TOEIC リーディング・リスニングが苦手なら、瞬間英作文を絶対にやるべき!

TOEIC リーディング・リスニングが苦手なら、瞬間英作文を絶対にやるべき!

この記事が役に立つ人

◆単語は聞き取れるけど、全体の意味をちゃんと理解できない

◆リーディングが苦手で、文頭に戻って何度も読み直してしまう


突然ですが、「瞬間英作文」という勉強法をご存知でしょうか。簡単に言ってしまうと、瞬間英作文とは日本語の文章を英語へと素早く訳すトレーニングです。一般的に、「瞬間英作文はスピーキング力を鍛えるためにやる勉強」と思われがちです。

しかし、瞬間英作文はTOEIC L&Rにも非常に効果のある勉強法です。僕はTOEIC 700点台の時から瞬間英作文を少しずつ始めたんですけど、瞬間英作文のトレーニングを積むことによって、TOEIC 900点を無事に取得することができました。

では、なぜスピーキングのトレーニングと考えられている瞬間英作文が、TOEICのスコアアップにも効果があるのか。それを解説していきます。

そもそも瞬間英作文とは?

前述の通り、瞬間英作文とは「日本語の文章を英語へと素早く訳す」というトレーニングです。例えば、以下のような日本語の文があります。

1:彼は東京で10年以上働いています。

2:これは何でできているんですか?

3:これは彼が書いた絵です。

これらの日本語を瞬時に英語に訳す力を養うのが瞬間英作文です。実はTOEIC 900点を超えている人でも、瞬間英作文の勉強をしていないと、これらの文章を英語へ瞬時に変換することはできません。

英会話とは頭の中で瞬間英作文をすることと同じです。そのため、瞬間英作文はスピーキング力の向上に非常に有効だと言われているのです。しかし前述のとおり、瞬間英作文はスピーキング力の向上だけに効果があるわけではありません。

実はTOEIC対策にも実は非常に有効なのです。例えば「リーディングをしてるけど、1回でちゃんと理解できない」とか「単語は聞き取れるけど、文章としての意味は理解できない」といった人には非常に効果的な勉強法といえます。

瞬間英作文がTOEICに効果的な理由

では、なぜ瞬間英作文をすることがTOEICのスコアアップにも有効なのか。それは「瞬間英作文ができると、英語を英語のまま理解できる英語脳が作れる」からです。

例えばですけど、「私は学生の時に物理が1番好きだった」という日本語を瞬時に英語に変換することはできますか。 おそらくTOEICのスコアが思うように上がらない人は、瞬時に英語にできないと思います。

一方で、「あなたを愛しています」と聞いたら何も考えずに「I love you」と変換できるのではないでしょうか。この2つの文章の違いは何か。それは単純に英語脳ができているかできていないかの違いです。

「I love you」という英語は、日本人にとって非常に身近な英語です。「I love you」のフレーズが入った歌がたくさんあることからも、直感的にそれは分かると思います。

つまり、日本語から英語へ変換すための英語脳がすでに出来上がっているため、「I love you」の意味を瞬時に理解できるということです。この英語を英語のまま理解できる回路をいくつも作っていくことが、リスニング力・リーディング力の向上に非常に有効なのです。

瞬間英作文を勉強する具体的なメリット

僕は瞬間英作文をやる前は、特にリスニングが非常に苦手でした。どのように苦手だったかというと「単語はところどころ聞き取れるけど、全体の意味が把握できない」という症状にひどく悩まされていたのです。

このような悩みはTOEIC 700‐800点くらいの人に、特に現れやすいのではないかなと思います。おそらくこの記事を読んでくれている人の中にも、かつての僕と同じ悩みを持って、この記事にたどり着いた人もいるのではないでしょうか。

このような症状に悩んでいた時に、たまたま出会ったのが瞬間英作文でした。正直、TOEIC専用の参考書で勉強した方がスコアが手っ取り早く上がる気がして、面倒だなという気持ちもあったのですが、瞬間英作文のトレーニングを積むことにしたのです。

そしたら効果がメチャクチャありました。少しずつ「単語は聞き取れるけど、文章の意味までは分からない」という症状が改善してきたのです。「あっ、英語を英語のまま理解できた!」みたいな(笑)

いや、本当にあの瞬間は感動しました。おかげさまでTOEICのリスニングパートは465点まで上がりました。さらにリスニングだけではなく、リーディングのスコアも少しずつアップしていきました。

理由は単純で、瞬間英作文は英語を英語のまま理解できる英語脳を作るものだからです。いちいち、日本語に訳してから問題を解くよりも、英語のまま理解して問題を解いた方が速いに決まっています。リーディングのスコアも最終的には450点まで上昇しました。

特に1回読んだだけでは意味を理解できず、何回も文頭に戻って読み直してしまう人は、瞬間英作文をやった方がよいです。瞬間英作文の練習をすることによって、英語を英語のまま理解できるようになるため、文頭に戻って読み直すということが劇的に少なくなります。

スポンサーリンク

瞬間英作文のお勧め参考書3選

最後に、瞬間英作文のお勧め参考書を3冊紹介しておきます。

1:どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

まず1冊目がどんどん話すための瞬間英作文トレーニングです。とても有名な瞬間英作文の参考書なので、知っている人も多いのではないかと思います。

この参考書は、中学校で習う文法をまんべんなく網羅していることが特徴です。中学生レベルのため比較的簡単なので、瞬間英作文初心者でもかなり勉強しやすいです。

ただ、この参考書は載っている英文がネイティブっぽくて不自然という指摘もあります。しかし、この指摘に関しては、個人的にはそこまで気にするようなことではないと考えています。

なぜかというと、「不自然な英語」をできるようにならなければ、「自然な英語」はできるようにならないからです。TVに出演している外国人の日本語って不自然だけど、僕たちはちゃんと理解できますよね。

イメージとしてはそんな感じで、TOEICのスコアを上げる段階から、自然な英語をできるようになろうというのは、明らかに高望みし過ぎです。まず「不自然な英語」をできるようになることを目指し、英語を英語のまま理解できる英語脳を作ることを優先するべきなのです。

このように考えると、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングで、瞬間英作文の勉強をして英語脳を作るのは非常に良い方法です。僕は実際にこの参考書で勉強して、TOEICのスコアも900点に到達しました。

デメリットはあるものの、非常に良く出来た参考書です。最初に手を付ける瞬間英作文なら、初心者でもとっつきやすい難易度のこの参考書がお勧めです。

【おすすめポイント】

・中学生レベルの英語で簡単

・瞬間英作文系の参考書で最も有名

2:会話できる英文法大特訓

どうしてもネイティブっぽい英語を最初から勉強したいという場合であれば、会話できる英文法大特訓がお勧めです。なぜかというと、こちらの方が自然な英語表現だからです。

先ほど紹介した参考書と違って、高校レベルの内容も含まれるので、少し難易度の高い表現も含まれています。ただ難しいとは言っても、1文1文に解説が入っているので、手に負えないくらい難しいというわけではありません。

【おすすめポイント】

・自然な英語表現

・高校レベルの表現も含まれる

・1文1文に解説がついている

3:NOBU式トレーニング

 
[追記]

英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニングもお勧めに追記したいと思います。僕がTOEIC L&Rで900点を超えるスコアを取得し始めてから、勉強し始めた参考書なのですが、非常にクオリティが高いです。

まず例文がシンプルかつ自然な英語表現です。中学生レベルの英語で構成されているので、英語が苦手な人でも、取り組みやすい参考書だと思います。

また、効果的な勉強法についても記載されているので、この通りにちゃんと学習すれば英語を英語のまま理解できる英語脳を作れちゃいます。現段階では1番お勧めしたい瞬間英作文の参考書です。

【おすすめポイント】

・ネイティブの使う自然な英語表現

・勉強法の解説つき

・中学生レベルで構成(初心者向け)

まとめ

あとは練習あるのみです!瞬間英作文のトレーニングを積めば、必ずリーディング力・リスニング力はアップします。TOEICで高得点を目指すのであれば、瞬間英作文の勉強をして英語を英語のまま理解できる英語脳を作ることが非常に重要なのです。

最後にもう1個大切なことなのですが、瞬間英作文をする時は必ず音読をしましょう。なぜなら、音読も英語脳を作るのに効果的な勉強法だからです。音読に関しては下記の記事に詳しく書いたので、興味があればチェックしてみてください。

【関連記事】

TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は音読だ!

では!

◇あわせて読みたい人気記事◇

【リーディング対策】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

リーディングが苦手なら品詞分解をやるべき!

【リスニング対策】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

リスニング音声が速く聞こえる対策-効果的な勉強法-

【おすすめ参考書】

TOEIC900点を取るのに実際に使ったおすすめの参考書を公開!

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする