徹底解説!英語がペラペラになるための3つのコツ

この記事が役に立つ人

◆英語がペラペラになりたい人


「これ、英語でなんて言うんだろう」

この悩みは、英語を話せるようになりたいと思う人が必ずぶつかる問題でしょう。

オンライン英会話を受講している人やTOEIC S&Wの勉強している人は、特に「あー、あるある」と共感してくれると思います。

そこでこの記事では「これは、英語でなんて言うんだろう」という悩みを解決し、英語がペラペラになるためのコツについてまとめました。

英語がペラペラになるための3つのコツ

実は英語がペラペラになるためのコツが3つあります。

それが「英単語をたくさん覚えようとしない」、「自分が知っている英語で言い換える」、「100%を追求しない」というものです。

【英語がペラペラになる3つのコツ】

1:単語をたくさん覚えようとしない

2:自分が知っている英語で言い換える

3:100%の正しさを追求しない

たった3つのコツを心がけるだけで、英語ペラペラに近づくことができます。

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

英単語をたくさん覚えようとしない

1つ目のコツが「英単語をたくさん覚えようとしない」です。

「これ、英語でなんて言うんだろう」という悩みにぶつかった時にやりがちなのが、「もっと単語を覚えよう」とすることです。

例えば「ミスを引きずなよ」と英語で言いたいとします。

「引きずる」って、英語で何て言うか分かりますか?

ちなみに僕はわかりません。

そこで「引きずるって英語でなんて言うんだろう」と調べます。

どうやら「ミスを引きずるな」は「Stop dragging your mistakes!」と言えるようですね。

出典:DMM英会話 英語でなんてuKnow?

しかし「dragなんて知らねーよ」って思いませんか?

僕はTOEIC900点のスコアを持ってますし、通訳案内士の資格も持っていますが、知らない単語でした。

英会話の勉強をしていると、こういうことって頻繁に起きますよね?

【英語表現がわからなかった時にやりがちなこと】

1:これ英語でなんて言うんだろう?

2:分からないから調べよう

3:これは英語で〇〇って言うんだ!

しかし、これだと限界があります。

例えば「二日酔いなんだ」って英語でなんて言うか分かりますか?

「ぶっつけ本番」って英語でなんて言うか分かりますか?

このように日常生活の単語ですら、分からない単語はたくさんあります。

そのたびに辞書で調べていたらキリがありません。

まず「英単語を覚えまくろう」という思考を捨て去りましょう。

実は英語がペラペラになるには、英単語を覚えまくることよりも、もっと重要なことがあるのです。

(詳細は2つ目のコツで)

自分が知っている英語に言い換える

2つ目のコツが、「自分が知っている英語に言い換える」です。

先ほど「単語を覚えまくるという思考を捨てよう」と書きました。

では、どうすれば良いのかというと「自分が知っている英語に言い換える」ようにしましょう。

先ほどの「ミスを引きずるなよ」を例に説明します。

「ミスを引きずるなよ」は、英語でいうと「Stop dragging your mistakes!」らしいです。

ほとんどの人は、drag(引きずる)という単語を知らないでしょう。(知ってたらゴメン)

そこで、dragを使わずに「ミスを引きずるなよ」を自分の知っている単語だけで、表現できないかを考えます。

僕が最初に思いついたのは「Forget your mistakes!」です。

「ミスを忘れろ」という意味ですけど、「ミスを引きずるな」とほとんど同じような意味ですよね?

dragという単語よりもforgetの方が、知っているという人の方が多いはずです。

「Forget your mistakes!」なら言えそうだなと思った人は、多いのではないでしょうか。

言い換えを意識すれば「二日酔いなんだよね」だって、二日酔いという単語が分からなくても「I drank too much yesterday.(昨日、飲みすぎちゃった)」と言えます。

さらに「ぶっつけ本番なんだ」も「I didn’t have time to practice at all.(練習する時間が全然なかったよ)」と表現することができてしまいます。

このように「知っている英単語だけで、表現できないか」を考えることは、英語をペラペラ話すためには非常に重要な考え方なのです。

スポンサーリンク

“100%の正しさ”を目指さない

3つ目のコツが「100%の正しさを追求しない」です。

日本人にありがちなのが、「間違えたら恥ずかしい」という考えです。

ハッキリ言うと、この考えを持っていると英語は上達しません。

なぜかというと、完璧な英語を話すのは、ほとんどの日本人には無理だからです。

小さい頃はアメリカに住んでて〜という人だったら話せるかもしれません。

しかし、ほとんどの人は無理です。

100%正しい表現を求めてしまうとキリがありません。

日本人にとっては英語は第二言語です。

100%正しい表現を目指すのは、かなりハードルが高い上にコスパも良くないです。

英語は「コミュニケーションのツールに過ぎない」ということを忘れてはいけません。

とりあえず「間違えながら、覚えていこう」というスタンスでいないと、精神的にもキツいし上達も遅くなってしまいます。

小さい頃、自転車の練習をした人なら分かると思いますが、転びなから自転車の乗り方を覚えましたよね?

英会話も同じです。

失敗しながら覚えていくものなのです。

まとめ

最後にこの記事の要点をまとめます。

1:単語をたくさん覚えない

「これ、英語でなんて言うんだろう」と思っても、英単語をたくさん覚えて解決しようとしないでください。

「単語を覚えまくろう」という思考を捨て去らないと、莫大な量の英単語を覚えなければならなくなります。

これではいつまで経っても英会話は上達しません。

2:自分が知っている英語に言い換える

「これ、英語でなんて言うんだろう」と思ったら、自分が知っている英語で言い換えられないかを考えましょう。

意外と知っている英語で、表現できることは多いです。

ちなみに以下の「英語の言い換え」については、以下の本がオススメ。

簡単な言葉で書いてあるので理解しやすいです。

TOEIC600点以上の基礎力があれば、参考になることが多いと思います。

3:100%の正しさを追求しない

日本人は100%正しい英語を話せません。

完璧を目指すのは、コスパが悪いのでやめましょう・

とりあえず「間違えながら、覚えていこう」というスタンスの方が、英会話の上達は早いです。

以上、英語がペラペラになるための3つのコツでした。

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたい人気記事

【オンライン英会話の選び方】

オンライン英会話はどれがおすすめ?-料金からサービスまで徹底比較-

僕がDMM英会話を選んだ5つの理由(口コミ体験談)

無料体験レッスンを受けられるおすすめオンライン英会話5選

【オンライン英会話勉強法】

初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法

オンライン英会話の前は必ず予習するべき!-予習する3つのメリット-

オンライン英会話に効果的!必ずやるべきオススメ瞬間英作文5選

オンライン英会話を使った効果的な発音学習のやり方を紹介する

オンライン英会を100回以上受けてわかった知ってると便利なフレーズ50選

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

徹底解説!英語がペラペラになるための3つのコツ
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!