TOEIC リスニングを効率的に解くためのコツを学べる参考書!

TOEIC リスニングを効率的に解くためのコツを学べる参考書!

◎この記事が役に立つ人

・TOEICの勉強を始めたばかりの人

・TOEICリスニングセクションの解き方のコツを知りたい人


この記事では、僕がTOEICの勉強のために初めて使ったリスニング対策の参考書をご紹介したいと思います。TOEICの参考書って腐るほどあるので、正直かなり選ぶの面倒だと思いませんか?

だぶんこの記事を読んでいるあなたも“選ぶのが面倒”と思って、インターネットで何か良い参考書はないかと探しているうちに、このブログにたどり着いたのではないかと思います。

僕がこのブログで紹介している参考書はTOEIC900点に到達した僕が実際に使って良かったもののみを紹介しているので、参考になれば幸いです。

で、今回ご紹介する参考書はTOEICのリスニング対策のコツが書かれたものです。やはりTOEICもテストなので、同じリスニング力の人が問題を解いた場合、対策をしなかった人よりも対策をした人の方が確実に良い点を取れます。

なのでTOEICのスコアを伸ばしたいなら、是非チェックして欲しい参考書ですね。では本題へ!

スポンサーリンク


TOEIC TEST リスニングの鉄則!

僕がお勧めしたいのは“中村澄子”さんというTOEICのエキスパートによって書かれた参考書です。毎月のようにTOEICを受けて、TOEICの研究をされている方みたいですね。

ではなぜ僕がこの参考書を選んだのか。また、この参考書を選ぶメリットについて書いていきます。

・TOEICリスニングの解き方のコツを学べる

この参考書は、TOEICリスニングセクションでスコアを伸ばすためのコツが満載です。例えばですけど、TOEICのPart2では“同じ単語や似た音の単語が入った選択肢”を選ぶと、不正解である可能性が高いという傾向があります。

Question:Where’s the meeting being held?

A : The meeting is boring.

B : My boss meets our client at the entrance.

C : In the auditorium.

僕が作った例文なので、クオリティは低いんですけどお気になさらず(笑)

で、設問にmeetingという単語が入っていますよね?そして選択肢Aにmeeting選択肢Bにmeetsという単語が入っているわけです。

正解はCなんですけど、TOEIC初心者だったり、リスニング力の低い人は設問のmeetingという単語に引っ張られて、AやBの選択肢を選んでしまうのです。

裏を返せば、似た単語が入っている選択肢を選ばなければ正解を選べるというわけですよね?こういったコツが“リスニングの鉄則”にはたくさん書いてあります。

・スコアが上がるのでモチベーションにつながる

TOEICは解き方のコツを学ぶことによって、けっこうスコアが上がります。これを知っているか知らないかで、50点くらいなら簡単にに変わるんじゃないかと。

このようにTOEICのスコアが伸びることで、勉強のモチベーション維持につながるんですよね。“よし、今回スコアがかなり伸びたから、次はもっと高得点を目指そう!”みたいな。スコアが上がればやる気もでると思いませんか?

僕は勉強するのに何が1番大変かというと、モチベーションを維持することかなと思っています。

スコアが伸びないと“あー、勉強しても何も変わんないじゃん!やーめた!”となってしまう可能性があります。あなたの周りにも、勉強を続けるモチベーションの維持ができない人はいませんか?

それくらいモチベーションを保つのって難しいのです。勉強を続けることができなければ、スコアが伸びることはありません。なので、モチベーションの維持のためにも、解き方のコツを学んでTOEICのスコアを伸ばすことは大事だと僕は思います。

・リスニングの練習がたくさんできる

この参考書の良いところは“解き方のコツを学べる”だけではありません。模試1回分(全100問)+それと同じくらいの量の練習問題も収載されているので、約200問分の経験を積むことができるんです。解き方のコツを学べる上に、リスニングの練習もいっぱいできるお得な参考書なんです。

そして、実際のテストよりも少し早いスピードの音声が収録されているので、このスピードに慣れることによって、本番でも落ち着いて問題に取り組めるようになるのではないかと思います。何冊かリスニングの参考書を立ち読みしましたけど、これが1番まとまっている印象ですね。

今、使っている参考書がしっくりこない、どのリスニング参考書が良いのかわからないという方は是非、使ってみて欲しいなと思います。


効果的な勉強法!

リスニングの鉄則を効果的に学ぶ方法は以下の通りです。

① 解き方のコツを学ぶ

まずリスニングの鉄則に書いてあるリスニングセクションの各パートごとの解き方のコツを学びましょう!

② 実際に学んだコツを使いながら問題を解いてみる

解き方のコツは学んだだけではダメです。実際にそのコツを使ってみましょう。そうすることで初めて学んだことが身に付きます。

③ 復習する

問題は解きっぱなしではだめです。ちゃんと復習をしましょう。その時、消失している音、リンキングしている音をチェックすることが大事ですよ。

詳細記事:簡単な英文なのに聞き取れない!そんな方への処方箋

④ 音読をする

復習の際にオーバーラッピングも一緒にしましょう!オーバーラッピングをすることによって、英語独特のリズムなどが体感的に分かってきます。リズムが分かるって意外と重要で、英語のリズムが分かると英語が聞き取りやすくなるんですよね。

オーバーラッピングをした量でリスニング力の伸びが全く変わってきますので、是非オーバーラッピングは頑張って欲しいです。ちなみにオーバーラッピングをすることによって、どれくらい効果があったのかを書いた記事がこちらにあるので、興味がありましたら読んでみてください。

詳細記事:リンスニング力向上の極意-オーバーラッピング-

この4ステップでの勉強はメッチャお勧めです。実際に僕はこの勉強法でTOEIC 900点に到達したので、効果はかなりあるはずです。リスニングの鉄則はとても良い参考書なので是非。

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする