TOEIC本番で自分の力を100%発揮する方法とは?

この記事が役に立つ人

◆TOEIC本番で自分の力を十分に発揮できない人


「緊張してTOEIC本番で実力を発揮できない。。。」

こんなことってありませんか。

僕も本番で実力を発揮するのが苦手なタイプだったので、気持ちはよく分かります。

そこでこの記事では「TOEIC本番で100%の力を発揮する方法」について解説します。

では本題へ。

なぜ本番に弱いのか

ではなぜ本番に弱くなってしまうのか。

僕の経験上、理由としては「自分に自信がないこと」が原因です。

例えばTOEIC800点くらいになってくると、自分の英語力に少し自信が出てくるんですよね。

だからTOEIC本番でも、そんなに緊張はしなくなります。

一方、TOEICの勉強を始めたばかりだったり、スコアが低い段階では自信を持てません。

そのため、自分の力を十分に発揮しにくいのです。

つまりTOEIC本番で自分の力を発揮するためには、「自分に自信を持てれば良い」ということになります。

「自分に自信を持つ方法」とは

「TED Talks(テッドトークス)」をみなさんはご存知でしょうか?

TED Talksとは、「価値あるアイデアを広める」ことをミッションとしているアメリカのグループTEDが、ネットを利用して行っている動画配信プロジェクトです。

僕はすごくTEDが好きでよく観ています。

英語字幕になっているので、英語学習をするのに最適何ですよね。

英語の勉強だけでなく、様々な分野の専門家のスピーチを聞けるので、教養を深めるという意味でも、とてもオススメです。

>>> TOEICの1万倍おもしろいTEDでリスニング力を伸ばす方法

今回紹介する動画は、僕が参加したとある勉強会で教えてもらったものなんですが、内容がものすごく良かったので是非シェアしたいなと。

この動画を見れば、自分に自信を持つことができるようになるでしょう。

それがこちらです。

20分くらいの動画なので、時間のある時に是非チェックしてみてください。

20分を投資する価値は、十分にあります。

スピーカーは、エイミー・カディ(Amy Cuddy)氏という社会科学者の方です。

彼女の主張を要約するとこんな感じです。

私たちが無意識にとっている姿勢やボディランゲージは、他人が自分のことをどのように見るかだけではなく、自分が「自分自身のことをどう感じるか」も決定している。

パワフルで有能なリーダーと自分に自信のない人のボディーランゲージの違いを理解して、パワフルで有能なリーダー的な人のボディーランゲージを2分マネすることで、自分自身も自信を得ることが出来る。”

特に重要なのが、「パワフルで有能なリーダー的な人のボディーランゲージを2分マネすることで、自分自身も自信を得ることが出来る」という部分です。

ここメッチャ重要です!

「パワフルで有能なリーダー的な人のボディーランゲージを2分マネすることで、自分自身も自信を得ることが出来る」

先ほども書いたように、本番に弱いのは「自分に自信がない」ことが原因です。

なので、パワフルで有能なリーダーのボディーランゲージをマネすることによって、自分に自信を持てるようになり、自分の実力を最大限に発揮できるというわけです。

ちなみにパワフルで有能なリーダーのボディーランゲージがこちらです。

下の絵のように、パワフルで有能なリーダーは有能でパワフルな人は大きく身体を広げます。

083134

一方、自分に自信のない人のボディランゲージはこちら。

身体を丸くして、自分を小さく見せようとします。

自信がなさそうに見えますよね。

086369

これらの違いは、ホルモンの量に依存しています。

パワフルで有能なリーダーは支配性のホルモンであるテストステロン(男性ホルモン)が多く、ストレス性のホルモンであるコルチゾールが少ないのです。

動画内では、サルの実験が紹介されていました。

群れのボスになったら数日で、テストステロンが上がり、コルチゾールが下がるという結果でした。

要するにちょっと環境を変えるだけで、簡単にボスっぽくなれるということです。

この研究の最も重要な点は、有能なリーダーっぽい振る舞いをすれば、テストステロンが上がり、コルチゾールが下がるということです。

有能っぽい振る舞いをすれば、実際に自分に自信を持てるわけです。

有能な人のボディランゲージをマネしよう

これでTOEIC本番で、自分の力を100%発揮する方法は分かりましたね。

TOEIC本番で力を発揮するには、「有能な人のボディランゲージ」をマネすれば良いのです。

と言っても「こんなことをマネしたくらいで力を発揮できたら苦労しないよ。」と思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし動画の内容をよく思い出してください。

これは迷信やおまじないではなく「科学的に証明されている」ことなのです。

ちゃんと有能なリーダーのボディランゲージをマネをすれば、実際に自分に自信を持てるようになるのです。

「とりあえず試しにやってみるかと前向きに考えることができる人」と「最初から否定して何もやらない人」とでは、どんどん大きな差が開いていきます。

なので、とりあえずやってみるマインドを是非持って欲しいなと。

「どうしてもTOEIC本番で力を発揮できない!!」という人は、とりあえずやってみましょう。

有能なリーダーっぽいポーズを2分間、TOEIC直前にやれば、自分に自信がつき最大限の力を発揮できるようになります。

もちろんTOEICじゃなくても大事なプレゼンとか、就活や転職の面接でも効果を発揮するので是非、お試しあれ。

では!

083134

あわせて読みたい人気記事

【人気記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEIC本番で自分の力を100%発揮する方法とは?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!