オンライン英会話 悩み・疑問

「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番!!」は大ウソ

更新日:

この記事が役に立つ人

◆オンライン英会話の効果的な活用方法を知りたい人


 

「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番!!」

こんなことを書いてある記事を読んだことはないですか?

 

たしかに「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話をやるべき」と言われると、そんな気がしますよね。

 

しかし「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話」という考えに、僕は賛成はできません。

 

そこでこの記事では、「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番!!」という意見に対して、なぜ同意できないのかについてまとめてみました。

 

この記事を書いている僕は、TOEIC900点・通訳案内士資格を取得しています。

なので、それなりに参考になるのではないかなと思います。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

英会話力アップにオンライン英会話が1番じゃない理由

英会話力アップにオンライン英会話が1番じゃない理由

 

なぜ英会話力アップにオンライン英会話が1番じゃないのかというと、インプット学習をしないでレッスンをひたすら受けても、英会話は上達しないからです。

 

英語を話せるようになりたいならインプット学習をしっかりやるべき

英語を話せるようになりたければ、まずはインプット学習をしっかりやるべきです。

 

英語フレーズをある程度インプットしていなければ、英語を話せるようにはなりません。

 

例えば、「〜すべきだったのに」と英語で言いたかったとしましょう。

 

しかし、この状態でオンライン英会話のレッスンを受けても、「should have 過去分詞(〜すべきだったのに)」という表現をいきなり使えるようにはならないのです。

 

「〜すべきだったのに」とオンライン英会話のレッスンで使いたいのであれば、あらかじめ「should have 過去分詞(〜すべきだったのに)」というフレーズを覚えている必要があります。

 

オンライン英会話は覚えた英語を実際に使う機会

何が言いたいかというと、オンライン英会話は実際に覚えた英語フレーズを使う機会だということです。

 

そのため、英語フレーズをインプットせずにオンライン英会話を受けても全く意味がありません。

 

オンライン英会話は以下の流れで利用するからこそ、効果を最大限に発揮できるのです。

 

【効果的なオンライン英会話利用法】

英語フレーズのインプット

オンライン英会話でアウトプット

英語フレーズのインプット

オンライン英会話でアウトプット

以下繰り返し

 

これが「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番!!」が嘘な理由です。

 

オンライン英会話をいくら頑張ったところで、インプット学習をしていなければ意味がないのです。

 

ポイント

インプット学習をした上でオンライン英会話をやろう

 

 

オンライン英会話のレッスン前にやるべき勉強とは?

オンライン英会話のレッスン前にやるべき勉強とは?

 

英語を話せるようになるには、どのように勉強をすれば良いのか。

僕は以下のようなステップで勉強することをオススメしています。

 

【オススメ勉強法】

  1. 英語の基礎を身につける
  2. 英語フレーズのインプット
  3. 英語を書く
  4. オンライン英会話をレッスンを受ける

 

1:英語の基礎を身につける

まずは英語の基礎を身につけましょう。

ここで言う基礎とは、一定レベルのリスニング力とリーディング力のことです。

 

具体的には、最低でもTOEIC600点、できればTOEIC700点くらいの基礎力が必要です。(詳しくは以下の記事)

>> オンライン英会話はTOEICのスコアが何点なら始めても大丈夫?

 

この段階で、ようやく英会話をするためのスタートラインにすら立てたという状態になります。

 

リスニングとリーディングができないと英語は話せない

「なぜ英会話なのにリスニングとリーディングの勉強をしないといけないの?」と思った人もいるでしょう。

 

しかし、よく考えてみてください。

リスニングができないと、相手の言っていることを聞き取れないですよね?

 

さらに言えば、リーディング力がなければ、相手の発言の意味も理解できません。

 

この状態で会話をするのは、明らかに厳しいです。

自分の言いたいことを一方的に伝えることはできるかもしれませんが、会話のキャッチボールは難しいと言わざるを得ません。

 

基礎学習はTOEIC L&Rの受験がオススメ

英語の基礎学習は、TOEIC L&Rの受験がオススメです。

質の高い参考書もたくさんありますし、何よりテストのクオリティが高いです。

 

TOEICのスコアを上げていけば、着実に英語の基礎を養うことができます。

 

僕はTOEICの勉強をやってからオンライン英会話を始めたのですが、この流れで勉強したおかげで

 

「レッスンに全くついていけない。。。」

 

ということにはなりませんでした。

 

いっけん遠回りなようですが、基礎学習をすっ飛ばすと英会話の上達が遅れてしまいます

なので、ちゃんと勉強するようにしましょう。

 

ポイント

TOEIC600点レベルの基礎力をつけよう

 

TOEICの勉強法については、以下の記事どうぞ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

2:英語フレーズのインプット

英語の基礎学習が終わったら、インプット学習をします。

 

先ほど書いた通り、インプット学習をしていないと、いくら基礎ができていても英語は話せません。

 

なので、ひたすら英語フレーズを覚えていきましょう。

覚えている英語フレーズが多ければ多いほど、話せる英語の幅も増えていきます。

 

英語フレーズを覚えるためのオススメ教材については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が英会話の勉強にオススメな教材・参考書を教えます

 

3:英語を書く

ステップ3では、ステップ2で覚えた英語フレーズを使って英語を書く練習をします。

 

なぜかというと、英語を話す=頭の中で超高速で英作文することだからです。

基本的に、書ける英語しか話せないので、英作文は英会話力アップにとても効果的です。

 

英作文のテーマはなんでもOK

英作文のテーマはなんでもOKですが、オンライン英会話のレッスンで話す内容を英作文するのがオススメです。

 

趣味についてでも良いですし、仕事についてでも良いです。

最近、読んで楽しかった本でもOKです。

 

オンライン英会話の先生に話してみたいことを書いてみましょう。

書いた英語をレッスン中に使うことにより、記憶への定着が良くなります。

 

特に書くことが思いつかないようなら、個人的には自己紹介がオススメです。

オンライン英会話では、最初に自己紹介するので、自然な流れで自己紹介文を使えます。

 

より詳しい自己紹介勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>> 初心者でもできる!簡単で効果的なオンライン英会話の勉強法

 

英作文する時の注意点

英作文するときの注意点ですが、できるだけ自分の知っている英語表現で書けないかを考えながら書きましょう

 

例えば「彼は即戦力ではないと思う」と言いたいけど、"即戦力"という表現が分からない場合。

 

この時、「知っている英語表現で即戦力と言えないか?」を考えます。

 

この例だと、「I think he needs training.(彼はトレーニングが必要だと思う)」でも、即戦力じゃないことは伝わりますよね?

 

イメージとしてはこんな感じです。

このように「自分の知ってる表現で言い換えられないか」を瞬時に考えられるようになると、話せる英語の幅が増えていきます。

 

一方、言い換える力がついていないと、「知っている表現が少ないから、英語を喋れないんだ」という思考に陥ってしまいます。

 

たしかに覚える英語表現の量は多い方が良いですが、これではいくら時間があっても足りません。

 

なので、「なんて英語で言えば良いか分からない」と思ったら、まずは言い換えできないかを考えるようにしましょう。

 

4:オンライン英会話のレッスンを受ける

ステップ4で、ようやくオンライン英会話のレッスンを受けます。

 

今までにインプットしてきたことを実際に使っていきましょう。

覚えたことを実際に使うことにより、どんどん英会話が上達していきます。

 

オンライン英会話をやったことのない人は、以下の記事がオススメです。

>> オンライン英会話って何?安い理由からメリット・デメリットまで徹底解説

 

良い先生を選ぶコツについては、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話で良い先生のレッスンを予約するコツとは?

 

「さっそくオンライン英会話を始めたい」という人には、以下の記事がオススメです。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

 

スポンサーリンク

オンライン英会話を効果的に使うにはインプットとアウトプットの比率が大事

 

繰り返しになりますが、「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番!!」は嘘です。

 

この記事を通して僕が言いたいのは、インプット学習とアウトプット学習の比率を意識しようということです。

 

どちらか一方が少なすぎてもダメだし、多すぎてもダメなのです。

 

理想的なインプットとアウトプットの比率

個人的には、インプットとアウトプットの比率は、7:3くらいが良いと思っています。

 

より具体的に言うと、英語フレーズを覚える時間を多めに取った方が英会話は上達しやすいです。

 

ポイント

インプット学習を多めにやろう

 

1冊の本を書くのに100冊分のインプットが必要と言われていますが、これは英会話も同じだと思います。

 

英語フレーズをたくさん覚えていないと、英会話はできないのです。

 

オンライン英会話は「覚えた英語を実際に使う勉強」です。

そのため、あらかじめ英語フレーズを覚えていないと、その効果を十分に発揮できません。

 

例えば「愛してます」という日本語なら、ほとんどの人が瞬時に「I love you」と英訳できると思います。

このように瞬時に口からでる英語を増やすことが、スピーキング力の向上につながるのです。

 

オンライン英会話のレッスンを受ける理想的なペースとは?

オンライン英会話のレッスンを受けるペースですが、週3回くらいで良いと思います。

 

英語の勉強にたくさん時間を使えるのであれば毎日レッスンするのもありですが、働きながら勉強していると言う場合は週3回くらいで十分です。

 

ちなみに僕は2~3回しかレッスンを受けていませんが、国家資格である通訳案内士試験に合格できました。(詳しくは以下の記事参照)

>> オンライン英会話はどれくらいの頻度で受けるのがベストなのか?

 

しつこいですが、アウトプットよりもインプットに時間を費やした方が良いです。

 

インプットしないことには、アウトプットはできないのです。

インプットの時間よりもアウトプットの時間が増えないように気をつけましょう。

 

 

まとめ

「英語を話せるようになりたいならオンライン英会話が1番」は大嘘です。

 

インプット学習しないでオンライン英会話をしても意味はありません。

 

具体的には、以下のステップで勉強するのがオススメです。

 

【オススメ勉強法】

  1. 英語の基礎を身につける
  2. 英語フレーズのインプット
  3. 英語を書く
  4. オンライン英会話をレッスンを受ける

 

英語の基礎を身につけるには、TOEICを受けましょう。

目標は最低でも600点、できれば700点です。

 

詳しいTOEICの勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

基礎学習が終わったら英語フレーズを覚えていきましょう。

知っているフレーズが多いほど、話せる英語の幅が増えていきます。

 

英語フレーズを覚えるためのオススメ教材については、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が英会話の勉強にオススメな教材・参考書を教えます

 

英語フレーズを覚えたら、レッスンで話すことを英作文しましょう。

「話せる英語=書ける英語」なので、英作文はスピーキング力アップに効果的です。

 

書きたいテーマがなければ、自己紹介がオススメです。(詳しくは以下の記事)

>> 初心者でもできる!簡単で効果的なオンライン英会話の勉強法

 

最後の仕上げにオンライン英会話をやります。

覚えた英語を実際に使ってみましょう。

 

オススメのオンライン英会話サービスについては、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のオンライン英会話の記事は、こちらからどうぞ

>> 他のオンライン英会話の記事を読む

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-オンライン英会話 悩み・疑問

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.