[オンライン英会話] 予習が重要である3つの理由

[オンライン英会話] 予習が重要である3つの理由

◎この記事が役に立つ人

・オンライン英会話を受講しているけど、予習をしていない人


オンライン英会話を受ける前に予習はしていますか?

もし予習をしていないようだったら、オンライン英会話を最大限に活用できていないもしれません。特に英会話を始めたばかりの場合は予習をしないことによって、かなり損をしているのではないかなと。

僕も予習をせずにオンライン英会話を受けていた時期があったんですけど、やっぱり予習ってスピーキング力を向上させる上ですごい大事だなって思ったんですよね。

そこで今回は、なぜレッスン前の予習が重要なのかについて書きました。

スポンサーリンク


◎なぜ予習が重要なのか?

僕はオンライン英会話を受講する前に、レッスン中にネタ切れをしないよう必ず今日、話すことEVERNOTEというオンライン上のノートに書いています。

ではなぜオンライン英会話を受講する前に予習をする必要があるのでしょうか? 僕が考える理由は3つです。

自分が書ける英語=自分が喋れる英語

まず1つ目の理由が自分が書ける英語=自分が喋れる英語だということです。ライティングスキルってあんまり注目されていない気がするんですけど、実はめちゃくちゃ大事なんですよね。

なぜ大事かというと、英語を喋ることは頭の中で超高速でライティングをすることと同じなので、書ける英語が多ければ多いほど、喋れる英語も増えていくからです。

つまりライティングスキルの向上があって、その次にスピーキング力の向上があるわけです。そのため、英語を話せるようになりたかったら、英語を書けるようになる必要があるのです

②自分が英語を喋る時間を増やせる

2つ目の理由が自分が英語を喋る時間を増やせるということです。僕がオンライン英会話初心者の頃は予習をあまりしていませんでした。

でもこれじゃダメだって思ったんですよね。なぜかというと先生が話す時間の方が長くなっちゃうからです。英会話初心者が予習していない場合、オンライン英会話のレッスンってこんな感じになっちゃうんですよ。

自分が質問する

先生が質問に長々と答える

以下繰り返し

これの何が問題かって、自分が喋る時間が圧倒的に減ることなんです。もうレッスンの意味ないんじゃないかっていう(笑)

自分が喋る時間が少ないと、レッスンが終わった後に“全然ダメやん”って自己嫌悪に陥って、やる気が消失する可能性があるので、これを防ぐためにも予習のライティングはやったほうが良いです。

以前、先生に聞いたところ、7割くらいの生徒があんまりレッスン中に喋れていないようです。なので、予習をするだけで上位3割に入ることができます。

③先生に褒めてもらえる

3つ目の理由が先生に褒めてもらえるということです。

予習をすることによって、レッスン中に自分が話すことが明確になります。その結果、レッスン中に自分が喋る時間が大幅に増えるわけです。

そうするとどうなるかというと、先生がメッチャ褒めてくれます。

“こんなに喋る生徒は初めてだよー!”

とか

“その積極性すごい良いよ!”

とか

“今までのオンライン英会話のレッスンで1番楽しかった”

など挙げたらキリがないくらい褒めてもらえます。僕は褒められるってすごい大事だと思っているんですよね。何でかというと、単純に次のレッスンも頑張ろうと思えるからです。勉強をする上で、やる気ってすごい重要ですからね。

以上がオンライン英会話をする上で、予習をすることが非常に重要な理由です。


◎具体的な予習方法

ではどんなことを予習として書けば良いのでしょうか?

僕がお勧めしているのが自己紹介について書くということです。オンライン英会話では初めてレッスンを受ける先生の場合、最初に自己紹介をする流れになるので自然な流れで喋り始めることができるんですよね。

つまり、毎回違う先生を選べば、何回も自己紹介の練習が出来るというわけです。なので、自分が書いた英語を、しっかりと頭の中に定着できるまで練習することができます。

最低でも20分くらい自己紹介できるようになれば、かなり英語を喋れるようになるのではないかなと。

詳しくは簡単に英語を話せるようになるオンライン英会話勉強法という記事に書きましたので、興味があればご覧になってください。

レッスン前に予習することの重要性を長々と書きましたが、少しでも伝わっていればなと思います。( ̄ー ̄)bグッ!

スポンサーリンク
フォローして最新情報をチェックしよう!

フォローする