オンライン英会話 比較

徹底比較!「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」の違いとは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆レアジョブ英会話とラングリッチ(Langrich)どちらでレッスンを受けるか迷っている人


 

「レアジョブ英会話とラングリッチ(Langrich)どっちの方が良いんだろう?」

どちらも有名なオンライン英会話サービスなので、どちらの方が良いか迷ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、レアジョブ英会話とラングリッチ(Langrich)を徹底比較してみました。

僕自身どちらも使ったことがあるので、少しは参考になるかと思います。

 

では、本題へ!

 

 

スポンサーリンク

レアジョブとラングリッチはどっちが良い?

レアジョブ英会話とビズメイツ(Bizmates)はどっちが良い?

 

「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」どちらの方が良いでしょうか?

結論から言うと、差別化ポイントが少ないので好みによります。

 

個人的な意見としてはレアジョブ英会話を選ぶ

「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」は、どちらもスタンダードなオンライン英会話サービスです。

 

細かい比較は後述しますが、「差別化ポイントが少ないな」というのが僕の正直な感想です。

 

それでもあえてどちらかを選ぶのなら、僕はレアジョブ英会話を選びます。

理由は、月8回コースがあるからです。

 

僕は週に2〜3回くらいしかレッスンを受けないので、月8回コースでも十分だからです。

毎日レッスンを受けるコースもレアジョブ英会話の方が100円安いので、毎日レッスンを受けるとしたとしてもレアジョブ英会話を選びます。

 


 

より詳しいレアジョブ英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『レアジョブ英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

1番オススメがDMM英会話

ただし、レアジョブ英会話・ラングリッチ(Langrich)と同じ価格帯であれば、DMM英会話が1番コスパが良いのでオススメです。

なので、個人的に1番オススメしたいのはDMM英会話ですね。

 

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

レアジョブ英会話との比較記事はこちらからどうぞ。

>> 徹底比較!「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」の違いとは?

 

ラングリッチ(Langrich)との比較記事はこちらからどうぞ。

>> 徹底比較!「DMM英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」の違いとは?

 

 

料金の違い・比較

 

1番気になる点と言えば、やはり「料金」の違いですよね。

では「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」の料金は、どうなっているのでしょうか?

 

レアジョブ英会話の月額料金

レアジョブ英会話は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額5800円」です。

1レッスン(25分)当たりの値段に直すと187円ですね。

 

【レアジョブ英会話の料金】

月額:5800円

1レッスン:187円(31日換算)

 

ラングリッチ(Langrich)の月額料金

ラングリッチ(Langrich)は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額6000円」です。

1レッスン(25分)当たりの値段に直すと193円ですね。

 

【ラングリッチ(Langrich)の料金】

月額:6000円

1レッスン:193円(31日換算)

 

月額料金の比較

このように月額料金を比較すると、レアジョブ英会話の方が安いです。

月額200円の差なので、年間だと2400円の差ですね。

 

本当に少しの差ではありますが、安さ重視ならレアジョブ英会話がオススメです。

 


 

より詳しいレアジョブ英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『レアジョブ英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

スポンサーリンク

講師の国籍の違い・比較

 

次に「講師の国籍」を比較します。

 

レアジョブの講師の国籍

レアジョブ英会話は、フィリピン人講師のみです。

ただしフィリピン人は非常に英語が堪能なので、国籍に特にこだわりがないなら心配する必要はないです。

 

僕はフィリピンへ語学留学をしたことがあるのですが、フィリピン人の英語力は本当に高いです。

ほとんどの日本人は、ネイティブかノンネイティブかの違いは分からないでしょう。

 

そのため、「フィリピン人の英語力は本当に大丈夫だろうか」という心配は全くありません。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話のフィリピン人講師は英語力が低いのか?

 

【レアジョブ英会話の講師の国籍】

フィリピン人のみ

 

ラングリッチ(Langrich)の講師の国籍

ラングリッチ(Langrich)も、フィリピン人講師のみです。

 

ただし先ほども書いた通り、フィリピン人講師の英語力は非常に高いです。

そのため、レッスンには全く問題ありません。

 

むしろ明るい国民性なので、ネイティブ講師に比べると話しやすいと思います。(詳しくは以下の記事)

>> オンライン英会話の先生はネイティブとノンネイティブどっちが良い?

 

講師の国籍の違い・比較

講師の国籍に違いはないので、違うポイントでどちらを利用するか決めるようにしましょう。

 

もし「ネイティブを含めいろんな国籍の先生とレッスンをしたい」という場合は、DMM英会話がオススメです。

DMM英会話には世界100ヶ国以上の先生が在籍しています。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

講師の質の違い・比較

 

次に「講師の質」を比較します。

 

講師の質は変わらない

実際「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」2つのオンライン英会話を受けてみましたが、質という点では変わらないと思います。

 

どちらのサービスも、「良い先生もいれば悪い先生もいる」という感じでした。

なので、先生の質以外のポイントで、どちらのサービスを利用するのか決めるのがオススメです。

 

 

スポンサーリンク

レッスンを受けられる時間の違い・比較

 

次に「レッスンを受けられる時間」を比較します。

 

レアジョブのレッスン可能時間

レアジョブ英会話は、「6時から25時まで」となっています。

 

【レアジョブ英会話のレッスン可能時間】

6時〜25時まで

 

ラングリッチ(Langrich)のレッスン可能時間

ラングリッチ(Langrich)は、「5時から25時まで」となっています。

 

【ラングリッチ(Langrich)のレッスン可能時間】

5時〜25時まで

 

レッスン可能時間の違い・比較

レアジョブ英会話が「6時〜25時まで」、ラングリッチ(Langrich)が「5時〜25時」までとなっているので、その差は1時間だけです。

 

しかも、早朝の1時間だけの差なので、レッスン可能時間の違いだけで比べるのは微妙かなと思います。

朝5時〜6時までしかレッスンを受けられない場合はラングリッチ(Langrich)一択となりますが、それ以外の人はその他のポイントでどちらを利用するか決めるのがオススメです。

 

 

サービスの違い・比較

 

最後に「サービスの違い」について比較しましょう。

それぞれのオンライン英会話に、特徴的なサービスがいくつかあります。

 

レアジョブのサービス

レアジョブ英会話の特徴としては、以下の2点があります。

 

【レアジョブ英会話の主な特徴】

  • レッスン料金が細かく設定されている
  • 学習方法のカウンセリングをしてもらえる

 

レッスン料金が細かく設定されている

多くのオンライン英会話は、「毎日1レッスンコース」、「毎日2レッスンコース」、「毎日3レッスンコース」というようになっています。

一方、レアジョブ英会話は、毎日〇〇回コースに加えて、「月8回コース(月額4200円)」があります。

 

例えば、働きながらオンライン英会話を受けている場合、毎日レッスンをこなすのって大変なんですよね。

実際、僕も週2〜3回しかレッスンを受けていません。

 

そのため「月8回コース(月額4200円)」があるのは嬉しいポイントかなと。

もちろん1レッスン当たりのレッスン料金は割高になりますが、月額料金は安くなるので「毎日レッスンは受けられない」という人にはメリットとなります。

 

【レッスン料金】

  • 月8回:4200円(525円/1レッスン)
  • 毎日25分:5800円(187円1レッスン)
  • 毎日50分:9700円(156円/1レッスン)
  • 毎日100分:16000円(129円/1レッスン)

 

特徴2:学習方法のカウンセリングをしてもらえる

有料ではありますが、レアジョブ英会話では「学習方法のカウンセリングをしてもらえる」という特徴があります。

 

例えば、「日常英会話をできるようになりたい」と思ったとしましょう。

しかし目標が明確だったとしても、「何をどう勉強すれば良いか分からない」って人は意外と多いんですよね。

 

そんな人向けに、レアジョブ英会話ではカウンセラーが目標をヒアリングした上で、最適な教材を選び、学習プランを作成してくれます。

マイルストーン(次の目標)を設定し、自分の目標とするレベルまで英会話力をアップできるようにサポートしてもらえるので、オンライン英会話初心者には心強いですね。

 

レアジョブのカウンセリング

出典:https://www.rarejob.com/experiences/counseling/

 

カウンセリングは1回きりではなく、何回か行います。

定期的にカウンセリングを受講することにより、課題を即座に洗い出して勉強法を軌道修正していくので勉強効率が上がります。

 

レアジョブ英会話のカウンセリング

出典:https://www.rarejob.com/experiences/counseling/

 

月額980円かかるものの、オンライン英会話初心者の場合はメリットがかなり大きいと思います。

なぜなら、どのように勉強すれば良いか分からないと、なかなか効果的なレッスンを受けられないからです。

 

「自分の勉強法に自信がある!」という人にはメリットとはなりません。

しかし、「どう勉強したら良いか分からない」人にはオススメのサービスです。

 


 

より詳しいレアジョブ英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『レアジョブ英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

ラングリッチ(Langrich)のサービス

ラングリッチ(Langrich)の特徴としては、以下のような特徴があります。

 

【ラングリッチ(Langrich)のサービス】

  • 回線が安定しているので安心してレッスンを受けられる

 

ラングリッチ(Langrich)の特徴は、「回線が安定しているので安心してレッスンを受けられる」ということです。

 

多くのオンライン英会話サービスは、「講師の自宅とつないでレッスンをする場合」と「オフィスとつないでレッスンをする場合」の2パターンがあります。

 

ここで問題となりやすいのが、「講師の自宅とつないでレッスンをする場合」です。

何が問題かというと、講師の自宅とつないでレッスンする場合、回線が安定しないことがあるのです。

 

要するに、「声が途切れて聞こえにくい」とか「画質が悪くて先生の表情が分かりにくい」といった問題が起こる可能性があるということですね。

 

一方ラングリッチ(Langrich)では、そのような可能性が少ないです。

なぜかというと、全ての講師がオフィスに出勤してレッスンをするので、回線が安定しやすいのです。

 

オフィスが日本大使館も入居しているビルなので、安定した回線を使えるようですね。

「他社サービスを使ってたけど、回線が安定していないのが不満!」という人に、ラングリッチ(Langrich)はオススメです。

 

 

 

 

より詳しいラングリッチ(Langrich)のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『ラングリッチ(Langrich)』を使った感想-本音で語ります-

 

サービスの比較

サービスを比較すると、どちらもスタンダードなオンライン英会話です。

用意された教材を使ってレッスンしたり、「今日はこんなレッスンがしたい」と講師に提案するタイプのオンライン英会話ですね。

 

正直なところ、差別化ポイントが個人的には少ない印象でした。

僕個人としては、毎日レッスンを受けるわけではないので、どちらか選ぶのであれば「レアジョブ英会話の月8回コースを選ぶかな」といった感じですね。

 


 

より詳しいレアジョブ英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『レアジョブ英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

ただ、月額6000円くらいのオンライン英会話サービスなら、DMM英会話が1番コスパが良いと思います。

なので、個人的にはレアジョブ英会話やラングリッチ(Langrich)ではなく、DMM英会話をオススメします。

 

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

レアジョブ英会話との比較記事はこちらからどうぞ。

>> 徹底比較!「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」の違いとは?

 

ラングリッチ(Langrich)との比較記事はこちらからどうぞ。

>> 徹底比較!「DMM英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」の違いとは?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、「レアジョブ英会話」と「ラングリッチ(Langrich)」の比較でした。

どちらかを選ぶのであれば、個人的にはレアジョブ英会話です。

 


 

より詳しいレアジョブ英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『レアジョブ英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

ただ同じ価格帯から選ぶのであれば、DMM英会話が1番オススメです。(詳しくは以下の記事)

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

他のオンライン英会話サービスと比較したい場合は、以下の記事がオススメです。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*他のオンライン英会話比較記事はこちらからどうぞ

>> 他のオンライン英会話比較記事を読む

  • この記事を書いた人

Tomoyuki Kato

仕事は薬剤師やWebサイト運営、たまに翻訳。 英語学習が好きでTOEIC900点&通訳案内士資格を取得。 その経験を活かし、英語学習に関する情報を発信しています。

RELATED

-オンライン英会話 比較

Copyright© 英語学習の処方せん , 2019 All Rights Reserved.