【社会人向け】最短ルートで英語を上達させる勉強法とは?

この記事が役に立つ人

◆英語の勉強を始めようと思っている社会人


「英語をできるようになりたいなぁ」

こう考えている社会人は、かなり多いと思います。

企業の採用ではTOEICのスコアが重視されることが多くなってきているので、英語力を上げたいと考える人が増加傾向なのも当然でしょう。

そこでこの記事では、社会人向けの英語学習法についてまとめてみました。

僕の経験を踏まえて書いているので、多少は参考なるかと思います。

では本題へ。

最初に知っておくべきこと

これから英語を勉強する上で、最初に知っておいてほしいことがあります。

それは「簡単に英語は上達しない」ということです。

少なく見積もっても、英語の上達を実感できるまでには数ヶ月かかります。

数日、数週間で効果を実感できることはまずありません。

これから紹介する英語学習法は、あくまでも最短ルートで英語力を上げる方法で、「簡単かつすぐに英語力を上げる方法ではない」ということに注意してください。

「聞き流すだけで、簡単に英語が聞き取れるようになります!」みたいな勉強法は、この世に存在しません。

コツコツと勉強するしか、英語力は上がらないのです。

騙されないようにしましょう。

社会人が英語を上達させる最短ルート

この記事中の英語を上達させる方法とは、「日常生活または仕事における英語でのコミュニケーションをそこそこできるようになるための勉強法」を指します。

この目標を達成させるには、以下の2つの勉強をしていきましょう。

【勉強順】

ステップ1:TOEIC L&Rで最低700点取得(できれば800)

ステップ2:オンライン英会話またはTOEIC S&W

▼TOEIC L&Rが重要な理由

最初に勉強すべきなのが、TOEIC L&Rです。

英会話をできるようになるには、まず「リスニング力」と「リーディング力」をある程度のところまで上げる必要があります。

TOEIC L&Rは、「リスニング力」と「リーディング力」を測る試験です。

つまりTOEIC L&Rを受験することにより、「リスニング力」と「リーディング力」を効率的に養うことができるのです。

よく「TOEICができなくても、英会話をできる人はいる」って言う人がいるんですけど、あれは完全に嘘です。

英語を聞き取れないのに、英会話をできるわけがありません。

(詳しくは以下の記事参照)

>>>「TOEIC」と「英会話」どっちを先に勉強するべき?

一見遠回りのように感じますが、TOEIC L&Rの勉強をすることは英語を話せるようになるための近道なので、きちんとやった方が良いです。

目標スコアは最低でも700点、できれば800点くらいを目指しましょう。

TOEIC L&Rの勉強法については、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

▼オンライン英会話またはTOEIC S&Wが重要な理由

TOEIC L&Rで700点を取れるようになれば、英語の基礎はある程度できていると言えます。

ここまできたら、スピーキングの特訓に力を入れていきましょう。

では、スピーキング力を上げるには何をすべきか。

僕がオススメしているのは「TOEIC S&Wの受験」または「オンライン英会話」です。

◎TOEIC S&W

TOEIC S&Wは、スピーキングとライティングの試験ですね。

ライティングは英会話と関係ないと思われがちですが、実は「自分が書ける英語」しか話すことはできません。

つまりTOEIC S&Wの受験により、ライティング力が上がり、その結果スピーキング力の向上も期待できるのです。

ちゃんとスピーキング力とライティング力が上がるように試験が作られているので、着実に英語力を上げていきたい人に向いている試験です。

>>> TOEIC S&Wとはどんな試験なのか-初心者向けに徹底解説-

◎オンライン英会話

次におすすめなのが、オンライン英会話。

オンライン英会話は、無料通信アプリSkypeを使ったPC・スマホでできる英会話レッスンです。

オンライン英会話は、名前の通り「英会話のレッスン」です。

月額5000〜6000円で、25分のレッスンを毎日受けることができます。

ただしTOEIC S&Wと違い、目的意識を持ってレッスンを受けないと英会話力の向上はあまり望めません。

ジェスチャーは上手くなったけど、英会話は上達しなかったということもあり得ます。

初心者向けの効果的なオンライン英会話の受け方については、以下の記事に詳しくまとめました。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>>【初心者向け】簡単で効果的なオンライン英会話の受け方とは?

スポンサーリンク

社会人が英語を勉強する際に心がけるべきこと

社会人が英語を話せるようになるまで英語力を上げるには、最初に「TOEIC L&R試験で最低700点を取れるくらいの基礎力をつけることが重要」だとお分りいただけたと思います。

もちろんTOEIC900点に比べれば、700点はハードルが低そうに感じますが、社会人の場合700点を取るのも意外と苦労すると思います。

なぜかというと、勉強時間を作り出すのが難しいからです。

「仕事で疲れた」とか「残業時間が長すぎる」といったことが原因となり、勉強時間がどうしても少なくなってしまうんですよね。

そこで意識したいのが、「スキマ時間の有効活用」です。

通勤中やお昼休みなどのちょっとした時間を英語学習に使うことを意識してください。

断言しても良いですが、スキマ時間の有効活用をしなければ、なかなか英語は上達しません。

「ちょっと時間ができたら英語の勉強をする」という意気込みで頑張りましょう。

繰り返しになりますが、「聞き流すだけで、英語力アップ!」みたいな魔法のような勉強法はありません。

コツコツ勉強するしか、英語力は上がらないのです。

今は「スタディサプリ ENGLISH」のようなTOEIC対策アプリもあるので、スキマ時間で勉強しやすくなっています。

有料ではあるものの、ずっと使い続けるわけではないですし、1ヶ月や3ヶ月と決めて勉強をすれば十分に元は取れるでしょう。

月額2,980円なので、1日に換算したら、たったの96円です。

1日96円でTOEIC初心者を卒業し、TOEIC700点、800点に近づくのであれば、安いと思いませんか?

スタディサプリENGLISHは、1週間の無料体験をできます。

興味があれば、チェックしてみてください。

>>> スタディサプリ ENGLISHの無料体験はこちら



ちなみにスタディサプリ ENGLISHの詳しい体験談については、以下の記事に書きました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEIC900点の僕が「スタディサプリ ENGLISH」の体験談を書いてみた

まとめ

社会人が英語を上達させる場合、以下のステップで勉強を進めましょう。

英会話に関係なそうに感じますが、TOEIC L&Rの勉強をすっ飛ばさないようしてください。

TOEIC L&Rの勉強は、英語の基礎を固めるのに非常に重要です。

【社会人向けの英語学習】

1:TOEIC L&Rの受験(目標:最低でも700)

2:TOEIC S&Wの受験またはオンライン英会話

そして社会人が英語の勉強をする場合、スキマ時間の有効活用が必須となります。

チリも積もれば山となる方式で、時間が経過するにつれて大きな差となって現れてくるのです。

参考になれば嬉しいです。

では!

スポンサーリンク

フォローする

【社会人向け】最短ルートで英語を上達させる勉強法とは?
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!

RELATED