【TOEIC】勉強をするモチベーションを維持する簡単な方法を紹介する

【TOEIC】勉強をするモチベーションを維持する簡単な方法を紹介する

この記事が役に立つ人

◆TOEICのスコアが思うように伸びずに落ち込んでいる人


「TOEICのスコアが思うように伸びなくて勉強するモチベーションが保てない。。。」

こんな風に思ったことはありませんか? その気持ちはとてもよく分かります。結果が出ないと、なかなか勉強に対するモチベーションを保てませんよね。そして勉強するやる気がでないと、効率がなかなか上がらないという悪循環に陥ってしまいます。

しかし、これでは非常にもったいない。そこで、この記事では僕がいつもやっている「モチベーションを維持する3つの方法」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ポジティブな人の話を聞く

モチベーションを保つための方法の1つ目が「ポジティブな人の話を聞く」ということです。実はヒトの思考や感情は伝染します

例えば、結婚式に参加したことがある人なら分かると思いますが、結婚式に参加すると幸せな気持ちになりますよね?あれは新郎新婦の幸せな気持ちが伝染するから、参加した人も幸せな気持ちになるのです。

ここから考えられるのは、TOEICの結果がでなくてネガティブな気持ちになっているのであれば「ポジティブな人の話を聞いてみる」のは非常に有効ということです。なぜならポジティブシンキングを自分に伝染させることができるからです。

ポジティブなCMを観よう!

「そんなこと言われても、周りにポジティブな人がいない。。」という人もいるかもしれません。(←失礼) でもご安心を! アディダスのポジティブなCMを観ればすべて解決です。とりあえず下記のCMをチェックしてみてください。

このCMは、ギルバート・アリーナスというアメリカのバスケットボール選手のストーリーです。彼は学生時代に才能を認めてもらえず、40試合ベンチで過ごしました。そして、ベンチ要員の彼はこう言われてしまいます。「これからのプレー時間はゼロだ。」と。

普通だったら、もう何もかもが嫌になってしまうでしょう。しかし彼はここで終わりません。腐らずに、練習に練習を重ねるのです。そして、最終的には周囲にその才能を認めさせ、最も成長した選手に贈られるMIPを受賞するまでになってしまうわけです。

彼はCMの中でこう言っています。

嫌な思いのままじっとしているんじゃなく、練習に練習を重ねた。周りに期待されていないなら、何をやってもプラスにしかならないから。

そして、彼は「これからのプレー時間はゼロだ」と言われた悔しさを忘れないために背番号を“O”にするわけです。

感情・思考は伝染する

「たくさん勉強したはずなのに、TOEICのスコアが伸びなくてやる気が出ない」と落ち込むこともあると思います。しかし、落ち込んでばかりでは何も解決しません。アルバート・アリーナスのように悔しい気持ちを原動力にすることが非常に重要なのです。

繰り返しになりますが、感情・思考は伝染します。つまり、アルバート・アリーナスのCMを何度も観ることによって「彼のネガティブをポジティブにする力」を伝染させることが可能なのです。

もしかしたら「本当に効果があるの?」と疑っている人もいるかもしれません。しかし、効果を疑っても何も始まりません。とりあえず騙されたと思って、何度も繰り返し観てみましょう。だんだんポジティブな気持ちになって「もう1度TOEICをがんばろう」と思えるようになるはずです。

右肩上がりで成長することはない

モチベーションを保つためには「右肩上がりで成長することは稀である」ということを知る必要があります。僕も今でこそTOEIC900点を取得できましたが、右肩上がりでスコアがアップしたわけではありません。TOEIC800点台で停滞していた時期があります。

なかには右肩上がりでTOEICのスコアを伸ばす人もいます。しかし、こういった人は少数派です。基本的に右肩上がりで成長するということはありません。「スコアが簡単に上がらないのは当たり前」ということを受け入れなければ、どんどんモチベーションが落ちていくことになります。

世界的に成功している人も右肩上がりではない

先ほど紹介したアルバート・アリーナスのように、世界的に成功している人でさえ、右肩上がりで成功したわけではありません。必ず挫折や苦難を経験しながら、浮き沈みを経験しているのです。

多くの人、「時間の経過とともに成果も現れないといけない」と思い込みがちです。しかし、実際はそんなことはありません。「右肩上がりに成長」は非現実的なのです。

結果が出るまでには、上がったり下がったり波形を描きながら、少しずつ少しずつ上昇していくのが普通です。この事実を受け入れない限り、モチベーションを保つのはかなり難しいです。「停滞する時期は必ずある」ということを忘れないようにしましょう。

海外ドラマ・音楽などで英語に触れる

3つ目のモチベーションを維持する方法は海外ドラマや映画・音楽などで英語に触れるというものです。要するに「リフレッシュしよう」ということです。

TOEICの勉強をやる気がしない時に僕がやっていることという記事にも書きましたが、僕はやる気が出ない時には、海外ドラマや音楽を聴いたりして、リフレッシュすることが多いです。楽しみながら英語に触れることができるので非常にお勧めです。

海外ドラマを観たり、音楽を聴いていると「もっと英語を出来るようになりたいなぁ」と思えることが多いです。そのため、やる気が出ない時以外にも、リフレッシュタイムは意識的に取り入れるようにしています。

たまに「あっ、この英語表現知ってる!」ということもあって、自分の成長を実感できてやる気がアップします。

英語学習のリフレッシュにお勧めのサービス

僕と同じように海外ドラマ・映画を観たり洋楽を聴いたりするのが好きな人は、Amazon Primeに登録するのがお勧めです。このAmazon Primeに登録すると「100万曲以上が聴き放題」、「海外ドラマ・映画が観放題」になります。もちろん、スマホからでも視聴可能です。

音楽はビートルズ、レディーガガ、アブリル・ラヴィーンなど、かなり豊富なラインナップです。また海外ドラマ・映画は2016年3月の時点で「プリズンブレイク」、「24-twenty four-」、「ウォーキングデッド」、「007シリーズ」などの人気作品を観ることができます。

しかも年間3900円です。月額ではなく、年間です。つまり月々330円くらいということです。スタバで売ってる飲み物と同じかそれよりも安いのです。

Amzon プライムの特典は、音楽聴き放題、映画・ドラマ観放題だけではありません。通常会員より早く商品を届けてくれる「お急ぎ便」や商品のお届け時間を指定できる「時間指定」もできるようになります。例えばTOEICの参考書を注文したら、翌日には届いてしまうのです。

ハッキリ言ってコスパが良すぎなので。Amazon Primeは英語学習のお供に最適です。無料体験が1か月できるので、とりあえず無料体験を試してみるのが1番良いと思います。実際に使ってみないと、メリットが分かりづらいですしね。

>>> Amazonプライム 無料体験

ちなみに、ドラマだったら「プリズンブレイク」と「24-twenty four-」、洋楽だったらビートルズが個人的にお勧めです。

以上がTOEICの勉強をするモチベーションを維持する方法でした。適度にリフレッシュしつつ、勉強を継続できるようお互い頑張りましょう!

では!

>>> 他のTOEIC L&Rの記事を読む

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする