【TOEIC L&R】単語は聞き取れるが、意味までは分からない対策

【TOEIC L&R】単語は聞き取れるが、意味までは分からない対策

この記事が役に立つ人

◆何度か聞けば意味を理解できるけど、1回では理解できない人


「ところどころ単語は聞き取れるけど、意味までは理解できない!!」

僕もその症状にとても悩まされていた時期があったので、その気持ち本当によく分かります。「単語はところどころ聞き取れるけど、意味までは分からん。。。」とよく思っていました。特にTOEIC700点台くらいの時は、その症状が重症だったように思います。

あの「単語は聞き取れるんだけど、何を言ってるかまでは理解できない」というモヤモヤ感ってとても嫌ですよね。そこでこの記事では、僕がそのモヤモヤを解消するために、どのように勉強したかをご紹介したいと思います。僕はこの勉強方法でだいぶリスニングが楽になったので、少しでもお役に立てればなと。

では本題へ!

スポンサーリンク


意味まで理解できない理由

では、なぜ「ところどころ単語は聞き取れるけど、意味までは理解できない!!」という現象が起こるのか。それは、英語を英語のまま理解する英語脳ができていないからです。つまり、「日本語に訳さずに英語の意味を理解する能力が十分ではない」ということです。

例えば「Thank you」とか「I love you」のような英語なら、誰もが英語のまま意味を理解できると思います。これは英語脳ができているから、英語のまま意味を理解できているのです。

つまり、英語の意味まできちんと聞き取れるようになるには、英語脳を作る勉強をすれば良いということになります。

英語脳を作るための勉強

僕が実際にやってみて英語脳を作るのに役立った勉強は大きく分けて2つあります。それが「音読」と「瞬間英作文」です。

【英語脳を作るための勉強】

1:音読

2:瞬間英作文

「単語は聞き取れるけど、意味までは理解できない」のであれば、音読と瞬間英作文の勉強をやりましょう。この2つの勉強は、英語脳を作るのに本当に効果抜群です。

音読の勉強法

「英語を聞いて瞬時に意味を理解する力」を養うのにお勧めの勉強の1つ目が音読です。

音読とは

音読とは英文を声に出して読む勉強です。まぁ、こんなことは言わなくても分かると思いますが念のため(笑)

音読はもっとも簡単な英語脳を作る勉強法です。つまり、音読を何度も何度も繰り返すことによって、英語を日本語に訳すことなく、英語を英語のまま理解できるようになるのです。

例えば「Thank you」とか「I love you」のような英語なら、誰もが英語のまま意味を理解できると思います。音読を繰り返しすることにより、「Thank you」や「I love you」のように英語を瞬時に理解できるようになるのです。

このように、音読は非常に効果的な勉強法です。具体的に言うと、TOEICはもちろんのこと、スピーキング力アップにも効果的です。英語を勉強する時は「必ず音読する」と決めても良いくらいだと思います。

音読にお勧めの参考書

音読の教材として僕がお勧めしているのが、速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800です。この参考書はTOEICによく出題される英文で構成されています。そのため、この参考書で勉強すれば、TOEICのテスト形式に慣れることができます。

【おすすめの音読教材】

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

この単語帳で勉強する時は、音読をする前に品詞分解をして、文章の意味をきちんと理解するようにしてください。文章構造を理解していないと、音読の効果があまりありません。

品詞分解を終えたら、いよいよ音読をします。特に僕がお勧めしているのが、音読の中でもオーバーラッピングと呼ばれる「リスニング音声に併せて音読する」という勉強法です。この単語帳には音声CDがついているので、音声を聴きながら音読するようにしましょう。

以前の記事も書きましたが、僕はオーバーラッピングをすることによって、リスニングのスコアだけで一気に65点アップしました。

関連記事:リンスニングのスコアが伸びない人はオーバーラッピングをやるべき

また、僕の友人に、この単語帳をひたすら音読してTOEIC600点台から800点に到達した人がいます。かなり音読に最適な参考書なので、「単語は聞き取れるけど、意味までは理解できない!!」という人に非常におすすめです。

瞬間英作文の勉強法

「英語を聞いて瞬時に意味を理解する力」を養うのにお勧めの勉強の2つ目が瞬間英作文です。

瞬間英作文とは

簡単に言うと瞬間英作文とは日本語を英語へ変換するためのトレーニングです。例えば、「彼は中学生に英語を教えています。」という例文があるとします。

【瞬間英作文の例】

Q:彼は中学生に英語を教えています。

英語に変換:He teaches junior high school students English.

このように日本語を瞬時に英語に変えるトレーニングをひたすらやるのが瞬間英作文です。このトレーニングをすることによって、英語を聞いた瞬間に意味を理解できるようになります

僕の経験談ですが、瞬間英作文をやる前と瞬間英作文をやった後を比較すると、「英語が格段に聞き取りやすくなった」という実感があります。これは英語を英語のまま理解できるようになったからでしょう。つまり、英語脳が作られてきたということです。

つまり、瞬間英作文をすることによって、聞き取れる英語が格段に増えていくということなのです。このように音読と同様に、瞬間英作文も英語脳を作る勉強法として非常にオススメです。

おすすめの瞬間英作文参考書

僕がお勧めしている瞬間英作文の参考書は、英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニングです。この参考書で扱っているのは中学レベルの構文なので、初心者でも勉強しやすいのが特徴です。

「中学レベルの英語で大丈夫なの?」と思ったそこのあなた!侮ってはいけません。中学レベルの英語でも日本語から英語に一瞬で変換するとなると、英語が得意な人にとっても意外と難しいものなのです。

というか中学レベルの構文を使いこなせれば、かなり英語を喋ることができるようになります。基本的に「自分が喋れる英語=自分が聞き取れる英語」です。つまり、喋れる英語が増えれば、聞き取れる英語もそれに伴い多くなっていきます。

瞬間英作文の勉強をすることによって、「なんとなく聞き取れるけど、意味までは理解できない」ということは、かなり減ってきます。本当にお勧めなので、是非トライしてみてください。

まとめ

「ところどころ単語は聞き取れるけど、意味までは理解できない!!」という人は、英語を英語のまま理解する英語脳を作る勉強に力を入れましょう。つまり、「音読」と「瞬間英作文」の勉強をすれば良いということです。

【音読にお勧めの参考書】

速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

【瞬間英作文にお勧めの参考書】

英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニング

これら2つの勉強は、英語脳を作るのに非常に効果的です。僕も実際にやってみて、かなり効果を実感できました。本当にお勧めなので是非!!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする