【TOEIC L&R】TOEIC900点を取って感じたメリット・デメリットとは?

この記事が役に立つ人

◆TOEIC900点を取得するメリット&デメリットを知りたい人


「TOEIC900点を取ってみてどう?」

この前、友人からこんなことを聞かれました。

たしかにTOEIC900点って、どんな感じか気になるかもしれませんね。

そこでこの記事では、僕がTOEIC900点を取って感じたメリット・デメリットについてまとめました。

TOEIC900点を目指している人の参考になればうれしいです。

では本題へ!

TOEIC900点を取得することのメリット

僕がTOEIC L&Rテストで900点を取れて良かったと思うことは以下の4つです。

1:自信になった

TOEICは日本で最もポピュラーな英語力を測るテストです。

そのテストでTOEIC受験者の上位3%に当たる900点を取れたことは自信につながりました。

ここで得られた自信は英語学習だけではなく、仕事などにも良い影響を与えてくれました。

以前に比べて「とりあえずチャレンジしてみるか」と思えることが多くなったように思います。

2:外国人の言うことがなんとなく分かるようになった

僕は有名観光地に住んでいることもあり、外国の人に道を聞かれるということがちょくちょくあります。

英語があまりできなかった時は、相手が何を言っているかちゃんと理解できないことが多く、正直その場ノリでやり過ごすことが多かったです。

しかしTOEIC900点を取ってからは、相手の発言をかなり理解できるようになりました。

そのため以前よりも、きちんと道案内ができるようになり、外国人観光客の役に立てることが多くなりました。

3:転職活動に役立った

僕はTOEIC900点を取ったのは、ちょうど転職活動中だったのですが、面接官からかなり褒めてもらえました。

「えっ、TOEIC900点もあるんですか?!」みたいな感じで。

そして転職活動中に面接を受けた5社からは、すべて内定を頂けました。

TOEIC900点は、まだまだある程度のブランド力があるようです。

4:チヤホヤされようになった

TOEIC900点を取ってから、「すごーい!!」と褒めてもらえることが多くなりました。

友人からはもちろんのこと、合コンなどでも褒めてもらえます。

かなり優越感に浸れます。

褒められることによって、英語学習へのモチベーションがさらに上がります。

TOEIC900点を取得することのデメリット

逆にTOEIC900点を取得して、残念に思ったこともいくつかありました。

1:日本人歌手の英語の発音が気になってしまう

TOEIC900点に到達すると、英語の発音にかなり詳しくなります。

そうなると、日本人歌手の歌う英語詞に違和感を感じるようになり、純粋に音楽を楽しめなくなってしまうことがあります。

またタモリ倶楽部の空耳アワーは、空耳しにくくなります。

普通に英語として聞こえてしまうため、空耳アワーを楽しく感じなくなってしまいました。

これはTOEIC900点を取る以上は仕方ないことなので諦めましょう。

TOEIC関連の参考書では、「発音の勉強をちゃんとしましょう」と書いてないですが、発音学習は非常に重要です。

発音の勉強をしていないと、TOEIC900点に到達するのは難しいので、まだ勉強していない人はちゃんとしましょう。

発音学習をすると、リスニング力がめちゃくちゃ上がります。

【あわせて読みたい記事】

英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

2:英語がペラペラにならなかった

2つ目のがっかりポイントは、英語がペラペラにならなかったことです。

TOEICの勉強を始める前まで、「TOEIC900点を取れば、英語がペラペラになる」と僕は完全に勘違いしていました。

しかし、いざ900点を取ってみたら、英語がペラペラになるどころか、なんとなく会話できるレベルだったのです。

これは僕にとって、非常にショックなことでした。

まぁ今考えるとTOEIC L&Rは、リーディングとリスニングの試験なので、喋れなくてば当たり前なんですけどね。

TOEIC900点の本当の実力については、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

3:英語がペラペラだと思われてしまう

先ほどの「英語がペラペラにならなかった」につながることなのですが、TOEIC900点を取得することによって、周りの人から「英語を流暢にしゃべれる」と勘違いされてしまいます。

これは、ハッキリ言って非常にやっかいです。

「例えば〇〇って英語でなんて言うの~?」と聞かれても、TOEICの範囲外のことを聞かれるとお手上げです。

こういった質問に答えられないと、(´・ω・`)みたいな顔をされてしまいます。

TOEIC900点は、たしかに一般的な日本人よりはかなり高い英語力です。

が、決して流暢に英語を使いこなせるというレベルではありません。

英語をペラペラ話せるようになるには、TOEIC900点を取得してから、オンライン英会話などでスピーキングの練習を積む必要があるのです。

【あわせて読みたい記事】

英語を話せるようになる3つの勉強とは?-効果抜群の英会話上達法-

スポンサーリンク

TOEICは英語の基礎を養う試験

もしかしたら「TOEIC900点を取っても、英語がペラペラにならない」ということを知って、TOEICの勉強をするやる気がなくなってしまった人もいるかもしれません。

しかし英会話をしたいのなら、少なくとも700点、もしくは800点は目指した方が良いです。

なぜならTOEICができないことには英語を話せるようにはならないからです。

ハッキリ言って、TOEICに出題されるレベルの問題をスラスラ解けないようでは、英語を流暢に喋るなんて夢のまた夢です。

よく考えてください。

TOEICのリスニングすらできないのに、相手が言ってることを理解できると思いますか?

どう考えても無理ですよね?

よくあるTOEIC批判の1つに「TOEICができても英語を話せるようにはならない」というものがありますが、これはトンチンカンな批判なのです。

そもそもTOEICは、英語を喋れるようになるための試験ではありません。

TOEICは英語の基礎を身につけるための試験なのです。

(詳しくは、以下の記事参照)

>>> 英会話をしたい人がTOEICの勉強を最初にすべき理由

「TOEICができても英会話ができないなら、勉強しなくてもいいか」と思ってはいけません。

英語を話せるようになりたいなら、まずはTOEICを通して英語の基礎を身につけるのがお勧めです。

TOEIC以上に英語の基礎力を養えて、社会的評価の得られる試験はありません。

まずはTOEICで基礎力を磨きましょう。

遠まりなようで、その方が圧倒的に近道となります。

【あわせて読みたい記事】

TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

まとめ

以上がTOEIC900点を取得したメリット・デメリットでした。

デメリットも一応書きましたが、デメリットよりもメリットの方が断然多いです。

まぁ当たり前ですけど。

英語を話せるようになりたいなら、区切りの良いTOEIC900点をとりあえず目指して、それを達成したらTOEICは卒業して、オンライン英会話へシフトするのがオススメです。

(スコアを気にしないなら700点、800点でも良いと思う)

たまにTOEIC満点を狙う人もいるみたいですが、満点を取るまでTOEICの勉強をするのは、個人的にコスパが良くないと思うのでお勧めしません。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> TOEIC990点を目指すのはコスパが悪いという話

そしてTOEICを卒業したら、いよいよ本格的に英会話の練習です。

僕の経験から言って、この段階が英語学習で最も楽しいところだと思います。

特にオンライン英会話は、多様なバックグラウンドを持つ人たちと喋れる良い機会なので非常におすすめです。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> 初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法を解説する

以上が、TOEIC900点を取って感じたメリット・デメリットでした。

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

【TOEIC L&R】TOEIC900点を取って感じたメリット・デメリットとは?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!