TOEIC900点&通訳案内士の管理人による英語学習情報サイト

英語学習の処方せん

英語学習

英語の基礎はどこから勉強すれば良い?A.英文法、英単語、発音です!

投稿日:

この記事が役に立つ人

◆英語の基礎から勉強したい人


 

「英語の基礎を勉強したいんだけど、どこから勉強すれば良いんだろう?」

この記事では、こんな疑問にお答えいます。

 

僕はTOEIC900点・通訳案内士資格を持っているので、英語学習に関してはそれなりに知見があります。

なので、多少は参考になるかと。

 

では本題へ!

 

 

スポンサーリンク

英語の基礎はどこから勉強すべきか

英語の基礎はどこから勉強すべきか

 

英語の基礎とは何を指すのかというと、「英文法」、「英単語」、「発音」の3つです。

 

人によって英語の基礎の定義は違うのですが、僕はこの3つが特に重要だと考えています。

 

【英語の基礎とは?】

  • 英文法
  • 英単語
  • 発音

 

これら3つを英語学習の最初の段階で勉強しましょう。

初期のステップで勉強しておくと、その後の英語力の伸びがかなり変わってきます。

 

英文法が重要な理由

英文法は英語のルールなので非常に重要です

例えば、将棋をやろうと思ったら、まずは将棋のルールを覚えますよね?

 

それと同じイメージで、英語も英文法というルールを覚える必要があります。

 

英文法は英語学習の基礎中の基礎です。

必ず勉強しましょう。

 

たまに「英文法の勉強なんていらないよ」という人がいますが、それは完全にウソです

真に受けないようにしてください。

 

英文法の重要性については、以下の記事に詳しくまとめました。

ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

>>「英文法の勉強はいらない」は本当か?-120%大ウソです-

 

英単語が重要な理由

英文法と同様、英単語も非常に重要です。

 

言うまでもないですが、英単語を覚えてないと何も分かりません。

英語を聞き取ることもできないし、読むこともできない、書くこともできない、話すこともできません。

 

英単語を覚えていないと、何も分からないのです。

なので、英語を学び直す最初の段階で一気に覚えてしまいましょう。

 

発音が重要な理由

発音を勉強しないと、自分の言いたいことが伝わりません

「カタカナ英語でも通じるよ」と言う人もいますが、カタカナ英語では伝わらないです。

 

例えば、「Right(右)」と「Light(光)」は、カタカナ英語ではどちらも「ライト」です。

しかし、実はこれらの発音は異なります。

 

「カタカナ英語でも通じるよ」と言っている人は、「カタカナ英語」と「日本語訛りの英語」を混同していることが多いです。

 

カタカナ英語を使う人は、基本的な英語の発音ルールを分かっていません。

しかし、日本語訛りの英語は、基本的な英語の発音ルールは分かっているので、訛ってはいるけど伝わるんです。

 

さらに言えば、発音ルールを分かっていないと、リスニング力も上がりません。

発音を勉強していないデメリットは大きいので、初期の段階でちゃんと勉強しましょう。

 

発音学習の重要性については、以下の記事をどうぞ。

>> 英語の発音学習がいらないって本当? ウソなので効果的な勉強法を解説します

 

 

英語の基礎学習のやり方

英語の基礎学習のやり方

 

英語の基礎学習では、特別な勉強法などは特にないです。

ひたすら覚えましょう。

 

英文法のおすすめ教材・参考書

まず英文法のおすすめ教材・参考書から紹介します。

 

中学レベルの英文法から勉強したい場合

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

こんな方におすすめ

  • 中学レベルの英文法から学び直したい
  • 中学生の頃から英語が苦手だった

 

中学レベルの英文法から学びたいのであれば、「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」が1番オススメです。

 

たぶん、この教材よりも簡単な英文法の参考書はないです。

とても簡単な英語で解説されているので、英語に苦手意識があった人でも取り組みやすいと思います

 

 

高校レベルの英文法から勉強したい場合

山口俊治 英文法講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

こんな方におすすめ

  • 高校レベルの英文法から勉強したい
  • 中学英文法は分かる

 

高校レベルから勉強したい場合は、「山口俊治 英文法講義の実況中継」がオススメです

 

中学レベルと高校レベルに差がありすぎて、「高校生の頃から英語が苦手になってしまった。。」という人は多いのではないでしょうか?

 

そんな人にオススメなのが、「山口俊治 英文法講義の実況中継」です。

僕も高校レベルの英文法に苦手意識があったのですが、大人になってから山口英文法で勉強したら理解できるようにました。

 

イラストを交えつつ、簡単な言葉で解説してくれているので、高校レベルの英文法だとお手上げという人でも勉強しやすいと思います。

 

2冊構成になっているというデメリットはあるのですが、とても分かりやすいので本当にオススメです。

 

 

 

 

英単語のおすすめ教材・参考書

次に英単語のおすすめ教材・参考書から紹介します。

 

中学レベルの英単語から学びたい場合

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

こんな方におすすめ

  • 中学レベルの英単語から勉強したい
  • 中学生の頃から英語が苦手だった

 

中学レベルの英単語から学びたい場合は、「速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 」がオススメです。

この単語帳は、英文の中で使われている単語を覚えていくタイプの単語帳です。

 

 

 

ただ単語が羅列されているだけだと英単語って覚えにくいんですけど、「英文の中で使われている単語を覚えていく単語帳」だと格段に記憶に定着しやすいです。

 

単語を覚えながらリーディング力も鍛えられるので、非常にオススメです。

 

さらに言うと、音声CDも付いているため、リスニングの勉強もできます。

一石三鳥なので、中学レベルから鍛え直したい社会人には特にオススメの単語帳です。

 

勉強法としては、以下のステップでやるのがオススメです。

 

【オススメ勉強法】

  • 英文を読みつつ単語を覚える
  • リスニング音声を聴く
  • 音声をマネしながら音読する

 

 

 

高校レベルの英単語から学びたい場合

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

こんな方におすすめ

  • 高校レベルの英単語になるとお手上げ
  • 中学レベルの英単語なら分かる

 

高校レベルの単語を学ぶなら速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800」がオススメです。

これは先ほど紹介した単語帳の姉妹本ですね。

 

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

 

TOEIC対策の単語帳なんですけど、この単語帳をちゃんと勉強すれば、日常生活はもちろんのこと仕事でも十分通用する単語力を養えます。

 

先ほど紹介した単語帳と同様、英文の中に使われている単語を覚えていくタイプの単語帳で音声CD付きです。

これ1冊で、単語力はもちろんのこと、リーディング・リスニング力を鍛えることが可能です。

 

先ほど紹介した参考書と同様、以下のステップで勉強するのがオススメです。

 

【オススメ勉強法】

  • 英文を読みつつ単語を覚える
  • リスニング音声を聴く
  • 音声をマネしながら音読する

 

 

 

発音のおすすめ教材・参考書

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

こんな方におすすめ

  • 発音の勉強をしたことがない人

 

 

発音学習で1番オススメなのが、「フォニックス<発音>トレーニングBOOK」です。

発音の勉強をしたことがない人は、この参考書から勉強しましょう。

 

フォニックスは、発音する際の「口の形」や「舌の位置」がイラストで書いてあるので理解しやすいです。

 

フォニックスはもともと子ども向けということもあり、簡単な言葉で解説されているので、発音学習初心者でも分かりやすいと思います。

 

カタカナ英語だと、自分が言いたいことは伝わりません。

伝わる英語を話すためには、最低限の発音ルールを学ぶ必要があるのです。

 

また、発音学習をすることにより、リスニング力も上がります。

勉強する前と後では、全く英語の聞こえ方が違うので、是非この感覚を体感していただけたらなと思います。

 

 

そのほかのオススメ発音参考書については、以下の記事にまとめました。

興味があればぜひ。

>> 英語の発音学習にオススメの教材・参考書をTOEIC900点の僕が紹介します

 

【追記】

発音学習は、自分の発音が合っているかを確認しながらやりましょう。

Google翻訳で発音をチェックできるので、フォニックスと一緒にGoogle翻訳を使うのがオススメです。

 

Google翻訳の使い方については、以下の記事がオススメです。

>> 自分の英語の発音が正しいか確認する方法

 

 

スポンサーリンク

英語の基礎をしっかり身につけたいならTOEICの受験がオススメ

英語の基礎をしっかり身につけたいならTOEICの受験がオススメ

 

ここまで英語の基礎として、以下の3つを勉強するように書いてきました。

 

【英語の基礎】

  • 英文法
  • 英単語
  • 発音

 

で、これらの基礎を効率的に身につけるには、TOEIC L&Rの受験がオススメです。

 

TOEIC L&Rを受験すると英語の基礎がしっかり身につく

TOEIC L&Rの受験は、英語の基礎学習にピッタリです。

なぜかというと、TOEICスコアが上がるにつれて、着実に英語の基礎力が身につくように作られているからです。

 

僕も英語の勉強はTOEIC L&Rの受験から始めました。

僕の経験から言うと、TOEICである程度のスコアを取ってから英会話の勉強をした方が、英会話力は伸びやすいです。

 

理由は英語の基礎を分かっているからです。

英会話=応用なので、基礎が分かっていないと上達しないというわけですね。

 

TOEICは英語の基礎を学べるだけでなく、自分の市場価値が上がる

TOEIC受験のメリットは、英語の基礎を学べるだけではありません。

自分の市場価値も上がります。

 

例えば、TOEIC700点を持っていると、希望する会社に転職しやすいというデータがあります。(詳しくは以下の記事)

>> TOEIC700点って転職に有利なの?-ホントのところを徹底解説-

 

このようにTOEICを受験するメリットは非常に高いです。

個人的には、英語の基礎学習にはTOEIC受験がもっともオススメです。

 

TOEIC600点くらいを取れれば、英会話をするための基礎はできるので、まずはTOEIC600点を目指すのが良いでしょう

 

詳しいTOEIC の勉強方法については、以下の記事をどうぞ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

 

まとめ

英語の基礎学習は、以下の3つです。

 

【英語の基礎】

  • 英文法
  • 英単語
  • 発音

 

「英語を勉強したい!」という人は、まずはこれらを勉強しましょう。

初期の段階で勉強しておくと、英会話の勉強もスムーズにできます。

 

おすすめはTOEIC L&Rの受験です。

スコアが上がるにつれ、自然と基礎が身につきます。

 

詳しい勉強法については、以下の記事をどうぞ。

>>【初心者向け】TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

RELATED

-英語学習

Copyright© 英語学習の処方せん , 2018 All Rights Reserved.