【TOEIC L&R】英語の発音学習ならこの参考書が断然おすすめ!

【TOEIC L&R】英語の発音学習ならこの参考書が断然おすすめ!

この記事が役に立つ人

◆知っている単語のはずなのに、聞き取れないことが多い人

◆発音の勉強をしたことがない人

◆TOEIC L&Rのリスニングパートが苦手な人


「知っている単語のはずなのに聞き取れなかった!」

このような経験をしたことはないでしょうか。特にTOEIC L&Rテストの勉強をしたことがある人は、「あるある!」と共感してくれるのではないかと思います。

では、なぜ知っている単語にもかかわらず聞き取れることができないのか。その理由の1つは、英語の発音をちゃんと勉強していないことが挙げられます。

TOEIC L&Rテストの参考書には、発音をピックアップしたものがないので、発音学習は軽視されがちです。しかし、TOEIC L&Rテストで高得点を取得するためには、実は発音学習は非常に重要なのです。そこでこの記事では、発音学習におすすめの参考書を紹介します。

では、本題へ!

スポンサーリンク


発音学習が重要な理由

先ほども書きましたが、TOEIC L&Rテストで高得点を取るには発音の学習はとても重要です。なぜ発音学習が大事なのか。それは「英語の発音と日本語の発音は全く違うもの」だからです。

つまり、英語の発音をちゃんと学ばなければ、リスニング力は上がらないということです。例えば「right」と「light」はどちらも日本語では「ライト」と発音します。しかし、英語ではこの2つの単語は全く発音が違うのです。

この「right」と「light」の違いは、ほんの一例に過ぎません。ちなみに英語には43個の音があるのですが、このうちの何個が日本語と同じ音だと思いますか?なんと、たったの5-6個だそうです。

つまり普段、日本語を使っている僕たち日本人にとって、英語の音はほとんどなじみのない音と言っても過言ではありません。これが日本人にとって、英語の音が非常に聞き取りにくい理由です。

TOEIC L&Rテストのリスニングが聞き取れないのは「英語の発音をしっかりと勉強していないこと」が理由の1つなのです。

発音学習のお勧め参考書

僕がお勧めしている発音学習の参考書は、フォニックス<発音>トレーニングBOOKです。発音学習はこれ1冊で大丈夫です。

ではフォニックスとはどのような参考書なのか。簡単に言ってしまうと、「英語を母国語とする子供たちが学ぶつづりと発音のルール」です。これを勉強しておば、TOEIC L&Rテストで900点を取得できるレベルのリスニング力に到達することは十分可能です。

フォニックスで発音を学ぶメリット

フォニックスを学ぶ利点は3つあります。それが初見の単語の発音が分かる」、「リスニング力が上がる」、「伝わりやすい英語を話せるようになる」ことです。

初めてみる単語の発音が分かる

まず1つ目の利点が「初めてみる単語の発音が分かる」ということです。実はアルファベットには、読み書きのルールがあります。このルールを学んでいるため、英語圏の子供は耳から入ってきた音を文字へとすぐさま変換できるのです。

例えばA、B、C、D・・・は、普通だったら「エー、ビー、スィー、ディー・・・」と発音すると思います。しかし、フォニックスでは、それぞれ「ア、ブ、ク、ドゥッ・・」と発音します。

【普通の読み方】

A(エー)、B(ビー)、C(スィー)、D(ディー)

【フォニックスの読み方】

A(ア)、B(ブ)、C(ク)、D(ドゥッ)

フォニックス読みの利点は「実際の英語の読み方」だということです。例えば「Do」という単語のDは「ディー」という読み方はしませんよね? 「Do」という単語のDは、フォニックス読みの「ドゥ」と発音します。

これは簡単な例なのですが、このようにフォニックス読みを学べば、初めて見る単語の発音も簡単に分かってしまうのです。

リスニング力が上がる

フォニックスを学ぶ2つ目の利点が「リスニング力が上がる」というものです。最初の方にも書きましたが、英語と日本語の発音には大きな違いがあります。そのため、英語の発音をちゃんと学ばなければ、英語を聞きとることができないのです。

また「自分が発音できない音は、聞き取ることができない」とも言われています。つまり、発音学習なしではTOEIC L&Rテストのリスニングパートで高得点を取れることはまずないと言っても良いでしょう。

それだけ発音学習は、TOEIC L&Rテストで高得点を取るためにも重要なのです。

伝わりやすい英語を話せるようになる

また発音を学ぶメリットは、リスニング力が上がるだけではありません。自分の話す英語が相手に伝わりやすくなるというメリットもあります。

おそらくTOEIC L&Rテストの勉強をしているということは、ゆくゆくは「英語を喋れるようになりたい」と考えている人も多いと思います。そんな人にとっては「相手に伝わりやすい英語を喋れるようになる」というのは大きなメリットに感じるのではないでしょうか。

先ほど例に出しましたが「right(正しい)」と「light(光)」はカタカナ英語だと、どちらも「ライト」と発音するので、日本人にとってはどちらも同じに聞こえてしまいがちです。しかし、実はネイティブスピーカーにとっては、この2つの単語は全く違うように聞こえているわけです。

日本人はLサウンドとRサウンドの違いが分からない(というか知らない)人が非常に多いです。そのためカタカナ英語で「ライト」と言ってしまうので、相手にちゃんと理解してもらえないということが起こりがちです。会話は言葉のキャッチボールです。相手に伝わりやすく発音できた方が良いですよね?

このように発音を学ぶメリットはとても大きなものなのです。まだ、発音の勉強をしたことがない方は是非、勉強して欲しいと思います。絶対に勉強して良かったと思えるはずです。

僕はフォニックスで発音の勉強をしっかりしたので、TOEICで900点を取得することができましたし、オンライン英会話をやっていても「君の発音は聞きやすい」と言ってもらえることが多くなりました。

まとめ

フォニックスで発音を学ぶことの利点は「初見の単語の発音が分かる」、「リスニング力が上がる」、「伝わりやすい英語を話せるようになる」ということが挙げられます。つまり、TOEIC L&Rテストでのスコアアップが期待できる上に、「伝わる発音で英語を喋れるようになる」というメリットもあるのです。

またフォニックスは楽しく勉強できるような工夫がされている参考書でもあります。フォニックスの付属CDでは、メトロノームの音に合わせて、楽しくリズミカルに発音の練習ができます。経験すると分かりますが、なんかクセになる楽しさなんですよね。

そしてフォニックスは、発音をする際の口の形や舌の位置を絵で書いてあるので、視覚的にも理解しやすいですし、子ども向けの参考書であるため、簡単な日本語で書かれていて発音のコツが分かりやすいですね。あと字が大きくて見やすいです。

本当にフォニックスはお勧めの参考書です。発音学習はTOEIC900点の取得はもちろんのこと、英会話をする際にも役に立つこと間違いなしです!

【おすすめポイント】

◆初見の単語の発音が分かる

◆リスニング力が上がる

◆伝わりやすい英語を話せるようになる

◆子供向けなので、楽しく勉強できて理解しやすい

【追記】

ちなみに自分の発音が合っているかを確認できる音声通訳 Proというアプリとフォニックスを併用することにより、より効果的に発音学習をすることができます。

自分の英語の発音が正しいか確認する方法という記事で、詳しくこのアプリについて書いているので、もっと詳しく知りたいという人は合わせてチェックしてみてください。

では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする