日本人が間違いやすい英語の発音はこれだ!

この記事が役に立つ人

◆英語の発音学習をしている人


オンライン英会話TOEIC S&Wの勉強をしていると、自分の話す英語の発音が気になるということがありませんか?

日本語と英語は、それぞれ発音が全く異なります。

実際、「日本人には通じるけど、外国人には伝わない」ということは珍しくありません。

そのため日本人にとって、英語の発音学習は非常に重要なのです。

そんな非常に重要な発音学習ですが、どの発音が難しいのかって分からないですよね。

そこでこの記事では、日本人が特に間違いやすい発音を紹介します。

では本題へ!

英語の発音を勉強するべき理由

最初に「発音学習をするべきなのか」について確認しておきましょう。

僕が考える英語の発音を勉強するべき理由は2つあります。

1:リスニング力向上のため

1つ目の理由は、リスニング力向上のためです。

先程も書きましたが、日本語と英語は発音が全く違います。

そのため英語の発音を学ばなければ、正確に英語を聞き取るのが難しいのです。

2:自分の英語を理解してもらうため

そして2つ目の理由は、自分が喋る英語を相手に理解してもらうためです。

繰り返しになりますが、日本語と英語の発音は大きく異なります。

そのため英語の発音を学ばずに、ちゃんと通じる英語を喋るというのは不可能なのです。

英会話をしたことのある人なら、「発音を間違えて言いたいことが伝わらなかった」という経験があるのではないでしょうか。

日本人が特に間違いやすい発音

では、日本人が間違いやすい発音には、どのようなものがあるのでしょうか。

特に間違いやすい英語の発音をピックアップして紹介します。

RとL

日本人が間違いやすい英語の発音の筆頭。

それが「LとRの音の区別」です。

例えば「Light(光)」と「Right(右)」は、日本語ではどちらもライトと読みます。

しかし英語の発音は、全く異なります。

Lightは「ライト」、Rightは「ゥライト」のような発音なのです。

日本人にとっては「大した違いないやん」って思いがちです。

が、外国の人にとってはかなり大きな違いです。

Rの音をちゃんと発音しないと、自分の英語が通じないということは珍しくありません。

なので、RサウンドとLサウンドの違いは、ちゃんと勉強した方が良いです。

Lサウンドの発音は簡単ですが、Rサウンドの発音は慣れるまで少し大変かなと思います。

Rサウンドをちゃんと発音できているかは、world(世界)、girl(女の子)、charlie(チャーリー)、birthday(誕生日)などの単語をちゃんと言えるかが基準かなと思います。

これらを発音できれば、Rサウンドはできていると言っても良いでしょう。

F

Fの音はgift、beef、fan、foodなどに使われています。

実はFの音は、日本語の「はひふへほ」ではありません

上前歯で下唇を軽く噛んだ状態で、フーと息を出した時の空気の流れる音がFの音です。

V

Vの音はvery、seven、heaven、fiveなどに使われています。

Vの音はFの音と同様に、上前歯で下唇を軽くかんだ状態で出します。

しかしFの音と違い、下唇を震わせながらヴッーと出す携帯のバイブのような音です。

これがVの発音です。

a

aの音も、かなり間違いやすいですね。

このaは発音記号で書くとӕにあたります。

aの発音は、僕が特に注意された発音の1つです。

これはどんな発音なのかというと、アとエの中間のような曖昧な音です。

例えばlaugh(笑う)は、ӕで発音します。

つまり「ラフ」と発音するのではなく「ラェァフ」のように発音するということです。

他にもglad(嬉しく思う)、have(持っている)、hat(帽子)などはӕを使った発音をします。

oa、ow [オゥ]

この音はroad、coat、low、growなどが該当します。

oa、owも意外と間違いやすい音です。

例えばroad(道)を日本人は「ロード」と発音しがちです。

しかしこれは間違いで、正確には「ロゥド」のように発音します。

つまり日本人は「ウ」を発音していない傾向があるということです。

ou、ow [アゥ]

この音はabout、round、down、nowなどが該当します。

これらの単語の発音って、一見簡単そうに見えるじゃないですか。

しかし僕は、この発音に関しても、かなり注意を受けました。

なぜ注意されたかというと、ちゃんと口を動かして発音をしていないかったからです。

aboutを例に挙げて説明すると、アバウトの「バ」で大きく口を縦に開けて、「ウ」は添える程度に発音する必要があるのです。

しかし僕は、口を縦に大きく開けてアバウトの「バ」を発音していなかったため、何回も注意されたのです。

僕たち日本人からすると、口を大きく動かしても動かさなくても大きな違いがないように思いがちですが、外国の人からするとけっこう大きな差があるようです。

日本人は「口を動かさなさ過ぎる」ということなので、口を大きく動かすことを意識しましょう。

英語の発音は、口のポジションが非常に重要です。

ng

ngの音は、young(若い)、 sing(歌う) bring(持っていく)などが該当します。

ngも簡単そうに見えて、実は発音を間違いやすいです。

この音はングと発音している人が多いのですが、「グ」は添える程度でハッキリとは発音しません

「グ」の音は、すっごい弱いグなのです。

気持ち程度に「グ」をくっつけるくらいで大丈夫です。

th

thinkのthも、日本人がかなり間違いやすい音ですね。

実はthinkのthは、舌の先を前歯で軽く噛んで、息を吐き出しながら舌を引っ込めた時に出る空気の抜けるような音なのです。

そのため、thinkは「シンク」と発音してはいけません。

「シンク」と言うと、thinkではなく「shink」のように聞こえてしまいます。

他にもthサウンドとは、birth、thousand、teethなどに使われているので気をつけましょう。

スポンサーリンク

発音学習のお勧め参考書

最後に発音学習にオススメの参考書を2冊紹介します。

1:CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

発音学習の最初に勉強するべき参考書がCDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKです。

これ1冊で、英語の発音の基礎を習得することができます。

僕の知る限り、これ以上の発音参考書はないですね。

簡単で理解しやすい解説に加え、「発音する時の口の形」がイラストで書かれているので視覚的にも分かりやすいです。

TOEIC S&Wで高得点を目指しているという方、オンライン英会話をやっているけど聞き返されることが多いという方には特にお勧めです。

発音学習をすればリスニング力も上がりますし、聞き取りやすい英語を喋れるようになります。

フォニックスに関する詳しいレビューは以下の記事にまとめたので、興味があればチェックしてみてください。

>>> 英語の発音学習ならフォニックスが断然おすすめ!

英語耳 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳では、発音記号を学ぶことができます。

発音記号とは、単語の横に書いてあるӕ、ɑ、ʌ、ə、ɔ、ʃ、ʒ、θ、ð、ŋ、jのような記号のことですね。

発音記号は知っていると、かなり便利です。

例えば単語帳には、必ず発音記号が書かれていますよね?

発音記号の読み方を知っているだけで、単語を覚えながら正しい発音を知ることが可能なのです。

英語耳 発音ができるとリスニングができるは薄い参考書なので、2、3日で勉強が終わってしまいます。

なので、発音をしっかりと学びたい場合は、CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKとあわせて勉強するのがオススメです。

どちらも勉強するのは大変と言う場合。

その場合は、CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKが断然お勧めです。

なぜかというと、これ1冊で発音の基礎知識を学べるからです。

余裕があるのであれば、発音記号を学べる英語耳 発音ができるとリスニングができるも勉強した方が良いですが、どちらか1冊を選ぶのであればCDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKの方が個人的にはオススメです。

【1番おすすめの発音参考書】

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

【余裕があれば一緒に勉強したい】

英語耳 発音ができるとリスニングができる

ちなみに音声通訳 Proというアプリを使って、「正しい発音ができているか」を確認しながら勉強する、とさらに効果的です。

「ちゃんと発音できている」と思っていても、意外と出来ていなかったりするので、注意してください。

詳しいアプリのレビューは以下の記事に書きました。

>>> 簡単にできる自分の英語の発音が正しいか確認する方法

まとめ

少し長くなったので、まとめておきます。

発音を勉強する理由

発音を勉強する理由は、以下の2つです。

【発音学習をする理由】

1:リスニング力を向上させるため

2:自分の英語が伝わりやすくするため。

日本人が特に間違いやすい発音

日本人が特に間違いやすい発音はRとLの使い分け、f、v、a、oa、ou、ow、th、ngなど。

他にも間違いやすい発音はあるので、参考書でしっかりと学んだ方が良い。

お勧めの発音参考書

お勧めの参考書は、以下の2冊。

どちらか1冊を選ぶなら、CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOKの方がオススメ。

1:CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK

2:英語耳 発音ができるとリスニングができる

自分の発音を確認する方法

音声通訳 Proというアプリで、自分の発音が正しいか確認しながら勉強を進めると効果的。

以上が、日本人が特に間違いやすい英語の発音でした。

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたい人気記事

【人気記事】

【朗報!】簡単にできる英語学習を長続きさせる4つのコツ

「Hulu」 VS 「 Amazonビデオ」 英語の勉強するならどっちが良い?

【発音学習の記事】

リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

簡単にできる自分の英語の発音が正しいか確認する方法

オンライン英会話を使った効果的な発音学習のやり方を紹介する

その他の英語学習ハックの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他の英語学習ハックの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

日本人が間違いやすい英語の発音はこれだ!
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!