勉強ノウハウ

【暴露】英会話教室に通えば本当に英語を話せるようになるの?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英会話教室に通えば本当に英語を話せるようになるのか疑問のある人


 

「英会話教室に通えば、本当に英語って話せるようになるのかな?」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

 

確かに高いお金を払うのであれば、ちゃんと成果を出したいですよね。

僕自身、英会話教室に通っていたことがあるので、多少は英会話教室について理解しているつもりです。

 

果たして、英会話教室には効果があるのでしょうか。

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

"英会教室に通うだけ"では話せるようにならない

 

実は、"英会話教室に通うだけ"では英語を話せるようにはなりません。

よく「英語を話せるようになりたい!」と思って、いきなり英会話教室に通い始める人がいるのですが、このやり方では英語を話せるようにはならないでしょう。

 

英会話教室に通っても話せるようにならない理由

では、なぜ英会話教室に通っているのに英語を話せるようにならないのでしょうか。

それは「インプット学習をしていないから」です。

 

例えば、「そんなこと映画でしか起こらないよ」と英語で言いたい場合、インプット学習をしていない人は「That only happens in the movies」という英語がパッと出てきません。

あらかじめ英語をインプットしないと、英語は口から出てこないのです。

 

英会話教室は覚えた英語をアウトプットする場所

何を言いたいかというと、英会話教室は覚えた英語をアウトプットする場所だということです。

インプットした英語を実際に使えるかチェックするのが、英会話教室の本当の役割なのです。

 

インプットをすっ飛ばして英会話教室に通っても、英語を話せるようにはなりません。

英語を話せるようになりたいなら、必ず英語のインプットをしてください。

 

英会話教室はインプット学習の大切さを教えてくれない

 

英会話教室は、その名の通り"英会話"のスクールです。

そのため「実際に英語を使うこと」を重視しています。

 

一方で、英語のインプットに関しては疎かにしがちです。

僕も少しの期間ではありますが、英会話スクールに通っていたことがあるので分かるのですが、テキストはあるものインプットできる量が明らかに少ないんですよね。

 

英会話スクールがインプットを疎かにする理由

では、なぜ英会話スクールがインプットを疎かにするのか。

それは「長くレッスンを続けてもらいたいから」です。

 

英会話スクールが利益を上げるには、できるだけ長くレッスンを受け続けてもらう必要があります。

そのため「インプットしないと、英会話はできるようにならないよ!」と大々的にアピールしちゃうと、英会話の上達が早くなるので、儲からなくなってしまうのです。

 

適度に上達している実感を与えて儲けるビジネスモデル

英会話教室は、「適度に上達しているという実感」を与えて儲けるビジネスモデルです。

「適度に上達しているという実感」を与えると、生徒は長く続けていればペラペラになるはずと思います。

その結果、長く英会話教室に通ってしまうわけです。

 

どうやって成長している実感を与えるのか。

具体的に言うというと、インプットできる量の少ないテキストを使いつつ「英会話をたくさんしよう」とアピールします。

 

なんか知らないんですけど、インプット量が少なくても、英会話をすると上達している実感がしちゃうんですよね。(経験談)

実際は大して上達していないのですが。。

 

スポンサーリンク

英会話教室の効果的な活用法

 

ここまで読み進めて、「英会話教室はなんてひどいんだ!!」と思った人もいるかもしれません。

しかし僕は、インプット学習を英会話教室に任せきりにせず、自分でしっかりやれば英会話教室を有効活用できると考えています。

 

英会話教室がインプット学習に力を入れていないなら、自分で力を入れて勉強すれば良いのです。

では具体的にどんなインプット学習をすれば良いのでしょうか。

2ステップに分けて解説します。

 

ステップ1:文法・単語をしっかり覚える

最初のステップとして、文法・単語を覚えましょう。

ここを勉強していないのは、本当にダメです。

 

文法・単語をある程度覚えていなければ、英会話はできるようになりません。

なぜなら、文法と単語は「英語のルール」だからです。

 

例えば「将棋を指そう」と思ったら、まずはルールを覚えますよね?

英語学習も同じで、ルールを覚えないことには上達しないのです。

 

特に英文法は非常に重要なので、必ず覚えましょう。

詳しくは、以下の記事がオススメです。

>>「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-

 

 

◆オススメの文法・単語の参考書(中学レベル)

まずは中学レベルから勉強したい人向けの参考書を紹介します。

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

中学レベルの文法参考書でおすすめなのが、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

英語の超基礎から学び直したい人向けの参考書ですね。

 

平易な言葉で解説されているので、中学生の頃から英語が苦手だったという人に非常におすすめの参考書です。

 

 

速読速聴・英単語 Basic 2400

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

中学レベルの単語は速読速聴・英単語 Basic 2400」がオススメです。

この単語帳は、英文の中に使われている単語を覚えていくタイプの単語帳です。

 

単語だけ覚えるよりも、英文の流れで単語を覚えた方が記憶に定着しやすいんですよね。

なので、「単語をなかなか覚えられない」という人にピッタリと言えます。

 

 

 

さらに言うと、音声CDも付いているため、リスニングの勉強もできます。

一石三鳥なので、中学レベルから鍛えたいという人に非常におすすめの単語帳です。

 

 

◆オススメの文法・単語の参考書(高校レベル)

次に高校レベルから勉強したい人向けの参考書を紹介します。

 

山口俊治 英文法講義の実況中継

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

2冊目が山口俊治 英文法講義の実況中継」です。

この参考書は、高校レベルの文法書です。

 

高校レベルの英文法は非常に難しいというイメージがあると思うんですが、山口 英文法で勉強すれば理解できます。

僕がTOEIC900点を取得できたのも、この参考書でミッチリ基礎を学んだおかげです。

 

中学レベルの文法を理解してから、山口英文法で高校レベルの英文法をマスターしましょう。

2冊あるんですが、分かりやすさ抜群なので、高校英語でつまずいた人にピッタリですね。

 

 

 

 

 

山口英文法の詳しいレビューは、以下の記事にまとめました。

TOEIC対策向けに書いた記事ですが、英会話をしたい人にも参考になると思います。

>>【TOEIC L&R】英文法が苦手な人におすすめの参考書はこれだ!

 

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

高校レベルの単語は速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がオススメ。

TOEIC対策の単語帳なんですけど、この単語帳をちゃんと網羅すれば、日常生活はもちろんのこと仕事でも十分通用する単語力を養えるでしょう。

 

先ほど紹介した単語帳と同様、英文の中で使われている単語を覚えていくタイプの単語帳で音声CD付きです。

 

 

これ1冊で、単語力はもちろんのこと、リーディング・リスニング力を鍛えることが可能です。

 

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800の詳しいレビューは、以下の記事にまとめました。

TOEIC対策向けに書いた記事ですが、英会話をしたい人にも参考になると思います。

>>【TOEIC L&R】 語彙力を増やしたい人に超おすすめの単語帳を紹介する

 

 

ステップ2:英語フレーズを覚える

 

英語の基礎ができたら、英語フレーズをインプットしましょう。

フレーズをインプットすればするほど、話せる英語の幅が広がっていきます。

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)

まずオススメなのがスタディサプリ ENGLISHです。

スタディサプリ ENGLISHでは、英語フレーズをミッチリ学べます。



僕もスタディサプリ ENGLISHで英会話の勉強をしているんですが、ドラマ仕立てになっていて英語フレーズが頭に入ってきやすいですね。

 

【参考画像】

 

 

スタディサプリENGLISHでは、最初に簡単なテストがあります。

その結果によって、自分のレベルに合った英語フレーズを学べるようになっているのです。

 

なので、自分のレベルが低すぎて挫折するということは起こりづらいかなと。

初心者から上級者まで満足いく教材だと思います。

 

ちなみに上の画像の英語は、7段階中レベル5なので難しい部類に入ります。

英語に苦手意識がある場合は、レベル1から始めましょう。

 

スタディサプリENGLISHは、スマホで勉強できるのが個人的にはポイントですね。

通勤・通学中などのちょっとしたスキマ時間にも勉強できるので、忙しい人にとっては大きなメリットかなと。

 

月額980円(税抜き)と有料ではありますが、1日に換算したらたったの33円くらいです。

1日33円で英会話が上達するなら安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので、課金をするかは、無料体験をして自分に合うかを確認してからにしてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング【MP3 CD付】

 

次にオススメなのが、NOBU式トレーニングです。

NOBU式トレーニングは中学英語のみで構成されていますが、この1冊をマスターすれば基本的な英会話はそれなりにできるようになるでしょう。

 

【参考画像】

 

紙の参考書の中では、最も英会話の勉強にオススメです。

本当に基礎中の基礎のフレーズを学べるので、英会話初心者には「NOBUトレーニング」はピッタリでしょう。

 

個人的には「スタディサプリ ENGLISH」と合わせて勉強すると、英語フレーズを大量にインプットできるので良いかなと思っています。


まとめ

英会話教室に通うだけでは、英会話は上達しません。

なぜなら、英会話教室はインプットした英語を実際に使う場所だからです。

 

つまりインプット学習をちゃんとしていなければ、英語を話せるようにはならないのです。

もしインプット学習をしていないなら、ちゃんとインプット学習をしましょう。

 

これをやるだけで成長速度が全く違ってきます。

 

ちなみに、今は英会話スクールに通うのではなく、「オンライン英会話」という選択肢もあります。

コスパを見るとオンライン英会話の方が圧倒的に良いので、格安で英会話したい人にオススメです。

 

詳しくは以下の記事がオススメです。

>> 徹底比較!「オンライン英会話」と「通学型英会話教室」の違いとは?

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-勉強ノウハウ

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.