TOEIC公式問題集以外でおすすめの模試はこれだ!

TOEIC公式問題集以外でおすすめの模試はこれだ!

この記事が役に立つ人

◆まだTOEIC公式問題集を解いたことがない人

◆TOEIC公式問題集の模試にチャレンジしたい人


TOEICのスコアを伸ばすために、必ずやるべきことは「問題をひたすら解きまくる」ことです。なぜならTOEICはテストである以上、問題に慣れることができればスコアが伸びやすいからです。

もしかしたら学校のテスト前に過去問を先輩からもらって、それでテスト対策をしたという人もいるのではないでしょうか。イメージとしてはそんな感じで、TOEIC L&Rテストも問題を解けば解くほど力がついて、スコアが上がりやすくなります。

このように模試をたくさん解くことは、TOEICのスコアを劇的に上げることにつながるのです。そこでこの記事では、僕がTOEICを受験していた時に何度も解いた公式問題集以外のお勧め模試を紹介します。

僕はTOEIC 公式問題集以外の模試を何冊か今までに買っているんですが、今回紹介する模試が1番クオリティが高いと思っています。もう本物と間違うほど質が高いです。

僕がTOEIC900点のスコアを取れるようになったのも、この模試を解きまくったからなのは、まず間違いありません。是非、「TOEICで高得点を目指している」人はこの模試で勉強して、他の人と差をつけてやりましょう。

TOEIC受験者は必ずやるべき模試はこれだ

僕がTOEIC 公式問題集以外でお勧めしているのは、TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 です。ハッキリ言って、この模試めっちゃ良いです。特に「TOEIC初心者」や「公式問題集以外の模試もやってみたい」という人には特にお勧めです。

スポンサーリンク

TOEICテスト 究極の模試のメリット

なぜ僕がTOEIC(R)テスト 究極の模試600問 をお勧めしているのか。理由は6つあります。

1:解説が丁寧

まず究極の模試は解説が非常に丁寧です。TOEIC 公式問題集で勉強したことがある人は分かると思うのですが、TOEIC 公式問題集はあっさりとした解説なことが多いです。

そのため、TOEIC 公式問題集の解説では、TOEIC初心者の人だと「何でこれが答えになるの??」となる可能性が高いです。一方、究極の模試はかなり詳しく解説されているので、TOEIC初心者にかなり優しい模試だと言えます。

2:効果的な復習・勉強方法が詳しく記載されている

究極の模試では、効果的な模試の使い方が詳しく記載されています。この特徴も公式問題集には見られません。ここで書かれている方法をちゃんと実践すれば、TOEICのスコアが上昇するのはまず間違いありません。実際に僕もTOEIC 900点に到達しました。

究極の模試で紹介されている勉強法は、この模試だけで有効な勉強法ではなく、公式問題集で勉強するときにも応用可能です。この勉強法を知っているか知っていないかで、勉強効率がかなり変わるでしょう。

3:TOEIC 公式問題集と遜色がない

究極の模試は本番のTOEICに非常によく似ていてます。というか本物とほぼ同じです。TOEICによくでる問題や文章パターンを、たくさん練習できる数少ない質の高い模試と言っても言い過ぎではありません。そのため、TOEICに慣れるためにも、この模試を使うことは理にかなっていると言えます。

4:TOEIC 公式問題集より安い

TOEIC 公式問題集は2回分の模試で3000円以上します。しかし、究極の模試は3回分で2800円でと、公式問題集よりかなりお得です。1回分多く模試を受けられる上に、値段も安い。コスパが良すぎます。

5:音声が1問1問分かれて収録されている

TOEIC 公式問題集では、Part2のリスニングパートの音声が4問ひとまとめ(例:Q.11-Q14でひとまとめ)で収録されています。そのため、「Q.12だけ何回も聞いて復習したい」という時に、非常に面倒というデメリットがあります。

一方、究極の模試は1問1問分かれて音声が収録されているので、不便さを感じません。地味なポイントかもしれませんが、何回も同じ問題を繰り返し聞きたい場合には、かなり便利です。

6:リーディングパートの音声もついている

究極の模試にはリーディングパートの音声まで付いています。TOEICに限らず、英語学習は「どれだけ英語を聞きこんだか」が非常に重要です。そのため、リーディングパートも音声がついていると、英語をたくさん聞き込めるので、かなりお得です。公式問題集にはついていないのになんて太っ腹なんだ。

以上の6つが、僕が究極の模試をお勧めしている理由です。

究極の模試をお勧めしたい人

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問は「TOEICの勉強を始めたばかりの人」だったり、「TOEIC公式問題集やってみたけど、難しく感じた人」には特にお勧めです。

特にTOEICの勉強を始めたばかりの人にとって「この選択肢はなぜ間違っているのか」が公式問題集だと分かりにくい場合があります。(実際、自分がそうだった笑) そのため、類似本に比べて、解説が丁寧な究極の模試は初めて解く模試としてかなり良いです。

また「TOEIC公式問題集は解き終わったけど、もっと模試を解いて練習したい」とか「TOEICの受験まであとちょっとだから腕試しをしたい」という上級者にもお勧めです。なぜなら究極の模試はTOEIC本番のクオリティに非常に近いからです。

実際、僕はTOEIC 公式問題集と究極の模試を何回も解きましたけど、正直違いが分からなかったくらいです。それくらいクオリティの高い模試です。

この究極の模試でトレーニングを積めば、TOEIC900点も夢ではありません。僕の周りのTOEIC900点ホルダーも、この模試にお世話になった人がかなり多いので、TOEIC上級者にとってもかなり良い模試と言えるでしょう。

まだ究極の模試を解いたことがない人は是非。ちなみに模試にしては珍しくKinlde版もあります。

最後に大事なことを書いておきます。勘違いしてほしくないのですが、この模試を解いたらスコアが上がるというわけではありません。重要なのは模試を解いた後に、しっかりと復習をすることでスコアが上がる」ということです。

復習しないことには、TOEICのスコアアップは期待できないので、しっかりと復習も頑張りましょう。効果的な復習方法については、TOEICのスコアを劇的に上げる効果的な勉強法は音読だ!という記事に詳しく書いたので、興味があればチェックしてみてください。

◇あわせて読みたいオススメ記事◇

【人気記事】

TOEIC 公式問題集はどれから解けば良いの?

TOEIC 公式問題集の効果的で正しい使い方!

【おすすめリーディング勉強法】

TOEIC900点到達にかなり効果のあったリーディング対策・勉強法を紹介する

リーディングを時間内に終わせたいならPart7の勉強はするな!

【おすすめリスニング勉強法】

TOEC900点到達にかなり効果のあったリスニング対策・勉強法を紹介する

あなたがTOEIC リスニングを聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする