英語を話せるようになりたい人がやるべき3つの勉強

英語を話せるようになりたい人がやるべき3つの勉強英語を喋れるようになりたい

僕も英語学習者の一人として、英語をもっと流暢に喋れるようになれたらなぁと常々思っています。

で、ここ1年半くらい英語学習に本気で取り組んでみて、英語を喋れるようになるまでの過程がぼんやりと分かってきたので記事にしてみました。

では本題へ。

スポンサーリンク

英語を喋れるようになるまでの3ステップ

英語を喋れるようになるまでには、おおまかに3つのステップに分けられるのではないかと僕は考えています。

それが

1.英語のインプット

2.英語を書く

3.英語を話す

の3つです。ではそれぞれのステップについて詳しくみていきましょう。


ステップ1:英語をインプットする

ステップ1の英語をインプットする段階というのは単語や文法を覚える、英文を読み込みむ、英語音声を聴き込む、音読をするなどの勉強法を指します。

英語のインプットがある程度できたと判断しても良い目安はTOEIC800点くらいでしょう。僕の経験上、TOEIC700点台では英語を聞き取れないことがけっこう多かったので、まだインプットは不十分かなと。

もちろんこのTOEIC800点取れたからもうインプットはしなくて良いかというと、それは違います。英語学習を続けているうちは、ずっとインプットの勉強を続ける必要があります

なぜかというと、インプットをしないことには良質なアウトプットができないからです。つまり、インプットがなければまともな英語は書けないし、ましてや喋ることもできないということです。

そして、このインプットの段階はめちゃくちゃ大変です。おそらくこの段階で英語の勉強を始めたほとんどの人が脱落します。

理由はインプットの段階で、英語を喋れるようになるまでの過程がかなり険しいことが、直感的に分かってしまうからです。勉強すればするほど自分が無知なことに気づいてしまうのです。

なので、勉強に対するやる気がなくなってしまわないよう、インプットの段階ではいかに勉強を続ける工夫をするかが非常に重要となってきます。

他の参考になる記事

“比較的”簡単にできる英語学習を長続きさせる3つのコツ

どうしても勉強する気が起きない時に僕がやっていること


◎ステップ2:英語を書く

英語のインプットがある程度できるようになった後は、今までインプットしてきた英語をアウトプットする段階に入ります。英語のアウトプットには2つあります。

まず1つ目はライティング。そして2つ目がスピーキングです。で、どちらを最初にやるべきかというとライティングです。なぜかというと、スピーキングとは頭の中で超高速で英作文をすることと同じだからです。

つまり、英語が書けるようになって初めて英語を話せるようになるということです。

例えば“あなたを愛しています”を英語でどのように書くか分かりますか? おそらくほとんどの人が何も考えることなく“I love you”と書けるはずです。

なぜ何も考えずに“あなたを愛しています”を“I love you”に変換できるかというと、英語で書けるからです。

つまり英語を喋れるようになるためには、“I love you”のようにすぐに英語で書ける文章を増やしていくことが重要だということです。

ライティングはインプットした英語を実際にスピーキングで使うための架橋のようなものかなと思います。英語は読めるけど、喋れない人が多いのは英語を書く量が圧倒的に少ないからです。

ライティングという橋がないので、インプットした英語が向こう岸にあるスピーキングに移動できないのです。

以上のような理由から、インプットした後は英語を書く練習が非常に重要になってきます。


ステップ3:英語を話す

ステップ3ではいよいよ英語を話す段階です。英語を話す段階ではオンライン英会話を使うと良いと思います。

オンライン英会話は予習をしてから受講するのが最も効果的な方法だと僕は考えています。つまり、ステップ2で自分が書いた英語をオンライン英会話で実際に使ってみるということです。

これをすることによって、自分が書いた英文を頭の中に定着させることができるようになります。

簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法という記事でも書きましたが、最初は自己紹介を英語で書いてみると良いと思います。なぜなら自分のことは自分が1番よく知っているので、書けることが多いからです。

そしてオンライン英会話では初めて受講する先生の場合、最初に自己紹介する流れになるので自然に自分が書いた英語を喋る練習ができます。

この方法は僕が実際にやってみてかなり効果がある方法だなという実感があるので、非常におすすめですね。

このように英語を書く⇒オンライン英会話で喋るを繰り返すと徐々に喋れる英語が増えていきます。あとはインプットする⇒英語を書く⇒英語を喋るの繰り返しをひたすらするだけです。

ちなみに僕はDMM英会話を使ってスピーキングの練習をしています。なぜ僕がDMM英会話を選んだのかについては僕がDMM英会話を選んだ5つの理由という記事に書きました。

他の参考になる記事

オンライン英会話はどれがおすすめ?-それぞれの会社の特徴-

簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法


◎まとめ

英語を喋れるようになるまでの3ステップ

1.英語のインプット

目安はTOEIC800点。これはあくまでも目安で英語学習を続けている以上はずっとインプット学習をする必要がある。

他の参考になる記事

“比較的”簡単にできる英語学習を長続きさせる3つのコツ

どうしても勉強する気が起きない時に僕がやっていること

2.英語を書く

実際にインプットした英語を使って英作文をする。書ける英語が増えるようになると、それに伴って喋れる英語も増えていく。

3.英語を話す

自分が書いた英語を実際にオンライン英会話で使って頭の中に定着させる。英語のインプット⇒英語を書く⇒英語を喋るを繰り返すと、英語で表現できることが増える。

他の参考になる記事

オンライン英会話はどれがおすすめ?-それぞれの会社の特徴-

簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする