オンライン英会話をより効果的に!良い先生を選ぶ5つのコツとは?

この記事が役に立つ人

◆オンライン英会話初心者の人

◆ハズレの先生ばかり当たってしまう人


オンライン英会話をやってると

「あー、今日の先生はちょっとハズレだなー。。」

ということって、ありませんか?

実は僕も

あー、今日はハズレだなー。。」

ということが、よくあったんですよ。

しかし最近はコツを掴んだので、ハズレの先生に当たる確率が減ってきました。

そこでこの記事では、先生を選ぶ時の注意点について、まとめてみました。

では本題へ!

オンライン英会話で良い先生を選ぶ5つのコツ

オンライン英会話で、良い先生を選ぶ5つのコツ。

それが「予約が取りにくい先生を選ぶ」、「講師歴が長い先生を選ぶ」、「職歴・専攻をチェックする」、「ネイティブ講師にこだわらない」、「評価コメントを参考にする」です。

【良い先生を選ぶ5つのコツ】

◆予約が取りにくい先生を選ぶ

◆講師歴が長い先生を選ぶ

◆共通の趣味・専攻の先生を選ぶ

◆ネイティブ講師にこだわらない

◆評価コメントを参考にする

では、それぞれについて詳しく解説します。

1:予約が取りにくい先生を選ぶ

1つ目のコツが、「予約が取りにくい先生を選ぶ」ということです。

まぁ、これは

「当たり前じゃん」

というツッコミが聞こえてきそうなのですが、メッチャ大事です。

なぜなら単純に、

「予約が取りにくい=人気がある」

だからです。

予約が取りくい先生を意識的に選ぶことによって、ハズレの先生を避けられる可能性がグーンと上がります。

予約が取りにくいので、なかなか自分のレッスンも予約できないというデメリットもあります。

しかし人気の先生は複数いるので、ローテーションで予約すれば、僕の個人的な経験上、それほど問題とならないですね。

2:講師歴が長い先生を選ぶ

基本的にどのオンライン英会話でも、「何年くらい英会話講師として働いているか」が記載されています。

ハズレの先生を避けたければ、講師歴が比較的長めの先生を選びましょう。

やはり「何事も経験」です。

講師歴が長ければ長いほど、教えるスキルはもちろんのこと、生徒に英語を話させようと促すスキルが高い傾向があります。

個人的な体感になりますが、最低でも1年以上の経験がある先生を選ぶのがオススメですね。

1年以上の講師歴があれば、残念な先生に当たる確率が明らかに低いです。

逆に講師歴が数ヶ月の場合は、社会人経験のない大学生である場合もあるので

「なんかなぁ」

と思うことが、ちょくちょくあります。

(もちろん、中には優秀な人もいます)

3:職歴・専攻をチェックする

講師の「職歴」や「専攻」をチェックするのも、ハズレの先生を避ける良い方法です。

オンライン英会話では、講師の職歴や学生時代の専攻が書いてあることが多いです。

必ずチェックしましょう。

個人的に当たりの先生が多いと思うのが「喋るのが仕事の人」です。

具体的にいうと、「コールセンター勤務」や「先生」などです。

こういった仕事をしたことがある人は、相槌の打ち方が上手く、話しやすい傾向があります。

【オススメの職歴】

◆コールセンター

◆先生

また、専攻していた学問も重要です。

例えば「コミュニケーション学」「教育学」を専攻しているまたは専攻していた人は、良い先生であることが多いですね。

コミュニケーション学や教育学でなくても、自分と同じ専攻の人もオススメです。

なぜかというと、共通点があると話しやすいからです。

共通の学問を専攻していると、相手の言っていることを格段に理解しやすいですね。

【おすすめの専攻】

◆コミュニケーション学

◆教育学

◆自分と同じ専攻

4:ネイティブ講師にこだわらない

ネイティブ講師にこだわらないのも重要です。

オンライン英会話はフィリピン人講師中心なので、講師がネイティブでないことに不安を感じる人が意外と多いんですよね。

よくいるのが

「ネイティブじゃないのに、英語の先生やってんじゃねーよ」

とか

「フィリピン人の英語って大丈夫なの?」

みたいな人です。

まぁ、気持ちは少し分かるんですけどね。

僕はフィリピンへ留学したことがあります。

正直に言って、最初は僕も「フィリピン人の英語って大丈夫なの?」と思ってました。

しかし彼女たちの授業を受けて、そんな心配は一瞬で吹き飛びました。

発音とかイントネーションが、TOEICの参考書についているCDナレーターみたいにキレイだったんですよ。

いや、本当にめちゃくちゃ感動するくらい。

これは、オンライン英会話のフィリピン人講師にも言えることです。

はっきり言って、発音などに関しては全く心配する必要がないです。

もし相手が言っていることを理解できないのであれば、それは訛りのせいではなく、単純に自分のリスニング力が低いだけだと思ったほうが良いでしょう。

もう一度だけ言います。

フィリピン人は、英語めっちゃ上手です。

心配無用です。

そして、さらに重要な事実があります。

それは、「第2言語として英語を学んでいた人の方が教えるのがうまい」ということです。

僕はネイティブ講師のレッスンをオンライン英会話で受けたことがあります。

しかし正直そんなに教え方は、上手くないなという印象を受けました。

では、なぜフィリピン人の方が英語を教えるのが上手いのか。

それは自ら第2言語として英語を学んでいるので、英語学習者の気持ちをよく分かるからです。

僕たち日本人が、外国人に日本語を教えるというシチュエーションを考えてみてください。

例えば「は」と「が」の使い分けを教えるのって、意外と難しいですよね?

これは、僕たちが自然に日本語を覚えたので、感覚で日本語を話しているからです。

そのためネイティブだからと言って、英語を教えるのが上手いとは限らないのです。

むしろ第2言語として英語を学んでいるフィリピン人の方が、英語を体系的に理解しています。

だから、教えるのが上手いです。

このような理由から、ネイティブ信仰は捨てましょう。

ノンネイティブにも、良い先生はたくさんいます。

ネイティブにこだわり過ぎるのは、明らかにマイナスです。

詳しくは、以下の記事を参照してください。

>>> オンライン英会話で働くフィリピン人講師の英語力は本当に低いの? 

ちなみにDMM英会話は、ネイティブ講師とノンネイティブ講師のどちらも在籍しています。

2回無料体験レッスンを受けられるので、比較してみるのも良いと思います。

「ノンネイティブ講師、すげー!」と思うはずです。

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

価格満足度No1

5:評価コメントを参考にする

5つめのポイントが「評価コメントを参考にする」です。

僕はDMM英会話でオンライン英会話を受けているのですが、DMM英会話では「実際にレッスンを受けた生徒による先生に対するコメント」をみることができます。

これ、メチャクチャ便利です。

「講師の人柄」「ネット回線が安定しているか」など赤裸々に書いてあるので、とても参考になります。

これらのコメントを参考にすることによって、かなりの確率で残念な講師を回避できます。

中には「ちょっと厳しすぎでは・・・」というコメントもありますが、コメント欄の評価が高い場合は、本当に良い先生であることが多いですね。

先ほども書いた通り、DMM英会話では無料体験レッスンを2回も受けることができます。

なので、試しに評価コメントを見ながら講師を選んでみる体験をするのもオススメです。

無料で受けられるので、リスクゼロなので。

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

価格満足度No1

まとめ

オンライン英会話で良い先生を選ぶコツは、以下の5つです。

【良い先生を選ぶ5つのコツ】

◆予約が取りにくい先生を選ぶ

◆講師歴が長い先生を選ぶ

◆共通の趣味・専攻の先生を選ぶ

◆ネイティブ講師にこだわらない

◆評価コメントを参考にする

以上の5つを意識することにより、本当にハズレの先生を避けやすくなります。

ぜひ試してみてください。

では!

あわせて読みたい人気記事

【オンライン英会話の選び方】

オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

通学型英会話とオンライン英会話の違いとは?メリットとデメリットは何?

【オンライン英会話勉強法】

初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

オンライン英会話に効果的!必ずやるべきオススメ瞬間英作文5選

オンライン英会話を使った効果的な発音学習のやり方を紹介する

オンライン英会を100回以上受けてわかった知ってると便利なフレーズ50選

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

オンライン英会話をより効果的に!良い先生を選ぶ5つのコツとは?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!