徹底比較!「DMM英会話」と「ビズメイツ(Bizmates)」の違いとは?

「DMM英会話」「ビズメイツ (Bizmates)」どちらも有名なオンライン英会話ですが、どどちらの方が良いか迷ってしまいますよね。

そんなオンライン英会話選びも、この比較記事を読めば、迷わず簡単に解決します。

では、本題へ!

スポンサーリンク

料金の違い・比較

1番気になる点と言えば、やはり「料金」の違いですよね。

では「DMM英会話」「ビズメイツ (Bizmates)」の料金は、どうなっているのでしょうか?

DMM英会話の月額料金

まずはDMM英会話。

DMM英会話は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額5500円」です。

1レッスン(25分)当たりの値段に直すと177円ですね。

【DMM英会話の料金】

月額:5500円

1レッスン:177円

ビズメイツ (Bizmates)の月額料金

では、ビズメイツ (Bizmates)はどうでしょうか。

ビズメイツ (Bizmates)は、毎日1レッスン(25分)受講コースが「月額12000円」です。

1レッスン(25分)当たりの値段に直すと387円ですね。

【ビズメイツ (Bizmates)の料金】

月額:12000円

1レッスン:387円

月額料金の比較

このように月額料金を比較すると、DMM英会話の方が安いです。

月額6500円も差があると考えると、けっこう大きな額ですね。

ただし後ほど書きますが、ビズメイツ (Bizmates)が高いのには理由があります。

【料金の比較】

DMM英会話:月額5500円

ビズメイツ (Bizmates):月額12000円

【結論】

▼月額料金の安さ重視ならDMM英会話

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

講師の国籍の違い・比較

次に「講師の国籍」を比較します。

DMM英会話の講師の国籍

まずはDMM英会話

DMM英会話は、世界60カ国以上の講師が在籍しています。

ネイティブ講師はもちろんのこと、フィリピン人やセルビア人、南アフリカ人まで本当に様々な国籍の講師のレッスンを受講可能です。

【DMM英会話の講師の国籍】

ネイティブ講師を始め、世界60カ国以上

ビズメイツ (Bizmates)の講師の国籍

次に「ビズメイツ (Bizmates)」

ビズメイツ (Bizmates)は、フィリピン人講師のみです。

ただしフィリピン人は非常に英語が堪能なので、「国籍に特にこだわりがない」という人なら問題ないと思います。

僕はフィリピンへ語学留学をしていたことがあるのですが、フィリピン人の英語力は本当に高いです。

ほとんどの日本人は、ネイティブかノンネイティブかの違いは分からないでしょう。

彼女たちは、字幕なしの映画を何の問題もなく観れるレベルの英語力です。

そのため、「フィリピン人の英語力は本当に大丈夫だろうか」という心配は全くありません。

詳しくは以下の記事参照

>>> オンライン英会話で働くフィリピン人講師の英語力は本当に低いの?

【ビズメイツ (Bizmates)の講師の国籍】

フィリピン人のみ

講師の国籍の違い・比較

DMM英会話の方が、様々な国籍の講師が在籍しています。

そのため、いろんな国の人と英会話がしたい人は、DMM英会話の方が良いと思います。

ただし、単純に英会話力を伸ばしたいだけなら、国籍の多さは特に問題にならないでしょう。

フィリピン人は、十分に英語がペラペラです。

【講師の国籍の違い・比較】

DMM英会話:ネイティブ含め世界60カ国以上の講師

ビズメイツ (Bizmates):フィリピン人講師のみ

【結論】

▼いろんな国の人と英会話をしたい場合

DMM英会話がオススメ

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

▼国籍を重視しない場合は、選択肢としてアリ

ビズメイツ(Bizmates)がオススメ

>>> ビズメイツ (Bizmates)の無料体験レッスンを受けてみる

講師の質の違い・比較

次に「講師の質」を比較します。

実際「DMM英会話」「ビズメイツ (Bizmates)」2つのオンライン英会話を受けてみましたが、質という点ではビズメイツ(Bizmates)の方が高いです。

ここにビズメイツ(Bizmates)のレッスン料が高い理由があります。

DMM英会話の講師は社会人経験のある講師もいますが、大学生の講師も少なくありません。

一方ビズメイツ(Bizmates)は、ビジネスの経験のある講師に限定して採用しています。

ビズメイツ(Bizmates)の講師は、教えるスキルはもちろんのこと、人間性やコミュニケーションスキルなども厳しいチェックを受けて選ばれます。

採用されてからも、レッスンのクオリティを向上させるためにトレーニングが行われ、受講生からの評価もその都度フィードバックされています。

このように講師の質を非常に重視しているのが、ビズメイツ(Bizmates)なのです。

僕がレッスンを受けた講師も、かなりしっかりとした感じの人でした。

イメージしやすく言うと、DMM英会話はラフな感じの先生だけど、ビズメイツ(Bizmates)はジャケットを着ていて、いかにもビジネスパーソンって感じの講師です。

このように月額料金は高いものの、講師の質に関しては、ビズメイツ(Bizmates)の方が良いです。

ただ勘違いしてほしくないのが、「DMM英会話の講師の質が低い」というわけではないということです。

あくまでもビズメイツ(Bizmates)と比べた場合、劣るという意味です。

「日常会話を学びたい」という理由でオンライン英会話をしたいなら、DMM英会話で全く問題ありません。

【講師の質の違い・比較】

ビズメイツ(Bizmates)の方が、講師の質は良い。

【結論】

海外旅行や日常会話を学ぶことが目的ならDMM英会話がオススメ

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

ビジネス英語をガッツリやりたいなら、断然ビズメイツ(Bizmates)がオススメ

>>> ビズメイツ (Bizmates)の無料体験レッスンを受けてみる

レッスンを受けられる時間の違い・比較

次に「レッスンを受けられる時間」を比較します。

DMM英会話のレッスン可能時間

まずはDMM英会話

DMM英会話は「24時間レッスン可能」です。

これは忙しい人には、かなり嬉しいポイントですね。

【DMM英会話のレッスン可能時間】

24時間可能

ビズメイツ (Bizmates)のレッスン可能時間

次に「ビズメイツ (Bizmates)」はどうでしょうか。

ビズメイツ (Bizmates)は、平日と休日でレッスンを受けられる時間が違います。

平日が5時~10時」「18時~25時」

そして土日・祝日が「7時~12時」、「18時~25時」となっています。

【ビズメイツ (Bizmates)のレッスン可能時間】

平日:5時~10時/18時~25時

土日・祝日:7時~12時/18時~25時

レッスン可能時間の違い・比較

DMM英会話は24時間レッスン可能なので、「ちょっとしたスキマ時間にオンライン英会話をやりたい人」や「忙しい人」に向いていると思います。

一方ビズメイツ (Bizmates)は、英語学習のために時間をしっかりとって、ガッツリと英会話を学びたい人向けです。

【レッスンを受けられる時間の違い・比較】

▼DMM英会話

24時間レッスン可

▼ビズメイツ (Bizmates)

平日:5時~10時/18時~25時

土日・祝日:7時~12時/18時~25時

【結論】

24時間受講可能なDMM英会話は、忙しい人向け

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

ビズメイツ (Bizmates)は、時間を確保して英会話の勉強をする人向け

>>> ビズメイツ (Bizmates)の無料体験レッスンを受けてみる

サービスの違い・比較

最後に「サービスの違い」について比較しましょう。

それぞれのオンライン英会話に特徴的なサービスがいくつかあります。

DMM英会話のサービス

まずはDMM英会話

個人的に「かなり大きな差別化だな」と思ったのが、iKnow!という語彙力を効果的に鍛えられるアプリが無料で使えるという点です。

このアプリ、本来なら月額1480円するのですが、DMM英会話なら無料で使えるのです。

国内登録者数は180万人以上、130以上の企業が社員の英語力アップのために導入しています。

当たり前ですが、英会話をするにには語彙力が必須です。

iKnow!はクイズ形式になっていて、楽しみながら語彙力を鍛えられので個人的に非常にオススメですね。

さらにDMM英会話には、「プラスネイティブプラン」があります。

要するにネイティブ講師とのレッスンを優先的にできるプランです。

ただし1日1回のレッスンで月額15800円かかります。

【DMM英会話のサービス】

◆語彙力を楽しく鍛えられる「iKnow!」が無料

◆ネイティブ講師のレッスンを優先的に受講可能な「プラスネイティブプラン」あり

ビズメイツ (Bizmates)のサービス

次に「ビズメイツ (Bizmates)」

ビズメイツ (Bizmates)の特色は、何と言っても「ビジネスに特化している」ということでしょう。

月額12000円ですが、ビジネスシーンで使う英語をミッチリ学べます。

ビズメイツ (Bizmates)の教材は、英会話をただ学ぶのではなく、仕事で活かしやすいように作られているのが印象的です。

例えば「海外出張」、「電話会議」、「プレゼンテーション」、「電話応対」、「Eメールライティング」などのテーマを扱っています。

また英語に苦手意識があったとしても、問題はありません。

単語や文章の難易度が、受講生のレベルに応じて程よく設定されており、レッスンを重ねれば着実にステップアップできるように設計されています。

【ビズメイツ (Bizmates)のサービス】

ビジネシーンに特化した高品質なオンライン英会話

サービスの比較

サービスを比較すると、日常英会話重視のDMM英会話。

そしてビジネスシーンに特化しているのが、ビズメイツ (Bizmates)です。

【サービスの違い・比較】

▼ DMM英会話

→「iKnow!」という語彙力をアップできるアプリが無料

→ネイティブ講師のレッスンを受けられる「プラスネイティブプラン」

▼ビズメイツ (Bizmates)

→高品質のビジネス英会話に特化

【結論】

▼DMM英会話

「日常英会話を学びたい人」や「ネイティブ講師のレッスンを受けたい人」向け

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

▼ビズメイツ (Bizmates)

ビジネス英語をガッツリ学びたい人向け

>>> ビズメイツ (Bizmates)の無料体験レッスンを受けてみる

DMM英会話とビズメイツ (Bizmates)はどっちが良い?

では結局、「DMM英会話」「ビズメイツ (Bizmates)」どっちが良いのでしょうか?

結論から言うと、「オンライン英会話を受講する動機」によって、どちらが良いかは変わります。

DMM英会話がオススメの人は「日常生活で使う英会話を学びたい人」や、「仕事で少し英語を使うから英語に慣れておきたい人」です。

価格満足度No1

次に「ビズメイツ (Bizmates)」。

ここまで読み進めている人は分かると思いますが、「ビジネスシーンで使う英語をガッツリ学びたい人」は、断然「ビズメイツ (Bizmates)」が良いです。

【結論】

「日常英会話を中心に学びたい」場合

→DMM英会話がオススメ

>>> DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる

「ビジネス英会話をガッツリ学びたい」場合

→ビズメイツ (Bizmates)がオススメ

>>> ビズメイツ (Bizmates)の無料体験レッスンを受けてみる

どちらも無料体験レッスンを受けられるので、両方のレッスンを比べて決めるのもアリです。

実際にレッスンを受けてみないことには、どちらの方が相性が良いかは分からないですから。

いかがでしたか?

今回は「DMM英会話」と「ビズメイツ (Bizmates)」の違いについて解説しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

徹底比較!「DMM英会話」と「ビズメイツ(Bizmates)」の違いとは?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!