのです。

 

「そもそも品詞分解が分からない」という場合は、以下の記事をあわせてチェックしてみてください。

>> リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

音読の重要性については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

 

ちなみに品詞分解と音読を効果的にするには、英文法をちゃんと理解している必要があります。

なので、英文法の理解があやふやな場合は、以下の記事を参考に英文法をまず勉強しましょう。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

TOEIC Part5・6対策のオススメ参考書

TOEIC Part5・6の参考書は、以下の2冊がお勧めです。

 

【オススメの参考書】

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

 

「世界一わかりやすいTOEICテストの授業」は、品詞分解の練習用です。

そして「千本ノック」が問題演習用です。

 

「そもそも品詞分解が苦手」という人は、2冊ともやりましょう。

「時間はかかるけど、品詞分解はできる」という人は、「千本ノック」 だけ勉強すれば良いと思います。

 

どちらの参考書でも「品詞分解して英文の意味を理解する」→「音読する」のステップで勉強しましょう。

 

Part5・6対策用の詳しい参考書レビューについては、以下の記事に詳しくまとめました。

もっと詳しく知ってから購入したい場合は、参考としてどうぞ。

>>【TOEIC L&R】Part5・6対策にオススメの参考書とは?

 

 

スポンサーリンク

TOEIC Part5の効果的な解き方

 

TOEICの参考書には、よくこんなふうに書いてあります。

 

「Part5はまず空所の前後と選択肢だけを見て解けるようだったら解く。

解けないようであれば英文を先頭から読んで解きましょう」

 

しかし、このアドバイスは全く実用的ではあません。

なぜなら最近のTOEICは、空所の前後を見るだけで解ける問題がかなり少ないからです。

 

このアドバイス通りに問題を解くと、大きなタイムロスになります。

時間が命のTOEICにおいて、これは致命的です。

 

【一般的な問題の解き方】

1:最初に選択肢を見る

2:空欄の前後をチェックする

3:空欄の前後を読んで解けなかったら英文を先頭から読む

 

効率的なTOEIC Part5の解き方

では、どうすれば良いのか。

 

答えは単純明快で、「素直に文頭から読むでき」です。

この方法が1番タイムロスが少なく確実です。

 

【効率的な問題の解き方】

1:英文を読んで意味を把握

2:問題を解く

 

下の問題の場合であれば、素直にCutomerから読み始めます。

 

TOEIC Part5の問題

引用:TOEIC公式サイト

 

「カスタマーレビューは、現代のモバイルデバイスは、しばしば不要に------であると示している」という英語なので、「(D)complicated」が正解です。

 

空欄の前を見るとbe動詞があるので、「(A)complication」も入る可能性はありますが、文脈的に明らかに違うことが分かります。

空欄の前後を見るだけでは文脈が分からないので、冒頭から素直に読んだ方が時間はかかりません。

 

TOEIC Part5では変なテクニックを使う必要はない

「文頭から読む」という解き方は、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

しかし「空欄の前後」という中途半端なところから読むと、間違った選択肢を選ぶことにつながります。

 

インターネット上には役に立たない解き方のテクニックが蔓延していますが、そういう類の解き方はたいてい大した効果はありません。

あまり信用しない方が良いでしょう。

 

文頭から読む解き方は、英語力が上がれば上がるほど、効率的かつ正確に問題を解けるようになります。

TOEIC900点かつ通訳案内士資格を持っている僕が言うのだから、まず間違いありません。

 

「えーっ、そんなクソ真面目に先頭から読んで時間内に終わるの?!」と思った人もいるかもしれないですが、ハッキリ言いましょう。

この方法で余裕で終わります。

 

品詞分解と音読を繰り返しやれば、確実に時間内に解き終えられます。

 

 

TOEIC Part6の効率的な解き方

 

次にTOEIC Part6の解き方を解説します。

 

効果的なTOEIC Part6の解き方

Part5と同様に、Part6も空欄の前後を読んで解くのではなく、文頭から読むのが良いです。

空欄の前後だけ読んで解けるほど甘くはないので、必ず文頭から読みましょう。

 

ただしPart6は、空欄よりもかなり後ろの方に正しい答えの根拠がある場合があります

そのため英文を読んですぐにマークすると、間違える可能性が高いので注意してください。

 

Part6は、以下のように解くと良いでしょう。

僕はこの順番で、いつもPart6を読んでいました。

 

【Part6の効率的な解き方】

1:文頭から英文を読む

2:読みながら確信をもって解ける問題は解いていく

3:答えの根拠が分からないなら、最後まで読んでから解く

 

TOEIC Part6も変なテクニックは使う必要はない

しつこいと思われそうですが、TOEIC Part6もネット上に氾濫している解き方のテクニックは使う必要はありません。

 

英語を速く正確に読む勉強をすることが最高の対策となります。

解き方のテクニックを覚えるより、たくさん英語を読みましょう。

 

多読の重要性については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、チェックしてみてください。

>> リーディングスピードを上げるのに1番重要なこととは?

 

 

スポンサーリンク

TOEIC Part5・6を解くときの注意点

 

TOEIC Part5・6を解くときは、時間配分に注意してください。

最近のPart7は以前に比べて文章が長くなっているので、Part5・6をできる限り早く終わらせて、Part7のために時間を取っておくが大事です。

 

TOEIC Part5・6の適切な時間配分

TOEIC Part5は1問あたり15秒で、Part6は1問あたり35秒で解くようにトレーニングしましょう。

大まかの目安は、こんな感じですね。

 

【問題を解く時間の目安】

Part5:30問×15秒=7.5分

Part6:16問×35秒=9.3分

 

実際に時間を測りながら解いてみると分かると思いますが、かなりのスピードで解く必要があります。

僕もTOEICの勉強を始めたばかりの頃は、「ぜんぜん終わらん。。。」みたいな感じでした。

 

そのため、普段から時間を意識しながら解く練習をすることが非常に重要です。

実際に体感しているか・していないかで、かなり大きな差があります。

 

より詳しい時間配分は、以下の記事を参考にしてください。

>> リーディングパートの最適な時間配分とは?【新形式対応】

 

時間配分を意識しながらの問題演習にオススメな教材

時間を意識しながら問題を解く練習は、「スタディサプリ ENGLISH」というアプリがお勧めです。

このアプリの大きなメリットは、「時間制限機能」がついていること。

 

時間制限機能を使うことにより、普段から英語を速く読む意識を植え付けられます。

(下画像の上の方にタイマーがついている)

 

【TOEIC Part5】

スタディサプリENGLISH Part5の問題

 

【TOEIC Part6】

スタディサプリENGLISH Part6の問題

 

ちなみにスタディサプリENGISHでは、Part5・6だけでなく全パートの対策をできます。

問題演習以外にも、TOEIC対策の人気講師による「効果的な勉強法」や「解答のコツ」などの授業動画も視聴できるので、「TOEIC初心者」や「スコアが伸び悩んでいる人」には特に良いかなと。

 

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や2ヶ月と決めて勉強すれば十分に元は取れるでしょう。

 

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC800点、900点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するかを決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

 

まとめ

少し長くなったので、簡単にまとめておきます。

TOEIC Part5・6の勉強法

英語を英語のまま理解できる英語脳を作るために、品詞分解と音読をしましょう。

 

英語脳が出来上がると、英語を速く正確に読めるようになります。

勉強には、以下の2冊がお勧めです。

 

【お勧め参考書】

世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

新TOEIC TEST 中村澄子の千本ノック!

 

【参考になる記事】

TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は「音読」だ!

リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

 

Part5・6の効率的な解き方

一般的には「空欄の前後だけを読んで解こう」と言われていますが、素直に文頭から読みましょう。

これが1番効率的な解き方です。

 

時間制限を意識して解く

TOEIC L&Rテストは時間が勝負です。

そのため、普段から時間制限を意識して解くことが重要です。

 

時間制限をつけて解く練習は「スタディサプリ ENGLISH」がお勧め。

速く正確に英語を読む練習に最適です。

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、無料体験をして自分に合うかを確認した上で、課金するかを決めてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



 

以上が、「TOEICリーディングパートで時間が足りない対策【Part5・6編】」でした。

参考になれば嬉しいです。

 

TOEIC Part7対策については、以下の記事にまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>> TOEICリーディングが終わらない!効果的な勉強法・対策とは?【Part7編】

 

では!

 

*その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.