TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

オンライン英会話 レビュー

TOEIC900点の僕が『ベストティーチャー(Best Teacher)』を使った感想-本音で語ります-

更新日:

この記事が役に立つ人

◆ベストティーチャー(Best Teacher)を利用するか検討中の人


 

「ベストティーチャー(Best Teacher)って実際どうなんだろう?」

たしかに新しいサービスを利用する時って不安ですよね。

 

そこでこの記事では、ベストティーチャー(Best Teacher)を実際に使った感想を書いてみました。

僕自身、TOEIC900点や通訳案内士資格を持っていて、英語の勉強はそれなりにしてきているので、多少は参考になるかと思います。

 

では本題へ!

 

*他のオンライン英会話サービスとの比較だけ知りたい場合は、以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

 

スポンサーリンク

ベストティーチャー(Best Teacher)の主な特徴とは

 

DMM英会話ほど有名ではないですが、ベストティーチャー(Best Teacher)も有名なオンライン英会話サービスの1つです。

 

一般的なオンライン英会話サービスと違い、かなり個性が強い印象ですね。

僕がベストティーチャー(Best Teacher)を実際に使って感じた大きな特徴はこれです。

 

【ベストティーチャー(Best Teacher)の主な特徴】

  • スピーキングだけでなく、ライティングも学べる

 

スピーキングだけでなく、ライティングも学べる

ベストティーチャーの大きな特徴は「スピーキングだけでなく、ライティングも学べる」という点。

これは他のオンライン英会話にはない差別化ポイントです。

 

ベストティーチャーでは、以下のような3ステップで勉強が進みます。

 

【レッスンの進み方】

  • テーマに沿ってライティング
  • 書いた英語の添削
  • 英会話レッスン

 

ステップ1:テーマに沿ってライティング

最初にテーマに沿ってライティングします。

例えば、「趣味について話してみよう」というテーマであれば、趣味について英作文します。

 

ステップ2:書いた英語の添削

英作文を書いて先生に送信すると、最後の返信の後、3〜5日ほどで講師からの添削と録音された音声が届きます。

 

添削された文章をチェックし、自分の書いた英語の「どこが間違ってたか」を復習しましょう。

そして、録音された音声を使ってリスニングや音読をします。

 

ステップ3:英会話レッスン

ここまでやって、ようやく英会話レッスンです。

話す内容は、自分が書いた英語をもとに行われます。

 

あらかじめ英作文をすることにより英会話が上達する

もしかしたら、「英作文をして英会話は上達するのか」疑問に思っている人もいるでしょう。

【秘密】効果的なオンライン英会話の予習・復習法を教えますという記事でも書きましたが、英作文をすることによりスピーキングは確実に上達します。

 

なぜかというと、「書ける英語=話せる英語」だからです。

英会話とは、頭の中で超高速でライティングすることなので、英語を書けなければ言いたいことを話すことはできないのです。

 

ポイント

英作文は英会話力アップに効果的

 

そのため、ベストティーチャーの「英語を書いてから英会話レッスンを受ける」というカリキュラムは非常に効果的と言えます。

 



 

ベストティーチャー(Best Teacher)のデメリットとは?

ベストティーチャー(Best Teacher)のデメリットとは?

 

では、ベストティーチャーのデメリットとは何か。

実際に使ってみて感じたデメリットは、以下の2つです。

 

【デメリット】

  • ライティングレッスンを受けないと英会話をできない
  • レッスンの月額料金が高い

 

デメリット1:英会話をするにはライティングレッスンを受けなければいけない

デメリットの1つ目が「英会話をするにはライティングレッスンを受ける必要がある」ということ。

「とりあえず英会話だけしたい」という人には、大きなデメリットですね。

 

先ほども書いたように、英会話を上達させようと思ったらライティングは効果的です。

しかし僕の経験上、たまにはざっくばらんに英会話だけしたいということもあります。

 

「書く→話す」というカリキュラムはとても良いのですが、柔軟性が足りないと感じる人もいるでしょう。

なので、ライティングレッスンをどのように考えるかですね。

 

「英会話力アップが何より優先!」という人にはデメリットとなりませんが、「どうせなら自分の好きなようにやりたい」という人には微妙かなと思います。

 

デメリット2:月額料金が高い

デメリットの2つ目が、月額料金が高いという点。

多くのオンライン英会話サービスは、毎日25分のレッスンが6000円程度です。

 

一方、ベストティーチャーは月額12000円します。

繰り返しになりますが、ライティングは英会話力アップに効果です。

 

しかし事前のライティングって、自主的にやればすむことなんですよね。

例えば、DMM英会話はレッスン前のライティングが義務付けられていませんが、事前に英作文をしてレッスンを受ければ半額の値段でベストティーチャーと同じようなレッスンを受けられます。(添削はしてもらえないけど)

 

「自主的に英作文の予習ができる」という意思の強い人は、DMM英会話のような格安英会話でも良いと思います。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

しかし、「ライティングが強制されてないとできなそう」という人は、お金を出す価値があるかなと。

 


 

スポンサーリンク

ベストティーチャー(Best Teacher)って本当に効果ある?

ベストティーチャー(Best Teacher)って本当に効果ある?

 

では、ベストティーチャー(Best Teacher)には本当に効果はあるのでしょうか?

結論から言うと、ただレッスンを受けているだけでは英会話は上達しないです。

 

インプット学習をしないと英会話は上達しない

実はインプット学習をしないと英会話は上達しません。

これはベストティーチャー(Best Teacher)に限ったことではなく、他のオンライン英会話サービスでも同様です。

 

例えば、「〜すべきだったのに」と英語で言いたい場合、あらかじめ「should have 過去分詞(〜すべきだったのに)」というフレーズをあらかじめ知っている必要があります。

 

レッスン中に突然「should have 過去分詞(〜すべきだったのに)」というフレーズが頭に降ってくるわけではないのです。

 

英語フレーズのインプット学習と並行してレッスンを受けよう

英会話を上達させたい場合は、英語フレーズのインプット学習をやりつつレッスンを受けるようにましょう。

通勤・通学などのスキマ時間に、コツコツと英語フレーズを覚えるのがオススメです。

 

そしてベストティーチャーのライティングレッスン時に、覚えた英語フレーズを実際に使いながら書いてみましょう。

実際に使うことにより、記憶への定着が良くなります。

 

オススメの教材は英語は、以下の記事で紹介しました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が英会話の勉強にオススメな教材・参考書を教えます

 

 

まとめ

ベストティーチャーは、英会話レッスンに加えてライティングレッスンもできるという特徴あるオンライン英会話サービスです。

 

ライティングは英会話力アップに効果的なので、「確実に英会話を上達させたい」という人に特にオススメです。

事前にライティングレッスンを受けないと英会話レッスンをできないというデメリットはあるものの、英会話を上達させるためのカリキュラムとしてはかなりしっかりしているかなと思います。

 

ベストティーチャーでは、無料体験レッスンを受けられます。

なので、無料体験レッスンを受けて、自分に合うかどうかを確認した上で課金するようにしてください。

 


 

他のオンライン英会話サービスと比較して決めたい場合は、以下の記事がオススメです。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*その他のオンライン英会話の記事は、こちらからどうぞ

>> 他のオンライン英会話レビューの記事を読む

 

RELATED

-オンライン英会話 レビュー

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.