勉強ノウハウ

英会話教室に通っているのに英語を話せるようにならない理由とは?

更新日:

この記事が役に立つ人

◆英会話教室に通っているのに英語を話せなるようにならない人


「英会話教室に通っているのに英語を話せないのは何でだろう?」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

 

確かに「英会話教室に通っているのに、なぜ。。」って人は多いですよね。

でもこの記事を読めば、全て解決します。

 

では本題へ!

 

スポンサーリンク

英会話教室に通うだけでは話せるようにならない理由

 

英会話教室に通っているのに、英語を話せるようにならない理由。

いくつか考えられますが、僕は以下の2つがほとんどだと考えています。

 

1:英語の基礎を理解していない

1つ目の理由が「英語の基礎学習をちゃんとやっていない」ということ。

「英会話をできるようになりたい」と思い立って、いきなり英会話教室に通う人は多いです。

 

しかし、このやり方では英会話は上達しません。

あくまでも文法や単語など、基礎学習をちゃんとやってからでないと、英会話はできるようにならないのです。

 

例えば、「将棋をやろう」と思ったら、まずルールを覚えると思います。

英語も同じで、基礎学習というルールをちゃんと覚える必要があるのです。

 

2:英語フレーズのインプットが不十分

2つ目の理由が「英語フレーズのインプットが不十分」ということ。

例えば、「もっと上手くできたはずなのに。。」と言いたい場合、「I could have done far better」のような英語フレーズを、あらかじめインプットする必要があります。

 

英会話教室に通っていても、いきなり「I could have done far better」というフレーズを使えるようになるわけではないのです。

インプットした英語しか、使えるようにはなりません。

 

英会話教室はアウトプットする場所

 

何を言いたいかというと、英会話教室は「インプットした英語をアウトプットする場所」ということです。

 

英会話教室は覚えた英語を実際に使う機会

繰り返しになりますが、英会話教室に通うだけでは英語を話せるようにはなりません。

あらかじめ「英語のインプット」をする必要があるのです。

 

僕の経験上、英語をたくさん覚えても、それを実際に使わない限り自由自在に使えるようにならないです。

実際に使って、ようやく血となり肉となるわけです。

 

つまり覚えた英語を実際に使って、頭にちゃんと定着させるのが英会話教室の本当の役割だということです。

 

レッスン前に英語をインプットしよう

「英会話教室に通っているのに話せるようにならない」

という悩みを抱えている場合、たいていインプット不足が原因です。

 

なので、レッスン前に必ず英語をインプットしましょう。

基礎学習をしていないかったのなら基礎学習をちゃんとすべきですし、覚えている英語フレーズが少ないなら英語フレーズを覚えるべきです。

 

英会話教室は、あくまでもアウトプットする場所です。

自主的にインプットをしなければ、永遠に英語を話せるようにはならないでしょう。

スポンサーリンク

英語の基礎学習にオススメの参考書・教材

 

「基礎学習が不十分だな」という場合は、まず文法と単語をしっかり覚えましょう。

オススメの参考書をいくつかご紹介します。

 

文法のオススメ参考書

まずは文法の参考書から紹介します。

「中学レベルから始めたい人向け」と「高校レベルから始めたい人向け」の2種類あります。

 

◆中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

最初におすすめなのが、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

英語の超基礎から学び直したい人向けの参考書ですね。

 

平易な言葉で解説されているので、中学生の頃から英語が苦手だったという人に非常におすすめの参考書です。

 

 

◆山口俊治 英文法講義の実況中継

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

2冊目が山口俊治 英文法講義の実況中継」です。

この参考書は、高校レベルの文法書です。

 

高校レベルの英文法は非常に難しいというイメージがあると思うんですが、山口 英文法で勉強すれば理解できます。

僕がTOEIC900点を取得できたのも、この参考書でミッチリ基礎を学んだおかげです。

 

中学レベルの文法を理解してから、山口英文法で高校レベルの英文法をマスターしましょう。

2冊あるんですが、分かりやすさ抜群なので、高校英語でつまずいた人にピッタリですね。

 

 

 

 

 

単語のオススメ参考書

次にオススメの単語帳を紹介します。

単語帳も「中学レベルから始めたい人向け」と「高校レベルから始めたい人向け」の2種類あります。

 

◆速読速聴・英単語 Basic 2400

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

中学レベルの単語は速読速聴・英単語 Basic 2400」がオススメです。

この単語帳は、英文の中に使われている単語を覚えていくタイプの単語帳です。

 

 

なので、単語を覚えながらリーディング力も鍛えられるのです。

さらに言うと、音声CDも付いているため、リスニングの勉強もできます。

一石三鳥なので、中学レベルから鍛えたいという人に非常におすすめの単語帳です。

 

 

 

◆速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

高校レベルの単語は速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がオススメ。

TOEIC対策の単語帳なんですけど、この単語帳をちゃんと網羅すれば、日常生活はもちろんのこと仕事でも十分通用する単語力を養えるでしょう。

 

先ほど紹介した単語帳と同様、英文の中に使われている単語を覚えていくタイプの単語帳で音声CD付きです。

これ1冊で、単語力はもちろんのこと、リーディング・リスニング力を鍛えることが可能です。

 

 

 

ミッチリ基礎を学びたいならTOEICの受験がオススメ

より英語の基礎をミッチリ学びたいという場合。

その場合は、TOEIC L&Rの受験がオススメです。

 

◆TOEICは英語の基礎を学ぶのに最適

TOEIC L&Rの勉強をすることにより、リスニングとリーディングの基礎的な力を養うことができます。

難易度も標準的で、実用的な英語を学べるため基礎学習にピッタリです。

 

僕が通訳案内士の資格を取得できるレベルの英会話力を身につけれらたのも、TOEIC L&Rの受験を通して英語の基礎をしっかり学んだからです。

 

TOEICについて、より詳しく知りたい場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

>> TOEIC L&Rテストを受験するメリット・デメリットを徹底解説する

 

◆TOEICの目標スコアは最低600点

目標スコアは最低600点くらいかなと。

できれば700点。

 

これくらいのスコアがあれば、英会話をするための基礎はできていると言えます。

海外旅行レベルであれば、全く問題ないでしょう。

 

ビジネスで使いたいのなら、最低でも800点くらい目指さないとキツイかなと。

詳しい勉強法については、以下の記事をチェックしてください。

>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

英語フレーズを覚えるのにオススメの参考書・教材

 

「英語の基礎はある程度できているけど、英語フレーズのインプットが足りない」

と感じている人は、以下の教材・参考書がオススメです。

 

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)

まずオススメなのがスタディサプリ ENGLISHです。

スタディサプリ ENGLISHでは、英語フレーズをミッチリ学べます。



僕もスタディサプリ ENGLISHで英会話の勉強をしているんですが、ドラマ仕立てになっていて英語フレーズが頭に入ってきやすいですね。

 

【参考画像】

 

 

スタディサプリENGLISHでは、最初に簡単なテストがあります。

その結果によって、自分のレベルに合った英語フレーズを学べるようになっているのです。

 

なので、自分のレベルが低すぎて挫折するということは起こりづらいかなと。

初心者から上級者まで満足いく教材だと思います。

 

 

スタディサプリENGLISHは、スマホで勉強できるのが個人的にはポイントですね。

通勤・通学中などのちょっとしたスキマ時間にも勉強できるので、忙しい人にとっては大きなメリットかなと。

 

月額980円(税抜き)と有料ではありますが、1日に換算したらたったの33円くらいです。

1日33円で英会話が上達するなら安いと思いませんか?

 

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

なので無料体験をして、自分に合うかを確認してから、課金するようにしてください。

>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング【MP3 CD付】

 

次にオススメなのが、NOBU式トレーニングです。

NOBU式トレーニングは中学英語のみで構成されていますが、この1冊をマスターすれば基本的な英会話はそれなりにできるようになるでしょう。

 

【参考画像】

 

紙の参考書の中では、最も英会話の勉強にオススメです。

本当に基礎中の基礎のフレーズを学べるので、英会話初心者には「NOBUトレーニング」はピッタリでしょう。

 

個人的には「スタディサプリ ENGLISH」と合わせて勉強すると、英語フレーズを大量にインプットできるので良いかなと思っています。


 

NOBU式トレーニング 英会話実践編

英会話に必要な瞬発力を身につける NOBU式トレーニング 実践編

 

2冊目にオススメなのが、NOBU式トレーニングの実践編です。

1冊目のNOBU式トレーニングと違い、これは名前の通り「実践編」となっています。

以下に該当する人にオススメですね。

 

【こんな人にオススメ】

◆単語や文法はそこそこわかるのに、会話になるとフリーズしちゃう人

◆なにか質問されても、パッと返せない、会話が続かない人

 

1冊目はフレーズを覚えることにフォーカスしている参考書ですが、実践編は「質問に答える練習」に特化しています。

なので、中級者向けかなと。

 

なので、とりあえずは「スタディサプリ ENGLISH」1冊目のNOBU式トレーニングで勉強するのがオススメです。

 

スポンサーリンク

通学型英会話教室よりオンライン英会話の方がオススメ

 

ここまで読み進めて、「英会話教室は覚えた英語をアウトプットする場」ということは分かってもらえたと思います。

むしろ英会話ができるようになるには、自習時間の方が大事なわけです。

 

英会話教室にわざわざ通う必要性は薄い

要するに、「英会話を教えてもらう」という訳でないので、わざわざ英会話教室に足を運ぶ必要性ってあまりないんですよね。

なので、個人的にはわざわざ英会話教室に通わなくても、オンライン英会話で十分かなと。

 

オンライン英会話はコスパが良い

今現在、何万円もかけて英会話教室に通っていませんか?

 

オンライン英会話は、平均月額6000円前後で、毎日25分のレッスンを受けられます。

かなりコスパが良いのです。

 

僕自身も英会話の練習は、オンライン英会話です。

自分の都合の良い時間に受けられる上、月額料金もかなり安いからです。

 

もし気になるなら、無料体験レッスンを受けられるので試しに受けてみるのがオススメです。

僕の利用しているDMM英会話では、2回無料体験レッスンができます。

 

なので、無料体験レッスンを受けて自分に合うかどうかを確認した上で、課金するかを決めてください。

>> DMM英会話の無料体験はこちら

 

 

他のオンライン英会話のことも知りたい場合は、以下の記事をチェックしてください。

>> オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

 

まとめ

英会話教室に通っても、英語を話せるようにならない理由。

それば「基礎学習」や「英語フレーズのインプット」をしていないことが原因です。

 

英会話は教えてもらうものではありません。

自習時間の方が重要なのです。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

RELATED

-勉強ノウハウ

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.