[オンライン英会話] レッスン中に使えるおすすめアプリ&サイト

[オンライン英会話] レッスン中に使えるおすすめアプリ&サイト

◎この記事が役に立つ人

・オンライン英会話(スカイプ英会話)を受講中の人


“今日は何を話そう”

“あれっ、これ英語でなんて言うんだろう?”

“言葉で説明するのが難しい。。”

オンライン英会話(スカイプ英会話)のレッスン中にこんなことを思ったことがあるのは僕だけではないと思います。

そんな時に頼りにしているのが、この記事で紹介するアプリとサイトです。これらをレッスン中に開いているだけでかなり心強いので、ぜひ紹介したいなと。

では本題へ!

スポンサーリンク


◎カンペとして使うEvernote

まず最初に紹介したいのがEvernoteというアプリです。Evernoteはオンライン上のノートで、スマホでも使えるしPCでも使えます。

僕はレッスン前にEvernoteに“今日レッスン中に話すこと”をある程度書いておきます。要するにカンペを作っておくのです。

なぜかというと、“自分が英語で書けること=英語で喋れること”なので、レッスン前に英作文をするということは英会話力の向上に効果的だからです。

そして、作った英作文をレッスン中にアウトプットすることで、自分が事前に書いておいた英語表現を頭の中に定着させることができます

ちなみに最初は、自己紹介を20分くらいできるように練習するのが良いかと思います。詳しくは下記の記事に書いたので、興味があればご覧になってください。

参照:手っ取り早く英語を話せるようになるオンライン英会話活用法


◎辞書として使う英辞郎

英辞郎はオンライン上の英和・和英辞典です。英辞郎はめっちゃすごいです。“あれっ、これは英語でなんて言うんだろう?”ってことを英辞郎で検索すればだいたい解決します。

以前はGoogle翻訳を使っていたんですけど、とんちんかんな翻訳がでてくることがあまりにも多くて使うのを止めてしましました。

“あれっ、これは英語でなんて言うんだ!?”とレッスン中に思ったら、とりあえず英辞郎で調べてみましょう。すぐに解決します。


◎視覚的に分かりやすいGoogle画像検索

言葉で説明するだけでは理解しにくい場合はGoogle画像検索を使います。例えば僕はこの前“すき焼き”について先生に話すことがあったんですが、やはり言葉の説明だけでは理解しにくそうだったんですよね。

そこでGoogle画像検索を使ってURLを送ってあげたら、“イメージしたのと違う!!”って驚いていました。やっぱり言葉だけで伝えるって限界があるだなぁと。

特に食べ物だったり日本文化を説明する場合は、言葉だけで説明しても理解するのが難しいことが多いです。そんな場合は補足資料として、検索結果のURLを送ってあげましょう。


◎まとめ

・Evernoteはカンペとして使う

Evernoteにレッスン中に何を話すか事前に書いておいて、カンペとして使う。“自分が英語で書けること=英語で喋れること”なので、予習としてライティングをするのは英会話力向上に効果的。

参照:簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法

・英辞郎は辞書として使う

英辞郎は“あれっ、これ英語でなんて言うんだろう?”という時に使う。ニッチなワードでもだいたい載っているので便利。

・補足資料として使うGoogle画像検索

Google画像検索は言葉だけで説明するのが難しい時に、補足資料として使う。食べ物について説明するときや日本文化を説明するときには検索結果のURLを先生に送ってあげると理解してもらいやすい。

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする