【TOEIC】勉強をするやる気がでない時の対策を紹介する

【TOEIC】勉強をするやる気がでない時の対策を紹介する

この記事が役に立つ人

・TOEICの勉強をするやる気が起きないことが多い人


以前の記事で英語力を伸ばすには勉強法が1番重要なのではなく、継続的に勉強を続けることが1番重要なんだという話をしました。

関連記事:あなたが英語を聞き取れない理由-1番大事なのは勉強法じゃねぇんだよ-

しかし「継続して勉強をする」って、口で言うのは簡単ですけど、実際に継続して勉強しようとなるとかなり難しいです。実は僕も英語学習を習慣化するのにかなり苦労したんですよ。

僕は社会人になってから英語学習を本格的に始めたので、勉強時間を確保に苦労したんですよね。しかも当時は1日12~13時間くらい働くことも珍しくなかったので、時間もない上に疲労もあって頭が働かないという(笑)

当たり前ですけど、そんな時は勉強をする気が全く起こりません。しかし、それではいけない。そこで今回は「TOEICの勉強をする気が起きない対策」について記事にしました。

スポンサーリンク


勉強をするやる気がでない時の対策

先程も書いたように、勉強をする気がどうしても起きないことは誰にでもあります。僕も例外ではなく、いまだにやる気が出ない日がけっこうあります。おそらくTOEICの勉強を毎日できている人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

では、やる気がでない時に僕はどんなことをしていたのか。こんな時は参考書を閉じて、TOEICの勉強はしないことに決めていました。気分が乗らないと効率が悪いので、勉強してもあまり意味がないからです。その代わりにしたのが「自分の好きなことを英語で学ぶ」ということです。

自分の好きなことを英語で学ぼう

例えば僕は音楽を聴くことが大好きです。今年は久しぶりに夏フェスに行ってきます。そこで、 どうしてもやる気が起きない時は、英語詩の音楽を聴きまくっていました。ただ聞き流すだけでは勉強にならないので、ちゃんと歌詞を見ながら聴くようにしていました。

iTunesを使っている方なら簡単に音楽を聴きながら歌詞を表示させることが可能です。もし音楽を聴くのが好きという方がいたら是非試してみてください。

参照:iPhoneの『ミュージック』に歌詞を表示させる方法

ついでに僕のお勧めのアーティストを紹介しておくと

The Beatles

たぶんビートルズの曲は誰もが1度は聴いたことがあると思うので説明は不要でしょう。「Let it be」や「Yesterday」がゆっくりした曲調で歌詞も聞きやすいのではないかなと思います。何よりそんなに難しい単語が使われていないので、初心者にもオススメです。

the HIATUS

ボーカルの細美武士さんは大学生の時に独学で英語を勉強して、アメリカで働いていた経験もあるみたいですね。日本人歌手にありがちなカタカナ英語ではなく、発音がきれいです。今、僕が1番ハマっているバンドの1つです。

この2組を僕はメインに聞き込んでいました。他にも、僕は海外ドラマが好きなので、海外ドラマを観ることもありましたし、読書も好きなので、洋書を読んだりもしていました。

勉強を継続するための敷居を下げよう

自分の好きなことを英語で学べば良いと思うと、英語学習を継続する敷居もだいぶ下がると思いませんか? 特に社会人だと仕事で疲れてしまったり時間がなかったりで、英語の勉強を継続するのが難しいという人は多くいるのではないかと思います。

そんなときは「今日はTOEICの勉強じゃなくて海外ドラマ観よう」と気分転換の日にしてしまえば良いのです。なぜなら、毎日やる気に満ち溢れている人なんて、ほとんどいないからです。モチベーションが上がらないことなんて、人間なら当たり前です。

逆にリフレッシュをするとやる気が充電されて、次の日からの勉強効率が良くなることが多くあります。僕の場合は「海外ドラマに出てきたあの表現わからなかったなー、もっと英語の勉強を頑張ろう」というように、英語学習に対するモチベーションにつながっています。

「TOEICの勉強を毎日しなきゃ」という強迫観念にとらわれて、逆に勉強するのが嫌になってしまったらもったいないです。それだったら音楽を聴いたり、海外ドラマを観たりして、気分転換をしつつ、英語学習を継続するための工夫をする方がよほど生産的です

この方法はTOEICの勉強に対するモチベーションを維持する上で非常に効果的です。是非、勉強をするやる気が起きないことが多いという人は試してみてください。

好きなことを英語で学ぶ際の注意点

これまでやる気が起きないときは「TOEICの勉強じゃなくて、自分の好きなことを英語で学べば良い」と繰り返し伝えてきましたが、1つ注意点があります。

それは「毎日自分の好きなことを英語で学んでいてはダメ」ということです。当たり前のことなんですけど、この方法で英語に触れていても、劇的にTOEICのスコアが上げるということは100%ありません。TOEICの勉強に集中した方が、スコアは早く上がります。

そのため、この方法はあくまでも英語学習を継続するための1つの方法と考えてください。僕の経験から考えると、この方法を使って良いのは最大でも週2回くらいかなって感じですね。リフレッシュできたら、ちゃんとTOEICの参考書を使って勉強をしましょう。

好きなことを英語で学ぶのにお勧めのサービス

ちなみに音楽を聴いたり、海外ドラマ・映画を観るのが好きな人はAmazon Primeに登録するのがお勧めです。このAmazon Primeに登録すると、「100万曲以上が聴き放題」、「海外ドラマ・映画が観放題」になります。もちろん、スマホからでも視聴できます。

音楽はビートルズ、レディーガガ、アブリル・ラヴィーンなど、かなり豊富なラインナップです。また海外ドラマ・映画は2016年3月の時点で「プリズンブレイク」、「24-twenty four-」、「ウォーキングデッド」、「007シリーズ」などの人気作品を観ることができます。しかも年間3900円です。月額ではなく、年間です。つまり月々330円くらいということです。

Amzon プライムの特典は、音楽聴き放題、映画・ドラマ観放題だけではなく、「通常会員より早く商品を届けてくれるお急ぎ便」や「商品のお届け時間を指定できる時間指定」などもあります。例えばTOEICの参考書を注文したら、翌日には届いてしまうのです。

ハッキリ言ってコスパが良すぎるので、Amazon Primeは英語学習のお供に最適です。無料体験が1か月できるので、とりあえず無料体験を試してみるのが1番良いと思います。実際に使ってみないと、メリットが分かりづらいですしね。

>>> Amazonプライム 無料体験

以上が、TOEICの勉強をするやる気が起きない対策でした。適度にリフレッシュしつつ、勉強を継続できるようお互い頑張りましょう!

では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする