TOEIC満点を目指すなんて時間の無駄すぎる

TOEIC満点を目指すなんて時間の無駄すぎる

◎この記事が役に立つ人

・なんとなくTOEIC990点(満点)を目指している人


TOEICの勉強をしている人なら1度はGoogleなどの検索エンジンで、“TOEIC 参考書”“TOEIC 勉強法”と検索をしたことがあると思います。そして、検索したときに“TOEIC 満点を取る方法”といった趣旨のブログに行き着いたことがあるのではないかなと。

そういったブログを読んで“よしっ、自分もTOIECで満点を取ろう!!”と思った方もいるのではないでしょうか?でも少し考えてみてください。自分は何でTOEICの勉強をし始めたのだろうかと。

もし何も考えずに“とりあえずTOEIC満点を目指そう!”と思っているとしたら、貴重な時間が無駄になってしまうかもしれません。

ではなぜTOEIC満点を目指すことが時間の無駄になってしまうのか?この記事ではその理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


なぜTOEICの勉強をしているのか?

先程も書きましたがTOEICで満点を目指す前に、“なぜTOEICの勉強をしているのか?”を自分に問い直してみましょう。おそらく、人それぞれ様々な理由があるのではないかと思います。

・会社でTOEIC800点以上を取るように言われたから

・就活で使える資格が欲しい

・転職で有利になりたい

・英語を喋れるようになって世界中の人と話せるようになりたい

上記のものが主な理由である人が多いのではないかと。このように、なぜTOEICの勉強をしているのかまず最初に明確にします。そして、自分がなぜTOEICの勉強をしているのが分かったら、その“なぜ”を達成するためにTOEICで満点を取る必要があるのかを考えます。

僕の場合、外国の人とコミュニケーションを取れるようになりたかったので英語の勉強を始めました。単純に英語を喋れると、様々なバックグラウンドを持つ人と交流ができるので、自分の視野が劇的に広がると思ったのです。それを達成するにはまず、英語の基礎学力を上げる必要がありました。

つまり、僕にとってTOEICの受験は“英語を話すための基礎学力を養うこと”が目的でした。そのため、英語の基礎学力が十分あると証明できるスコアを取れれば良かったです。

その僕にとって十分なスコアというのがTOEIC860点でした。だから僕はTOEICで満点をとるまで勉強する必要がないのです。だって僕の最終的な目標はTOEICで満点を取ることではなく、英語で外国の人とコミュニケーションをとることなのですから。

そもそもネイティブスピーカーでさえ、文法を間違えたりするというのに、ネイティブでない僕がTOEICで満点を取って完璧を目指す必要があるのかと。

実際にオンライン英会話を受けているとフィリピン人の先生は英語ペラペラですが、ちょいちょい文法的に間違った英語を使っていることがあります。

勘違いして欲しくないのですが、英語を話す上で文法などの知識は非常に大事です。しかし、完璧である必要はないのです。第2言語として英語を話す場合、間違った英語を使っていて当然なんですね。

僕はTOEICの満点を取って、文法ならなんでも来いみたいになりたいとは全く思わないので、もうTOEICは卒業することにしました(現時点でTOEIC905点)。今はオンライン英会話中心に勉強しています。

以上が僕がTOEIC満点を目指さない理由です。

特に何も考えずにTOEIC満点を目指しているのであれば、一度なぜTOEIC満点を目指しているのかを考えてみましょう。なんとなく満点を目指しているのであれば時間が無駄になってしまう可能性があります。

①なぜTOEIC満点を目指しているのか?

②“なぜ”を達成するためにTOEIC満点は本当に必要なのか?

以上の2つを自分に問いかけてみましょう。そうすればTOEICで満点を取る必要があるのかを確認できます。

TOEIC満点を目指すべきなのはこんな人

ちなみにTOEIC満点を目指すべきなのは以下のような人です。

・趣味がTOEICの人(というかTOEICを愛してる人)

・TOEICの先生としてご飯を食べたい人

・TOEIC以外にやることがない人

上記のいずれかに当てはまるのであれば、TOEICで満点を目指すのはアリです。TOEIC満点をとるということが自分のやりたいことに直結するのであれば、TOEIC満点を目標に精進するべきだと思います。

一方で、いずれにも該当しないようであればTOEIC860点以上を取れた時点で、TOEICはとっとと卒業してオンライン英会話などでスピーキング力を伸ばす勉強にシフトしていきましょう。

なぜならTOEICで高得点が取れるだけでは、英語を喋れるようになるというわけではないからです。

関連記事:TOEIC900点は世間で言われているほど、全くたいしたことがない件について

まとめると、TOEICが好きで好きで仕方がないという方以外はTOEICで満点を目指すのは時間対効果が悪すぎるので止めましょう。はっきり言って時間の無駄です。

英語を読んだり、聞き取るだけじゃなく外国人とコミュニケーションを取れるようになりたいのであれば、TOEIC860点以上をとれたらオンライン英会話でスピーキング力を鍛える勉強にシフトして行くのが1番良いでしょう。

◎あわせて読みたい記事

オンライン英会話はどれがおすすめ?-それぞれの会社の特徴-

オンライン英会話はTOEICのスコアが何点なら始めても大丈夫?

[オンライン英会話] 僕がDMM英会話を選んだ5つの理由

簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする