TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

TOEIC L&R 疑問・悩み

「TOEIC対策をやると正確なスコアを測れない」という批判は気にするな!

更新日:

この記事が役に立つ人

◆TOEIC対策をやったら意味がないだろ!と言われて落ち込んでいる人


 

「TOEIC対策をしたら、英語力をちゃんと測れないから意味がない」

 

このような批判を聞いたことはありませんか?

たしかに、TOEIC対策に関する批判は一理あります。

 

TOEIC対策をすることにより、自分の実力以上にスコアを取れてしまうので、純粋に「英語力を評価する」という意味では良くないかもしれません。

 

しかし本当にTOEIC対策をするのは、ダメなことなのでしょうか?

僕はあえて「TOEIC対策はどんどんすべきと主張したい」です。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

TOEIC対策とは何か

TOEIC対策とは何か

 

そもそもTOEIC対策とは何でしょうか。

まずは「TOEIC対策」についておさらいしておきましょう。

 

TOEIC対策とは?

TOEIC対策とは、「問題を解くテクニックを使うこと」「過去問を分析して問題傾向を知ること」を指します。

有名なTOEIC対策には、「設問の先読み」があります。

 

例えば、リスニング音声が流れてくる前に設問をあらかじめ読んでおけば、どのようなリスニング音声が流れてくるのかを予測できます。

これはテストだから通用しますが、実際の会話では通用しないですよね?

 

先読みのようなTOEIC対策をすると、実力以上にスコアを取れてしまいます。

このような理由から「TOEIC対策をすると、純粋に英語力を測定できない」と批判する人がでてくるというわけです。

 

先読みについて、もっと知りたい場合は以下の記事をどうぞ。

>>【TOEIC L&R】TOEIC900点の僕が先読みのやり方を詳しく解説します

 

TOEIC900点でも英語を話せない人が多い

TOEIC900点と聞くと、かなり英語ができるイメージがあると思いますが、 TOEIC900点でも英語を話せない人はたくさんいます。

 

実際、僕もTOEIC900点を取ったばかりの頃は、英語をちゃんと話せませんでした。(詳しくは以下の記事)

>> TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

 

「世間のイメージ」と「実際の実力」の乖離が、TOEIC対策に対する風当たりを強くしていると言っても良いでしょう。

 

ちなみにスコア別の目安は、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>【TOEIC L&R】 スコア別の目安を徹底解説-実際どれくらいの実力なの?-

 

 

批判は気にせず、TOEIC対策はドンドンするべき

TOEIC対策はドンドンしよう

 

ここまで読み進めて、TOEIC対策へのイメージが悪くなった人もいるでしょう。

しかし僕は、冒頭にも書いた通り、「TOEIC対策は積極的にすべき」と考えています。

 

僕がTOEIC対策を積極的にすべきと考える理由

なぜ僕がTOEIC対策を積極的にすべきと考えているのか。

それは「英語学習を続けるモチベーションにつながるから」です。

 

良いスコアを取れると「もっと頑張ろう!」と前向きな気持ちになれます。

逆に言うと、ヒトは結果が出ないと頑張れないのです。

 

もちろん、「結果が出なくて悔しい!もっと頑張ろう!」と思える人もいますが、これは少数派です。

大半の人は、「結果が出ない。。もうやる気なくなった」と挫折します。

 

たしかにTOEIC対策をすれば、正確なスコアは測定しにくくなります。

しかし、そのかわりスコアが上がりやすくなるので、途中で挫折する可能性が低くなるのです。

 

途中で挫折するくらいなら、TOEIC対策をしてスコアアップした方が良いと思いませんか?

僕は挫折する方がよっぽどダメだと思います。

 

勉強で1番大変なのはモチベーションの維持

大事なことなので繰り返しますが、勉強で1番大事なのは「モチベーションの維持」です。

勉強をコツコツするのは、それくらい大変なのです。

 

今までの人生で、何か新しいことを始めたけど、すぐに挫折してしまった経験はありませんか?

僕はいっぱいあります(笑)

 

スイミングやピアノ、サッカー、テニス。

数えたらキリがありません。

 

では、なぜ途中で嫌になって止めてしまったのか。

今振り返ってみると「結果が出なくて、つまらなくなったこと」が原因だったように思います。

 

結果がでないと、普通の人は嫌になってしまうのです

結果がでなくても、前向きに頑張れる人のは、ごくごく一部の人だけです。

 

英語学習は継続して勉強しないと結果が出ない

特に英語学習は、継続して勉強しないと結果がでにくいです。

 

1日8時間の勉強をたまにやるより、1日30分でも毎日勉強した方が確実に結果が出ます。

このような理由から、「勉強をコツコツできるように工夫すること」は非常に重要なのです。

 

モチベーション維持のためにも、TOEIC対策はドンドンしていきましょう。

挫折するよりも、よっぽど良いです。

 

 

スポンサーリンク

TOEIC対策を批判する人は勉強が好きな人

TOEIC対策を批判する人はそもそも勉強が好きな人

 

TOEIC対策を批判する人は、もともと勉強が好きな人に多いです。

そのため、「勉強を続けることの難しさ」が分からないのでしょう。

 

「世の中には勉強が嫌いな人の方が多い」という事実

この世の中、勉強が好きな人ばかりではありません。

むしろ勉強が嫌いな人の方が多いと思います。

 

では、こういった人たちがどうやったら勉強に対するモチベーションを持てるのか。

それは「結果を出して成功体験を積み重ねる」ことに尽きます。

 

やっぱり嬉しいじゃないですか、TOEICのスコア上がったら。

僕はTOEICのスコアが800点台に乗った時、すごく嬉しかったです。

 

実際、それがモチベーションになって「よしっ、次は900点だ!」って思いました。

(その後、本当に900点も取得した)

 

だからTEOIC対策への批判があったとしても、モチベーションを維持するためにTOEIC対策はどんどんすべきなのです。

 

1番最悪なのはTOEICの勉強を途中でやめること

1番最悪なのはTOEICの勉強を途中でやめてしまうことです。

 

だから、TOEIC対策に対する批判なんて気にする必要は全くありません。

そういうことを言う人には「バーカ、バーカ!」と言ってやりましょう。

 

【BAD】

STEP1:TOEIC対策をしなくてスコアが上がらない

STEP2:やる気がなくなる

STEP3:英語学習をやめる

 

たしかにTOEIC対策をすることにより、スコアが正確に反映されなくなるという側面はありますが、英語の勉強を続けていけば、本当の実力がスコアに追いついてきます。

 

僕もTOEIC900点を取ったばかりの頃は、英語を話せませんでした。

しかし今では、通訳案内士の資格を取れるレベルまで、英会話もできるようになってきました。

>> 通訳案内士試験に合格したので受験の体験談を書いてみた

 

【GOOD】

STEP1:TOEIC対策をする

STEP2:めっちゃ良いスコアを取る

STEP3:英語ができる人になる

 

しつこいですが、途中で挫折するよりは、TOEIC対策をしてスコアを上げた方が良いです。

結果を出すことが、挫折しない1番の秘訣です。

 

TOEIC対策をする以外の勉強を続けるコツについては、以下の記事にまとめました。

ぜひチェックしてみてください。

>>【TOEIC】やる気がでなくても勉強にとりかかる技術-やる気なんていらない-

 

 

まとめ

「TOEIC対策をしたら意味がない」という批判を気にしてはいけません。

 

TOEIC対策を批判する人は、モチベーション維持の難しさを分かっていません。

無視しましょう。

 

そんな批判は無視し、TOEIC対策をして良いスコアを取れば良いのです。

ハイスコアを取ることは、英語学習のモチベーションになり、それが自信にもつながります。

 

批判されると不安になってしまうと思いますが、TOEIC対策をすることのメリットは非常に大きいのです。

批判は気にせず、TOEIC対策をどんどんやりましょう。

 

最後にTOEIC対策のオススメ記事を紹介します。

興味があれば、チェックしてみてください。

 

【オススメのTOEICリスニング対策の記事】

TOEIC900点到達に効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介!!

 

【オススメのTOEICリーディング対策の記事】

TOEIC900点到達に効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介!!

 

では!

 

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

RELATED

-TOEIC L&R 疑問・悩み

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.