TOEICで何点取れれば、英語で日常会話をできるのか解説する

この記事が役に立つ人

◆TOEICと英会話力の関係性を知りたい人


「TOEIC L&R(以下:TOEIC)でどれくらいのスコアを取れたら、日常英会話をできるんだろう?」

英語で日常会話をしたい人にとっては、確かに気になりますよね。

そこでこの記事では、「TOEICで何点取れたら英語で日常会話をできるか」についてまとめてみました。

では本題へ!

TOEICができても英会話はできない

よく勘違いしている人がいるのですが、TOEICでハイスコアを取れても英語を話せるようにはなりません

900点を取れても、まともに英語を話せない人は珍しくないのです。

実は僕も「TOEICのスコアだけ高い人」でした。

TOEIC900点を取れれば英語はペラペラになるだろうと思っていたのですが、900点に到達してもペラペラとは程遠いものだったのです。(詳しくは以下の記事)

>>>TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

今ではそこそこ英語を話せるようになりましたが、この経験から

「TOEICのスコアだけで英会話をできるか判断できない」

と自信をもって言えます。

ただし僕が言いたいのは、

「TOEICなんて意味ないから、英会話の練習だけしてろ」

ということではありません。

むしろTOEICである程度のスコアを取れないと英会話はできないので、まずはTOEICの勉強を一生懸命することをオススメします。

英会話の練習は、TOEICをできるようになってからの方が絶対に良いです。

スポンサーリンク

英会話よりTOEICの勉強をするべき理由

なぜ英会話よりもTOEICの勉強をするべきなのか。

それはTOEICが、英語の基礎を学ぶのに最適な試験だからです。

TOEICができないということは

「リスニング力が低く、英語を聞き取れない」

「単語力や文法の理解も不十分なので、相手の言っていることを理解できない」

ことを意味します。

こんな状態で、英会話をできると思いますか?

まず無理ですよね。

「TOEICはできないけど、英会話はできる」という人は絶対にいません。

しかし「TOEICができる」かつ「英会話もできる」人はたくさんいるのです。

オンライン英会話のホームページなどで、

「オンライン英会話でTOEICのスコアが100点アップ!」

のように宣伝されていることがありますが、あれは嘘だと思った方が良いです。

英語の基礎ができていない状態で英会話をしても、英会話は上達しません。

(詳しくは以下の記事参照)

>>> TOEICすらできない人は英会話もできないという話

英語で日常会話をしたいのであれば、まずは英会話よりもTOEICの勉強です。

英語の基礎を固めないことには、日常英会話は夢のまた夢です。

日常会話をするための目標スコアとは

日常英会話をするには、最低でもTOEICで700点程度を取る必要があります。

700点と言わず、できれば800点くらい取れた方が良いかなと。

日常英会話をしたいのであれば、とりあえずTOEIC700点を目指しましょう。

まずは700点に到達しなければ、英語で日常会話をするためのスタートラインにすら立てません。

【Point!】

最低でもTOEIC700点を目指そう(できれば800点)

目標スコア到達後の勉強法

TOEICで700点、800点を取れたら、いよいよ英会話の練習です。

英語で日常会話をしたいのであれば、以下の2つの勉強をしましょう。

1:瞬間英作文

1つ目が瞬間英作文。

瞬間英作文とは、「日本語文を素早く英語に変換するトレーニング」です。

例えば、以下のような日本語の文があります。

1:彼は東京で10年以上働いています。

2:これは何でできているんですか?

3:これは彼が書いた絵です。

実はTOEIC900点の人であっても、瞬間英作文のトレーニングをしなければ、瞬時に日本語を英語へ変換できません。

すばやく日本語を英語へ変換できるようになることが、英会話力を向上させるのです。

変換できる英語が増えれば増えるほど、話せることも増えていきます。

オススメの参考書は以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> オンライン英会話に効果的!必ずやるべきオススメ瞬間英作文5選

2:オンライン英会話

2つ目がオンライン英会話。

オンライン英会話とは、無料通信アプリ「スカイプ」を利用した英会話レッスンです。

月額6000円程度で毎日25分のレッスンを受けられることが特徴です。

(詳しくは以下の記事参照)

>>>オンライン英会話って何?メリット・デメリットから注意点まで徹底解説!

オンライン英会話は、ちゃんと「英語を話している」という実感を得られるので非常に楽しいですね。

楽しいので、勉強のモチベーションを保ちやすいです。

ただしオンライン英会話は、

「今日は〇〇という表現を使ってみよう!」

というように目的意識を持って勉強しなければ上達しづらいので気をつけましょう。

オンライン英会話に慣れてくると、自分の知っているフレーズだけで乗り切れてしまいます。

その結果、話せる英語の幅がなかなか広がらないのです。

効果的なオンライン英会話の受け方については、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>>【初心者向け】簡単で効果的なオンライン英会話の受け方とは?

まとめ

TOEICのスコアと英語で日常会話ができるかは、そこまで比例しません。

TOEICスコアの高い人が、必ずしも英語を話せるとは限らないのです。

しかしTOEICでろくなスコアを取れない人が、英語で日常会話をできるということはまずありません。

TOEICができない人の可能性はゼロなのです。

日常英会話をしたいのなら、TOEIC受験による基礎学習は必須です。

基礎学習をしているかどうかで、英会話力の伸び方は全く違ってきます。

僕自身、「英会話の勉強をする前にTOEIの受験をして良かった」と心から思っているので、自身を持って言えます。

TOEICの受験をしたからこそ、通訳案内士試験もパスすることができたのです。

TOEICの勉強方法については、以下の記事にまとめました。

興味があればチェックしてみてください。

>>> TOEICの勉強はどこから始めれば良いのか徹底解説する

参考になれば嬉しいです。

では!

あわせて読みたいオススメ記事

【おすすめ記事】

効果抜群!「TOEICの勉強をする気がおきない対策」を紹介する

もう嫌だ!TOEICができなくて落ち込んでいる人への処方箋

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリスニング参考書・問題集10選

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

必ずやるべきおすすめリーディング参考書・問題集10選

その他のTOEIC L&Rの記事は、こちらからどうぞ

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク

関連コンテンツ

フォローする

TOEICで何点取れれば、英語で日常会話をできるのか解説する
いいねして
英語学習の処方せんの
最新情報を、
チェックしよう!
フォローして最新情報をチェックしよう!