TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

オンライン英会話 比較

徹底比較!「DMM英会話」と「産経オンライン英会話」の違いとは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆DMM英会話と産経オンライン英会話どちらでレッスンを受けるか迷っている人


 

「DMM英会話と産経オンライン英会話どっちの方が良いんだろう?」

どちらも有名なオンライン英会話サービスなので、どちらの方が良いか迷ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、DMM英会話と産経オンライン英会話を徹底比較してみました。

僕自身どちらも使ったことがあるので、少しは参考になるかと思います。

 

では、本題へ!

 

 

スポンサーリンク

DMM英会話と産経オンライン英会話はどっちが良い?

DMM英会話と産経オンライン英会話はどっちが良い?

 

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話」どちらの方が良いでしょうか?

結論から言うと、DMM英会話の方が個人的にはおすすめです。

 

DMM英会話の方がコスパが良い

なぜDMM英会話の方がオススメかというと、産経オンライン英会話に比べてDMM英会話の方がコスパが良いからです。

 

DMM英会話と産経オンライン英会話は、どちらも同じ価格帯でサービスを提供していますが、サービスの充実度はDMM英会話が勝っています。

 

このあと、レッスン料金やサービス、講師などを比較していきますが、個人的な意見としてはトータルではDMM英会話の方が良いという結論になりました。

 

なので、「正直、どっちでも良いから結論だけ知りたい」という場合は、DMM英会話を選んでおけば間違いないと思います。

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

産経オンライン英会話は良くも悪くもシンプル

産経オンライン英会話は、良くも悪くもシンプルなオンライン英会話サービスです。

 

例えば、DMM英会話は英語表現を覚えるための学習アプリを提供していたりと、オンライン英会話サービス以外のところにも力を入れています。

 

一方、産経オンライン英会話は、オンライン英会話サービスのみに力を入れているという印象を受けました。

「オンライン英会話サービス以外のサービス」をどう考えるかによりますね。

 

産経オンライン英会話も無料体験レッスンを提供しているので、どちらの無料体験レッスンを受けて比較して見るのが1番良いかと思います。

 

どちらの無料体験レッスンを受けるのは面倒という場合は、DMM英会話をオススメします。

 

産経オンライン英会話

 

より詳しい産経オンライン英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『産経オンライン英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

料金の違い・比較

 

1番気になる点と言えば、やはり「料金」の違いですよね。

では「DMM英会話」と「産経オンライン英会話」の料金は、どうなっているのでしょうか?

 

DMM英会話の月額料金

DMM英会話の月額料金は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額5980円」です。

1レッスンあたり193円ですね。

 

【DMM英会話の料金】

月額:5980円

1レッスン:193円(31日換算)

 

産経オンライン英会話の月額料金

産経オンライン英会話は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額5980円」です。

1レッスン(25分)当たりの値段に直すと193円ですね。

 

【産経オンライン英会話の料金】

月額:5980円

1レッスン:193円(31日換算)

 

月額料金の比較

月額料金を比較すると、DMM英会話も産経オンライン英会話も同じ料金です。

そのため料金以外を比較して、どちらのオンライン英会話を使うか決めるのがオススメです。

 

 

スポンサーリンク

講師の国籍の違い・比較

 

次に「講師の国籍」を比較します。

 

DMM英会話の講師の国籍

DMM英会話は、世界100カ国以上の講師が在籍しています。

ネイティブ講師をはじめ、フィリピンやセルビア、南アフリカまで本当に様々な国籍の講師のレッスンを受けられます。

 

オンライン英会話の先生はネイティブとノンネイティブどっちが良い?という記事でも書いたように、ノンネイティブ講師でも英語はとても上手です。

なので、先生の質に関して心配する必要はありません。

 

【DMM英会話の講師の国籍】

ネイティブ講師を始め、世界100カ国以上

 

産経オンライン英会話の講師の国籍

産経オンライン英会話は、フィリピン人講師のみです。

ただしフィリピン人は非常に英語が堪能なので、国籍に特にこだわりがないなら心配する必要はないです。

 

僕はフィリピンへ語学留学をしたことがあるのですが、フィリピン人の英語力は本当に高いです。

ほとんどの日本人は、ネイティブかノンネイティブかの違いは分からないでしょう。

 

そのため、「フィリピン人の英語力は本当に大丈夫だろうか」という心配は全くありません。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

>> オンライン英会話のフィリピン人講師は英語力が低いのか?

 

【産経オンライン英会話の講師の国籍】

フィリピン人のみ

 

講師の国籍の違い・比較

DMM英会話の方が、様々な国籍の講師が在籍しています。

そのため、いろんな国の人と英会話がしたい人は、DMM英会話の方が良いと思います。

 

ただし、単純に英会話力を伸ばしたいだけなら、国籍の多さは特に問題にならないでしょう。

産経オンライン英会話のフィリピン人講師は、ネイティブとノンネイティブの区別がつかないくらい英語がペラペラです。

 

【講師の国籍の違い・比較】

DMM英会話:ネイティブ含め世界100カ国以上の講師

産経オンライン英会話:フィリピン人講師のみ

 

いろんな国の先生と英会話をしたい場合は、DMM英会話がオススメです。

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

先生の国籍にこだわりがなく、英会話のトレーニングができれば良いのであれば、産経オンライン英会話も選択肢としてアリです。

 

産経オンライン英会話

 

 

講師の質の違い・比較

 

次に「講師の質」を比較します。

 

講師の質は変わらない

実際「DMM英会話」と「産経オンライン英会話」2つのオンライン英会話を受けてみましたが、質という点では変わらないと思います。

 

どちらのサービスも、「良い先生もいれば悪い先生もいる」という感じでした。

というか、月額6000円くらいのオンライン英会話サービスの場合、先生の質はどこも変わらないですね。

 

DMM英会話は生徒の口コミをチェックできる

先生の質に大差はありませんが、DMM英会話には「実際にレッスンを受けた生徒による口コミ機能」があります。

 

なので、ハズレの先生の回避しやすさは、DMM英会話の勝ちですね。

あらかじめ口コミをチェックしておけば、ハズレの先生に当たる可能性は低いです。

 

DMM英会話の口コミ

 

たまに「それはさすがに厳しすぎでは?(笑)」という口コミもありますが、この機能は非常に便利ですね。

なので、先生の予約でギャンブルしたくない場合は、DMM英会話をオススメします。

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

スポンサーリンク

レッスンを受けられる時間の違い・比較

 

次に「レッスンを受けられる時間」を比較します。

 

DMM英会話のレッスン可能時間

DMM英会話は「24時間レッスン可能」です。

これは忙しい人には、かなり嬉しいポイントですね。

 

【DMM英会話のレッスン可能時間】

24時間可能

 

産経オンライン英会話のレッスン可能時間

産経オンライン英会話は、「5時から25時まで」となっています。

 

【産経オンライン英会話のレッスン可能時間】

5時〜25時まで

 

レッスン可能時間の違い・比較

DMM英会話は24時間レッスン可能です。

そのため「夜中にもレッスンを受けられる」というメリットがあります。

 

一方、産経オンライン英会話は5時〜25時までとなっています。

夜中しか時間が取れない人にとってはデメリットとなりますが、多くの人にとっては特に問題とならないでしょう。

 

夜中しかレッスンを受けられない人はDMM英会話一択となりますが、それ以外の人はレッスン可能時間以外のポイントを比較して、どちらでレッスンを受けるか決めるのがオススメです。

 

 

サービスの違い・比較

 

最後に「サービスの違い」について比較しましょう。

それぞれのオンライン英会話に特徴的なサービスがいくつかあります。

 

DMM英会話のサービス

DMM英会話を利用して、特に特徴的だなと思ったのが「iKnow!というアプリを無料で利用できること」と「プラスネイティブプラン」です。

 

【DMM英会話のサービス】

語彙力を楽しく鍛えられる「iKnow!」が無料

ネイティブ講師のレッスンを優先的に受講可能な「プラスネイティブプラン」あり

 

iKnow!とは?

iKnow!とは、英語表現を勉強できるアプリです。

クイズ感覚で勉強できるので、楽しく勉強できます。

 

本来なら月額1480円するのですが、DMM英会話なら無料で使えます。

iKnow!で英語フレーズを覚えて、覚えたフレーズを実際にレッスンで使うという勉強法が個人的にはオススメです。

 

プラスネイティブプランとは?

「プラスネイティブプラン」は、ネイティブ講師のレッスンを優先的に予約できるプランです。

月額15800円かかるものの、ネイティブのレッスンを受けたいという人には大きなメリットかなと思います。

 

より詳しくは、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

産経オンライン英会話のサービス

冒頭にも書いた通り、産経オンライン英会話はとてもシンプルで、DMM英会話のような特色あるサービスを提供していない印象でした。

 

ただ、特に良いところがないかといったら、そうではありません。

産経オンライン英会話を使ってみて「これは良い!」と思った点は2つあります。

 

【産経オンライン英会話の主な特徴】

  • オンライン英会話初心者でも、どの教材を使えば良いか迷いにくい
  • 教材が見やすい

 

特徴1:オンライン英会話初心者でも、どの教材を使えば良いか迷いにくい

オンライン英会話あるあるなのですが、「教材が豊富にあります!」とアピールしているサービスはかなり多いです。

実はDMM英会話もその1つです。

 

教材がたくさんあるがゆえに、「どの教材を使って良いか分からない」という事態に陥りがちなんですよね。

しかし産経オンライン英会話は「この教材を使うと、どうなるのか」や「どんな人におすすめか」を丁寧に書いてくれているので、迷うことはないでしょう。

引用:https://learning.sankei.co.jp/curriculum/daily-conversation/detail/a1

 

特徴2:教材が見やすい

2つ目の特徴が、「教材が見やすい」ということ。

 

オンライン英会話の教材って、字が小さかったり、ごちゃごちゃしていたり、和訳が書いてなかったりしていることがあるんですが、産経オンライン英会話はとても見やすいです。

 

「左側に英文」と「右側に和訳」という構成なので、オンライン英会話初心者でも使いやすいと思います。

個人的には、とても好きな構成ですね。

 

産経オンライン英会話

引用:https://info.learning.sankei.co.jp/lesson/curriculum/general/a1/generalA1_039.pdf

 

サービスの比較

サービスの充実度だけ考えると、DMM英会話の勝ちかなと思います。

値段を考えると、DMM英会話のコスパはかなり良いです。

 

一方、産経オンライン英会話は、教材に力を入れているなという印象です。

初心者でも「どの教材を使うか分かりやすい」というのは大きなポイントですね。

 

ただし、DMM英会話の「教材選びが難しい」とか「教材の質が低い」というわけではありません。

あくまでも僕の感想なので、そこまで大きな差があるかと言われると正直なところ微妙です。

 

僕はコスパを重視するので、どちらかを選ぶのであればDMM英会話を選びます。

「産経オンライン英会話の教材を使ってみたい!」と思った人以外は、DMM英会話を利用した方が満足度は高いと思います。

 

 

より詳しいDMM英会話のレビューは、以下の記事をどうぞ。

>> TOEIC900点の僕が『DMM英会話』を使った感想-本音で語ります-

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、「DMM英会話」と「産経オンライン英会話」の比較でした。

個人的な感想ですが、僕はDMM英会話をオススメします。

 

DMM英会話の方がコスパが良いので、「産経オンライン英会話の教材を使ってみたい!」と思った人以外は、DMM英会話を選ぶと良いと思います。

 

他のオンライン英会話サービスと比較したい場合は、以下の記事がオススメです。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

*他のオンライン英会話比較記事はこちらからどうぞ

>> 他のオンライン英会話比較記事を読む

RELATED

-オンライン英会話 比較

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.