英語を話せるようになる3つの勉強とは?-効果抜群の英会話上達法-

この記事が役に立つ人

◆英語を喋れるようになりたい人


「英語を喋れるようになりたい」

こう思っている人は少なくないでしょう。

しかし、どうやったら英語を話せるようになるのか分からない。

今回はそんな人へ向けた記事です。

この記事を読めば、英語を話せるようになるための勉強法をしっかりと理解できます。

僕自身、今回紹介する勉強法で「通訳案内士」の資格を取得できるレベルまでになったので、効果はお墨付きです。

では本題へ!

英語を話せるようになる3つの勉強法

英語を話せるようになるまでには、大きく分けて3つの勉強があります。

それが「基礎学習」、「書く練習」、「話す練習」の3つです。

【英語を話せるようになるための3つの勉強】

1:基礎学習

2:書く練習

3:話す練習

以上のような順番で勉強すれば、英語を話せるようになります。

では、それぞれのステップについて詳しく解説します。

英語の基礎学習

最初にやるべき勉強は、「英語の基礎学習」です。

要するに「文法を学ぶ」、「単語を覚える」、「発音を学ぶ」「英語を読む」、「英語を聴く」などの勉強を指します。

【英語の基礎学習とは】

◆文法を学ぶ

◆単語を覚える

◆発音を学ぶ

◆英語を読む

◆英語を読む

より分かりやすく言うと、TOEIC L&Rテストで最低でも600点くらい、できれば700点の取得を目指す必要があります。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

英語の基礎学習は非常に重要です。

「英語を話すのに、文法なんて必要ない」と言って、英語の基礎を軽視する人がたまにいますが、絶対にそんなことはありません。

なぜなら文法とは英語を話すためのルールだからです。

例えば、野球をするのに野球のルールを知ろうとしないなんて、ただのバカですよね。

英語の文法を学ばないのは、これと全く同じなのです。

英語の基礎をしっかりと身につけなければ、英語を話せるようにはなりません。

英語の基礎をすっ飛ばして英会話の勉強をするのは、近道のように見えてかなりの遠回りです。

最低でもTOEIC600点を目指すようにしましょう。

(できれば700点が望ましい)

【Point!】

◆英語の基礎学習をおろそかにすると、英語を話せるようにならない

◆最低でもTOEIC600点の英語力を目指すべき(できれば700点)

TOEICの勉強法については、以下の記事が詳しいです。

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

スポンサーリンク

英語を書く練習

英語の基礎が出来上がったら、英語を書く練習をします。

では、なぜ英語を書く練習をする必要があるのか。

それは、英会話とは頭の中で超高速で英語を書くことだからです。

【Point!】

英語を話す=頭の中で超高速で英語を書く

要するに、そもそも英語をスラスラ書けるようにならなければ、英語がスッと口から出てくることはないということです。

英語を書けるようになって、初めて英語を話せるようになるのです。

例えば「あなたを愛しています」は、英語でどのように言うか分かりますか?

おそらくほとんどの人が、何も考えることなく「I love you」と話せるでしょう。

なぜ何も考えずに「あなたを愛しています」を「I love you」に変換できるのか。

それは英語でも書けるからです。

つまり英語を喋れるようになるためには、「I love you」のように英語ですぐに書ける文章を増やしていくことが重要だということです。

ライティングの勉強は、基礎学習で学んだ英語を実際にスピーキングで使うための架橋のようなものかなと思います。

英語は読めるけど喋れない日本人が多いのは、英語を書く量が圧倒的に少ないからです。

ライティングという橋がないので、インプットした英語が向こう岸にあるスピーキングに移動できないのです。

以上のような理由から、英語の基礎がある程度出来上がったら、英語を書く練習が非常に重要になってきます。

*何を書いて良いか分からないと言う場合

その場合は「瞬間英作文」という勉強がオススメです。

瞬間英作文とは「日本語の文章を英語へと素早く訳す」というトレーニングです。

例えば、以下のような日本語の文があります。

【例文】

1:彼は東京で10年以上働いています。

2:これは何でできているんですか?

3:これは彼が書いた絵です。

これらの日本語を瞬時に英語へ訳す力を養うのが瞬間英作文です。

この勉強をすると、「日本語→英語」への変換をスムーズに行えるようになります。

詳細は以下の記事をどうぞ。

>>> 効果的な瞬間英作文のやり方を解説する-必ず知っておきたい3つのコツ-

英語を話す練習

ある程度、英語を書けるようになったら、いよいよ「英語を話す練習」をします。

英語を話す段階では、オンライン英会話を活用するのがオススメです。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> オンライン英会話って何?メリット・デメリットから注意点まで徹底解説!

この時に重要なのが、必ず予習をしてからオンライン英会話を受けるということです。

具体的に言うと、予習として英語を書いて、書いた英語をオンライン英会話で実際に使ってみましょう。

理由は、予習をすることにより自分が書いた表現が記憶に残りやすくなるからです。

【Point!】

必ず予習をした上で、オンライン英会話を受ける

最初のうちは、自己紹介文を英語で書いて、オンライン英会話の先生に自己紹介する練習をするのがオススメです。

自分のことは自分が1番よく知っているので、自己紹介は比較的書きやすいです。

さらに言うと、オンライン英会話では初めて受講する先生の場合、最初に自己紹介する流れになります。

そのため自然な流れで、自分が書いた英語を喋る練習ができます。

この勉強法は、僕が実際にやってみてかなり効果があると実感した方法です。

非常におすすめなので、ぜひトライしてみてください。

より詳しい勉強法は、以下の記事が詳しいです。

>>> 初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

ちなみに、どのオンライン英会話が良いか分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

まとめ

少し長くなったので、簡単にまとめます。

ステップ1:基礎学習

基礎学習をおろそかにすると、いつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

具体的には最低でもTOEIC600点、できれば700点を目指しましょう。

【オススメ記事】

TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

2:英語を書く

「英語を話す=頭の中で超高速で英語を書く」です。

そのため英語を書く勉強は、スピーキング力の向上に非常に効果的と言えます。

書くことが思いつかない場合は、瞬間英作文がオススメです。

【オススメ記事】

効果的な瞬間英作文のやり方を解説する-必ず知っておきたい3つのコツ-

3:英語を話す

英語を話す段階では、オンライン英会話を活用します。

この時に重要なのが、必ず予習をし英語を書いた上でレッスンを受けるということです。

最初のうちは自己紹介文を書いて、それをオンライン英会話で話してみるのがオススメです。

【オススメ記事】

オンライン英会話って何?メリット・デメリットから注意点まで徹底解説!

オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

以上が、英語を話せるようになる3つの勉強方法でした。

参考になれば嬉しいです。

では!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

英語を話せるようになる3つの勉強とは?-効果抜群の英会話上達法-
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!