「TOEIC対策は意味がないからやめろ」という批判は気にするな!

「TOEIC対策をしたら英語力をちゃんと測れないから意味がない」

このような批判を聞いたことはありませんか。

たしかに、TOEIC対策に関する批判は一理あります。

対策することにより、自分の実力以上にスコアを取れてしまうことがあるので、純粋に「英語力の評価をする」という意味では良くないかもしれません。

しかし本当にTOEIC対策をするのは、ダメなことなのでしょうか。

僕はあえてTOEIC対策は、どんどんするべきだと主張したいと思います。

TOEIC対策とは何か

最初に「TOEIC対策」とは何を指すのか確認しておきましょう。

これはリスニングパートにおける「問題の先読み」を始めとする解答テクニックを指します。

あらかじめ問題や問題の選択肢を読むことにより、リスニング音声が流れる前にどのような問題なのかをある程度予想できてしまうのです。

または「( )の前後だけ読んで問題を解こう」といったテクニックもあります。

このようなテクニックを使うことにより、実力以上にスコアを取れてしまうことがあります。

そのため「TOEIC対策をすると、純粋に英語力を測定できない」と批判する人がいるわけですね。

たしかにこの批判は一理あります。

TOEIC対策をしてしまうと、純粋な英語力を測ることにはならないでしょう。

しかし、このような批判はあるものの、僕はTOEIC対策はすべきだと考えています。

TOEIC対策を積極的にするべき理由

では、なぜ僕がTOEIC対策を積極的にすべきだと考えているのか。

理由は英語学習を続けるモチベーションにつながるからです。

TOEIC対策をすれば、当然スコアが上がりやすくなります。

で、スコアが上がると「もっと頑張ろう」って思えますよね?

逆に結果がでないとどうでしょうか?

やる気がなくなりますよね。

確かTOEIC対策をすれば、正確なスコアはでにくくなります。

しかしスコアが上がりやすくなるので、英語の勉強に重要な「継続的な英語学習」をしやすくなるのです。

勉強で1番大変なのはモチベーション維持

勉強の何が1番大変かというと、「勉強を続けるモチベーションを保つこと」です。

これが絶対に1番難しい。

勉強をコツコツすることは、それくらい大変なのです。

今までの人生で何か新しいことを始めたけど、すぐに投げ出してしまった経験はありませんか?

ちなみに僕はいっぱいあります。

小さい時に通っていたスイミングスクールは上級クラスになかなか進級できなくて通うのを止めてしまったし、ピアノもコンテストに入賞できなかったことが嫌になって途中で止めてしまいました。

他にもたくさんあります。

サッカーやテニスなども途中で止めました。

なぜ途中で嫌になって止めてしまったのか。

今振り返ってみると「結果がでなくてつまらなかったこと」が原因です。

結果がでないと、普通の人は嫌になってしまうものなんですね。

ごく一部の人だけです。

結果がでなくても、前向きに頑張れる人っていうのは。

特に英語学習は、継続して勉強しないと結果がでにくい性質があります。

このような理由から、「結果が出るように工夫すること」は非常に重要なのです

そのため、モチベーションを維持するためにも、問題の先読みなどのテクニックを学び、TOEIC対策は積極的にしていくべきでしょう。

スポンサーリンク

TOEIC対策をする人は勉強が好きな人

TOEIC対策を批判する人は、もとも勉強が好きな人に多いです。

そのため「勉強を続けることの難しさ」があまり分からないのでしょう。

しかし世の中には、勉強が好きな人ばかりではありません。

今までに勉強する習慣がなく、勉強をコツコツするのが大変な人もいるし、そもそも勉強自体が大嫌いな人もいるわけです。

では、こういった人たちがどうやったら勉強に対するモチベーションを保てるのか。

それは「結果をだして成功体験を積み重ねる」ことに尽きます。

やっぱり嬉しいじゃないですか、TOEICのスコア上がったら。

僕も初めてTOEICのスコアが800点台に乗った時は、すごく嬉しかったです。

実際それがモチベーションになって「よしっ、次は900点だ!」って思いましたしね。

(その後、本当に900点も取得した)

だからTEOIC対策に対する批判があったとしても、モチベーションを維持するためにTOEIC対策はどんどんするべきなのです。

僕は「TOEIC対策をしなくてスコアが上がらない⇒モチベーションが下がる⇒英語学習をやめる」という流れになってしまうのが一番最悪だと思います。

【BAD】

STEP1:TOEIC対策をしなくてスコアが上がらない

STEP2:やる気がなくなる

STEP3:英語学習をやめる

だから、TOEIC対策に対する批判なんて気にする必要は全くありません。

そういうことを言う人には「バーカ、バーカ!」と言ってやりましょう。

【GOOD】

STEP1:TOEIC対策をする

STEP2:めっちゃ良いスコアを取る

STEP3:英語ができる人になる

TOEIC対策にお勧めのアプリ

最後にTOEIC対策にオススメのアプリを紹介しておきます。

それが「スタディサプリ ENGLISH」です。

アプリなので、ちょっとしたスキマ時間で勉強しやすいため、「なかなか勉強時間を作れない」という人に特に向いていますね。

あとTOEIC初心者にも、個人的には向いていると思っています。

スタディサプリ ENGLISHの目玉は、TOEIC対策の人気講師である関正生先生による解答のコツや各Partごとの解説講義を受けられることでしょう。

僕もダウンロードしてやってみましたが、やはりプロの解説は頭にスッと入ってきやすいです。(詳しくは以下の記事参照)

>>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

またTOEIC対策の講義だけではなく、文法や単語も勉強できますし、練習問題もたくさんで収録されています。

有料ではあるものの、通学型のTOEIC対策講座に通うと10万円以上かかるので、月額2980円はかなり良心的な価格だと思います。

無料体験期間中に解約すれば、お金はかかりません。

興味があれば、ぜひチェックしてみてください。

>>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



まとめ

「TOEIC対策をしたら意味がない」という批判を気にしてはいけません。

TOEIC対策を批判する人は、モチベーション維持の難しさを分かっていません。

無視しましょう。

そんな批判は無視し、TOEIC対策をして良いスコアを取れば良いのです。

良いスコアを取得することは、英語学習のモチベーションになり、さらには大きな自信にもつながります。

批判されると不安になってしまうかと思いますが、TOEIC対策をすることのメリットは非常に大きいのです。

批判は気にせず、TOEIC対策をどんどんやりましょう。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

「TOEIC対策は意味がないからやめろ」という批判は気にするな!
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!