【TOEIC L&R】TOEIC900点を取れて感じたメリットとデメリット

【TOEIC L&R】TOEIC900点を取れて感じたメリットとデメリット

この記事が役に立つ人

◆TOEIC900点を取得するメリット&デメリットを知りたい人


「TOEIC900点を取ってみてどう?」

この前、友人からこんなことを聞かれました。実はこの質問を受けるまで、あまりTOEIC900点を取得することのメリット・デメリットについて考えたことがありませんでした。改めて聞かれると意外と分からない。

そこで、自分の考えをまとめるために、TOEIC900点を取得して感じたメリット・デメリットについて書いてみました。TOEIC900点を目指している人の参考になればうれしいです。

では本題へ!

スポンサーリンク

TOEIC900点を取得することのメリット

僕がTOEIC L&Rテストで900点を取得して良かったと思うことは以下の4つです。

自信がついた

TOEICは日本で最も浸透している英語力を測定するテストです。そのテストで受験者の上位約3%のスコアである900点を取れたことは自信につながりました

ここで得られた自信は英語学習だけではなく、仕事などにも良い影響を与えてくれました。以前に比べて「とりあえずチャレンジしてみるか」と思えることが多くなったように思います。

外国人の言うことがなんとなく分かるようになった

僕は有名観光地に住んでいることもあり、外国の人に道を聞かれるということがちょくちょくあります。英語があまりできなかった時は、相手が何を言っているかちゃんと理解できないことが多く、正直ノリでその場をやり過ごすことが多かったです。

しかしTOEIC900点を取得できてからは、相手が言っていることがかなり分かるようになりました。そのため、以前よりもきちんと道案内などが出来るようになり、外国人観光客の役に立てることが多くなりました。

転職活動に役立った

僕はTOEIC900点を取れたのがちょうど転職活動中だったんですが、面接官からかなり褒めてもらえました。「えっっ、TOEIC900点もあるんですか?!」みたいな感じで。そして、転職活動中に面接を受けた5社からは、すべて内定を頂けました。TOEIC900点はまだまだある程度のブランド力があるようです。

チヤホヤされようになった

TOEIC900点を取ってから、「すごーい!!」と褒めてもらえることが多くなりました。友人からはもちろんのこと、合コンなどでも褒めてもらえます。かなり優越感に浸れます。褒められることによって、英語学習へのモチベーションがさらに上がります。

TOEIC900点を取得することのデメリット

逆にTOEIC900点を取得して残念に思ったこともいくつかありました。

日本人歌手の英語の発音が気になってしまう

TOEIC900点に到達すると、英語の発音にかなり詳しくなります。そうなってしまうと、日本人歌手の歌う英語詞に違和感を感じるようになり、純粋に音楽を楽しめなくなってしまうことがあります。「そこLサウンドじゃなくて、Rサウンドだろ」みたいに、発音が少し気になってしまうのです。

また、タモリ倶楽部の空耳アワーは、空耳しにくくなります。普通に英語として聞こえてしまうため、空耳アワーを楽しく感じなくなってしまいました。これはTOEIC900点を取る以上は仕方ないことなので諦めましょう。

ちなみに発音の勉強をしていないと、TOEIC900点に到達するのは難しいので、まだ勉強していないよという人はちゃんとしましょう。リスニング力めちゃくちゃ上がります。

【関連記事】

リスニング力アップに「発音学習」が重要な理由

英語の発音学習ならこの参考書が断然おすすめ!

英語がペラペラにならなかった

これが1番TOEIC900点を取ってガッカリしたことです。英語をペラペラ喋れるようにならなかった。僕はTOEICの勉強を始める前まで、TOEIC900点に到達すれば英語がペラペラになると完全に勘違いしていたのです。

しかし、いざ到達してみると英語がペラペラになるどころか、なんとなく会話できるレベルだったのです。これには非常にショックでした。今、考えるとTOEIC L&Rはリーディングとリスニングの試験なので、喋れなくてば当たり前なんですけどね。詳しくは下記の記事に書きました。

関連記事TOEIC900点は全くたいしたことがない件について

英語がペラペラだと思われてしまう

先ほどの「英語がペラペラにならなかった」につながることなのですが、TOEIC900点を取得することによって、周りの人から「英語を流暢にしゃべれる」と勘違いされてしまいます。これは、ハッキリ言って非常にやっかいです。

「例えば〇〇って英語でなんて言うの~?」と聞かれても、TOEICの範囲外のことを聞かれるとお手上げです。こういった質問に答えられないと(´・ω・`)みたいな顔をされてしまいます。

TOEIC900点はたしかに一般的な日本人よりは高い英語力ですが、決して流暢に英語を使いこなせるというレベルではありません。英語をペラペラ話せるようになるには、TOEIC900点を取得してから、オンライン英会話などでスピーキングの練習を積む必要があります。

関連記事超初心者向け!オンライン英会話とは何か分かりやすく解説!

それでもTOEICは良い試験だ

もしかしたら、TOEIC L&Rテストで900点を取得できても、英語をペラペラ喋れないということを知って、TOEICの勉強をするやる気が削がれてしまった人もいるかもしれません。

ただ、TOEICが出来ないことには英語を喋れるようにはならないということを忘れてはいけません。ハッキリ言ってTOEICに出題されるレベルの問題をスラスラ解けないようでは、英語を流暢に喋るなんて夢のまた夢なのです。

よく考えてください。TOEICすらできないのに、英会話で相手が言ってることを理解できると思いますか? どう考えても無理ですよね?

よくあるTOEIC批判の1つに「TOEICができても英語を話せるようにはならない」というものがありますが、これはトンチンカンな批判なのです。TOEICはそもそも英語を喋れるようになるための試験ではありません。TOEICは英語の基礎を身につけるための試験なのです。

「TOEICができても英会話ができないなら、勉強しなくてもいいか」と思ってはいけません。英語を喋れるようになりたいのであれば、まずはTOEICで英語の基礎を身につけるのがお勧めです。TOEIC以上に英語の基礎力を養えるかつ社会的評価の得られる試験はありません

まとめ

以上がTOEIC900点を取得したメリット・デメリットでした。デメリットも一応書いてますが、TOEIC900点を取って残念だったことよりも良かったことの方が断然多いです。まぁ当たり前ですけど。

英語を喋れるようになりたいのであれば、区切りの良いTOEIC900点をとりあえず目指して、それを達成したらTOEICは卒業するのが良いのではないかなと思います。(スコアを気にしないなら800点くらいでも良いと思う)

たまに満点を狙う人もいるみたいですが、満点を取るまでTOEICの勉強をするのは、個人的にコスパがあんまり良くないと思うのであまりお勧めはしません。(TOEICが趣味ならアリです)

関連記事TOEIC990点を目指すのはコスパが悪いという話

そして、TOEICを卒業したらいよいよ本格的に喋る練習です。この段階が僕の経験から言って英語学習で最も楽しいところだと思います。特にオンライン英会話は、多様なバックグラウンドを持つ人たちと喋れる良い機会なので非常におすすめです。

関連記事初心者でもできる簡単かつ効果的なオンライン英会話勉強法を解説する

以上が、TOEIC900点を取得するメリット・デメリットでした。では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする