TOEIC満点を目指すのは完全に無駄な件について

この記事が役に立つ人

◆TOEIC満点を目指している人


「TOEIC満点を取ろう!!」

こんなことを思ったことはありませんか?

確かにTOEIC満点と聞くと、「すごい!!」って思いますよね。

しかし僕は、なんとなくでTOEIC満点を目指すのはオススメしません。

では、なぜTOEIC満点を目指すのをオススメしないのか。

この記事では、その理由についてまとめました。

TOEIC満点を目指すべきなのはこんな人

ちなみに僕が考える「TOEIC満点を目指すメリットのある人」は以下のような人です。

【TOEIC満点を目指すメリットのある人】

◆TOEICの先生としてご飯を食べたい人

◆趣味がTOEICの人(というかTOEICを愛してる人)

◆TOEIC以外にやることがない人

上の条件に当てはまるのであれば、TOEIC満点を目指すのはアリだと思います。

しかし1個も当てはまらないのであれば、絶対に満点は目指さない方が良いです。

900点くらいでTOEICは卒業すべきでしょう。

TOEIC満点を目指すべきでない理由

なぜTOEIC満点を目指すべきでないのか。

それは「TOEIC満点でも英語をペラペラ話せるわけではないから」です。

TOEIC900点もあれば、英語の基礎は「ほぼできている」と言っても問題ありません。

このレベルに達したら、次にやるべきなのは英会話の練習なのです。

「TOEICが好きで好きで仕方がない」というなら話は別ですが、それ以外の人でTOEIC満点を目指すのは時間対効果が悪すぎます。

ハッキリ言って時間の無駄です。

TOEIC900点以上をとれたら、オンライン英会話でスピーキング力を鍛える勉強にシフトしましょう。

英会話力の向上を目指した方が実用的です。

オンライン英会話の勉強については、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> 初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

なぜTOEICの勉強をしているのかを考えよう

TOEIC満点を目指す前に、

「なぜ自分はTOEICの勉強をしているのか?」

改めて考えてみましょう。

例えば

「会社でTOEIC800点以上を取るように言われたから」

とか

「就活で使える資格がほしい」

とか

「転職で有利になりたい」

とか

「英語を喋れるようになって世界中の人と話せるようになりたい」

などなど、様々な理由があると思います。

このように、まずなぜTOEICの勉強をしているのか」明確にします。

そして、その「なぜ」を達成するために、TOEIC満点を取る必要があるのかを考えます。

このなぜを達成するのに満点が必要でないなら、TOEIC満点を目指すのはやめましょう。

僕がTOEICの勉強を始めた理由

僕の場合、

「外国の人とコミュニケーションを取れるようになりたい」

と思ったのが、英語学習を始めたキッカケです。

単純に英語を話せれば、様々なバックグラウンドを持つ人と交流できるので、自分の視野が劇的に広がると思ったのです。

英会話力を鍛えるためには、まず英語の基礎学力を上げる必要がありました。

つまり僕にとってTOEIC受験は「英語を話すための基礎学力を養うこと」が目的だったということです。

そのため「英語の基礎学力が十分ある」と証明できるスコアを取れれば良かったのです。

僕にとって十分なスコアというのがTOEIC900点でした。

だから僕はTOEIC満点をとるまで勉強する必要がありませんでした。

なぜなら僕の最終的な目標は、TOEIC満点を取ることではなく、英語で外国の人とコミュニケーションをとることだからです。

そして僕は900点を超えた時点で、TOEICの受験をやめています。

ネイティブスピーカーも間違える

そもそもネイティブスピーカーでさえ、文法を間違えることはあります。

ネイティブでない僕たち日本人が、TOEIC満点を目指して完璧を目指すのは、それほどコスパが良いとは思えません。

実際にオンライン英会話を受けていると、たしかにフィリピン人の先生は英語ペラペラなんですが、ちょいちょい文法的に間違った英語を使っていることがあります。

(フィリピン人の英語力については以下の記事参照)

>>> オンライン英会話のフィリピン人講師は英語力が低いのか?

しかしフィリピン人講師の英語は実用的じゃないと批判する人はいませんよね?

むしろ、第二言語として英語を使ってるのにペラペラですごいと思う人がほとんどでしょう。

勘違いして欲しくないのですが、「英語を話す上で文法などの知識はいらない」と言っているわけではありません。

「完璧である必要はない」と言っているのです。

僕たち日本人も、正しい日本語をいつも使っているわけではないですよね?

第二言語として英語を話す場合、なおさら間違った英語を使っていて当然なんですね。

間違えながら話すのが当たり前なのです。

完璧を目指して、本当にTOEIC満点を目標にすべきなのでしょうか?

まとめ

特に何も考えずにTOEIC満点を目指しているのであれば、

「なぜTOEIC満点を目指しているのか」

改めて考えてみましょう。

なんとなくTOEIC満点を目指しているのであれば、時間が無駄になってしまう可能性があります。

1:なぜTOEIC満点を目指しているのか?

2:「なぜ」を達成するためにTOEIC満点は本当に必要なのか?

以上の2つを自分に問いかけてみましょう。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEIC満点を目指すのは完全に無駄な件について
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!